So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の4件 | -

転倒 予防 いつもリスクと向き合っている [医療スタッフ]

こんにちは、ピストンです。


今日のお話は転倒されたある患者さんについてです。


転倒.jpg



● 転倒を繰り返している


Aさん(男性 70歳代:パーキンソン病)


Aさんは自宅でも転倒を繰り返していました。


今回はパーキンソン病気の増悪で歩行状態が悪くなりリハビリ目的で入院されました。


杖歩行をされていますが、杖は手に持っているだけで全然有効に使えていませんでした。


地面に付いてもいない、ただ持ってるだけ。


フラフラとよろけながら歩かれる姿は、見てて危なっかしい感じでした。


自宅で転倒を繰り返していた・・・このままだと入院中に転倒されるのは想像に難くない。


入院時カンファレンスを開き、理学療法士や主治医、看護師などが意見を言って転倒対策を考えました。


転倒対策として杖の使用方法の指導、付き添い歩きをするためにナースコールの指導をしていくことに。



● 指導してもなかなか上手くできない日々


リハビリで杖を使った歩行練習を開始。


杖だけではなく、歩行状態そのももにアプローチし、歩容を改善していくことにしました。


パーキンソン病は摺り足、無動、突進歩行など、独特の歩き方になってしまいます。


AさんはON・OFF現象がほとんど見られない方でしたので、OFF時のことを考慮しなくてすみました。


足を地面に擦って歩いていたため、ちょっとした段差でも躓いてします危険がありました。



リハビリが進んできて歩行状態が改善してきました。


まずまずの安定感を得られるようになってきました。


必要時にナースコールも押してくれます。


ある夜勤のとき、朝方にAさんが起床し洗面所で洗顔や歯磨きをしていました。


洗面所に椅子を用意し、Aさんは椅子に座って整容をしていました。



Aさんが椅子に座って整容をしているのは見ました。


数分後に前を通った時、椅子にAさんがいませんでした。


洗面所にいません。


「ナースコールせずに一人で部屋に帰ったか・・」


部屋に行くとAさんがベッドで寝ていました。『やはり一人で戻ったんだな・・』と思いました。


顔を手で押さえています。


「!!!、あっ!Aさん、その顔!!」


Aさんの右目の下が大きく腫れて出血しています。


Aさん:「どうもないですよ。どうもない。大丈夫です」



洗面所で椅子に座って整容をしていたとき、少し遠くに置いていた歯ブラシとコップを取ろうとしてAさんは手を伸ばした。おしりを椅子から浮かした。次の瞬間バランスを崩して洗面台に顔を強くぶつけたのです。


レントゲン検査で右頬骨を折る大事故になりました。



● 転倒リスクとどう付き合うか


歩行状態が改善し転倒リスクが減少してきたと安心していた矢先のことでした。


歩いている時ではなかったため、まったく想定外でした。


ちょっと手を伸ばせば届くところのコップを取るために、Aさんはナースコールを押さなかったのです。


「そんなことぐらいでナースコールなんて」


Aさんはそう言いました。



転倒リスクはどこにでもある。そう実感しました。


今回は骨折という大事故になってしました。


たとえ外傷がなくとも転倒は大問題です。


「そんなちょっとしたことでいちいちナースコールを押すなんて・・」

「看護師は忙しいから、わざわざそんなことで呼ぶなんて・・」


と考える方は大勢いらっしゃいます。


実際よくそう言われる患者さんに会います。


そう言われる患者さんの気持ちも分かります。


回復期リハビリテーション病棟ゆえに、できることは自分でやっていただくという基本的な方針もあり、どこまで付き添うかという問題がいつも頭を悩ませます。


安全に入院生活を送れるようにすることは大前提です。


そのために患者さんが不自由を感じたりすることがあるかもしれません。


転倒は絶対防ぎたい。


ガチガチに自由を奪うこともしたくない。



● 患者さんの能力を正確に評価することの大切さと難しさ


身体能力を測定するスケール(ものさし)はいろいろあります。


その中でどのスケールを選ぶか、


また、スケールの評価の結果がやるスタッフによって若干変わってくるものもあります。


患者さんの体調にもよるので、日によっては同じ検査をしても評価が違ってくることもあります。


患者さんの能力を評価して、どこまでスタッフが関与していくのか、


これからも模索して患者さんが安全にリハビリに集中して取り組めるように考えていきたいと思った事例でした。



それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。


[ひらめき] こちらの記事もおススメリンク記事「転倒予防の考え方」





人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーにクリックをお願いします

↓ 看護師ランキング


↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

nice!(45)  コメント(1) 
共通テーマ:健康

噛む力は死亡率に影響を及ぼす [健康]

こんにちは、ピストンです。


噛む力は死亡率に影響を及ぼすという研究データです。



噛むこと.jpg


70歳時の最大咬合力は、日本人高齢男性における全死因死亡率と独立して関連することが、新潟大学の岩崎 正則氏らによる研究で明らかになった。この研究データは、口腔機能と高齢者の健康との関連についての追加エビデンスになりうる。Journal of oral rehabilitation誌オンライン版2016年4月15日号の報告。

 高齢者における口腔機能が死亡率に及ぼす影響に関して、情報は限られている。そこで著者らは、口腔機能、最大咬合力の客観的尺度が高齢者の死亡率と関連しているかどうかを検証するため、13年間追跡する前向きコホート研究を行った。

 対象は、ベースライン時に70歳であった日本人559人(男性282人、女性277人)。ベースライン時に健康診断・歯科検診・アンケート調査を行い、電子記録装置(Occlusal Force-Meter GM10)を用いて最大咬合力を測定した。その後、生命状態を確認するために13年間フォローアップ調査を行った。性別で層別化し、Cox比例ハザード回帰モデルを用いて、最大咬合力の三分位間で生存率を比較した。



 主な結果は以下のとおり。

・13年間で111人が死亡した(男性82人、女性29人)。


・単変量解析の結果、男性において最大咬合力の最低群は、最高群と比較して全死因死亡リスクが増加していた(ハザード比[HR] 1.94、95%CI:1.13~3.34)。この関連は、交絡因子の調整後も有意であった(調整HR 1.84、95%CI:1.07~3.19)。


・逆に、女性においては、最大咬合力と全死因死亡率との間に関連は認められなかった。


原著論文 M Iwasaki, A Yoshihara, N Sato, M Sato, G W Taylor, T Ansai, T Ono, H Miyazaki 

引用 ケアネット



● 噛む力は予後に影響する


摂食嚥下のリハビリでは、舌圧も注目されます。

舌で口腔内の食べ物を押しつぶす力。口の中で転がして食べやすい大きさにしたり、喉の奥に送ったりする力です。


噛むことを、医療現場では咀嚼(そしゃく)といいます。


リハビリで咀嚼しにくい方のトレーニングをします。

発声練習、舌の運動、首や肩周りの運動、棒付きキャンディーを舐める、など他にもたくさんのメニューがあります。


噛む力は、そのまま食べる量にも影響します。


簡単にいうと噛む力が落ちると、食事摂取量も落ちる傾向にあります。


特に高齢者は、噛む力の衰えが進むと極端に食事摂取量が減って衰弱していく場合もあります。


入れ歯をしていても、噛めないと結局食べにくくなります。


病院や施設ですと噛めなくなってきたら、食事形態をもっと柔らかいものに変更していく。


ご家庭でもきっとそうするでしょう。


米飯からお粥になったり、おかずも豆腐や卵といった柔らかいものや小さく切ったものに変えたりします。



本人がそれで良ければまだいいのですが、病院や施設などでこのように食事形態を下げると、見た目もおいしくなさそうになりますし、歯ごたえがなくなり、水っぽくなって美味しさが減ってしまいます。

こういう食事は魚とか野菜などの原型をとどめていないことも多く、見た感じ「これ何?」と思ってしまいます。


認知症の方ですと「食べ物」「食事」ということが分からなくなって、目の前の原型をとどめていない食事を食事だと認識してくれないこともあります。

そうなると、ますます食べてもらうことが困難になります。



噛む.jpg



● 食事摂取量を増やすためには


高齢者に限って書きますと、


① 入れ歯を最適にする。

入れ歯は、素材によって味の感じ方が変わります。

レジンという素材(写真のようなピンク色の部分。自然な皮膚の色が出るプラスティックの一種)だと自然な色が出せるのですが、口の感覚も味の感じ方も落ちてしまします。

レジン.png

レジン素材の義歯。よく一般的に見かけます。安くて保険適応。ただし、熱伝導が悪く、熱いものや冷たいものをそのまま感じにくいのがデメリット。ごつくて装着しにくく付けた後も付けてる感が大きい。

 

味覚が感じにくくて困る場合は、もっと味が感じやすくなる金属製の入れ歯に買えるのも一つの方法です。

金属床義歯.jpg

金属素材の義歯。薄くて装着感が良い。熱伝導が優れていて熱いものや冷たいものを感じられやすい。金属なので割れにくい。おいしく食事を食べたいのならこれ。ただし保険適応なし。高額。物によっては数十万するのがデメリット。

同じ金属でも、「トルティッシュ義歯」だと、より味を感じやすくなります。ただし、味を感じやすくするために細かい穴が開いているので、洗浄が面倒です。

トルティッシュ義歯.jpg

トルティッシュ義歯。写真ではレモンの水滴が義歯を通して落ちています。食材の味をより感じられて美味しく食べられる。

嚙み合わせが悪くなっても、味覚を低下させます。その場合は歯科で再調整をしてもらいましょう。



② みんなと一緒に食べる

一人で食べる「孤食」が社会問題化していますが、一人で食べるほうが食事量は減ります。

誰かと食事をするのも、食を進ませるには効果的です。

食事.jpg

他の人と食事をしているほうが、30%多く摂取できることがわかっています。

親が一人暮らししている場合は、周囲がたまに食事に誘うといいです。また、家族の写真を食卓に飾っておくだけでも効果的です。



③ 好物を入れる

全部好物にしなくても、食事の一部だけでも好物があると食べてくれる率があがります。

ついで食いを狙って入れておくものアリです。


高齢で、まったくといっていいほど食べなくなった方なら最低好物だけでも食べてカロリーを摂るというパターンもあります。


年齢の影響とあまり受けないのは、「甘味」と言われています。

かたや「塩味」は歳をとると若い時よりも感じにくくなります。高齢者は若い時よりも約12倍で同じ塩味を感じると言われています。高齢者は塩分の高めの食事を摂ることが多いのはそのためです。


甘味をうまく使うことで食べてくれる可能性があがります。



④ 器を考える


食事では、オレンジに見える電球色の下のほうがおいしく見えます。

食事電球.jpg

光の映り具合を考えて、食器をうまく活用しておいしく見せることもできます


例えば米飯を入れるお茶碗は黒がいい。お米の白色が映えて美味しく見えます。



④ 亜鉛不足に注意する


一番大切な栄養素が亜鉛です。

亜鉛が足りていないと味覚が悪くなることがわかっています。治療としても使われるほどです。

亜鉛が多く含まれている食材は、

牡蠣・カニ・牛肉・レバー・卵・チーズなどです。

国民健康栄養調査によると1日あたりの亜鉛摂取量は、平成13年度8.5㎎だったのに、平成27年度は8.0㎎と減っています。

実際に亜鉛不足で食がおいしくなくなった患者さんがいました。亜鉛も大切です。

1日必要量は男9~10㎎、女7~8㎎です。



 味に強弱をつける


食事1.png


毎日の味付けでも味覚を強くすることができます。

濃い味付けを毎日繰り返してしまうと、どれも味の強弱がつかないために味を感じにくくなってしまいます。

味噌汁の濃さや、ソースをかけるなどが少ない日というのを設けておくと、味覚が鍛えられます。

微量の塩分でも感じることができるようになります。




いかがでしたか。

噛む力は死亡率に関係する。

食べることは生きることの根幹かもしれませんね。


いつまでも食事は美味しくいただきたいものです。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。





人気ブログランキングに参加しています。
下のバナーにクリックをお願いします↓
↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

nice!(42)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

一年に一度は検診を受けましょう [健康]

こんにちは、ピストンです。


自分では気が付かないうちに何かの病気が潜んでいたら・・・と考えると心配になります。


たまたま検査したら、偶然に病気が発見された。という事例は意外とあります。リハビリテーション病棟に入院している患者さんとお話をしていると、そういう偶然発見された病気を経験された方もいらっしゃいます。



● 頭部・全身MRI検査で偶然に病気が発見される確率は3.9%


頭部・全身MRI検査で偶然に病気が発見される確率は3.9%というイギリスのエディンバラ大学の論文があります。



無症状の成人に対して行った頭部・全身MRI検査で発見される、潜在的に重篤な偶発的所見はどれくらいなのか。英国・エディンバラ大学のLorna M. Gibson氏らによるシステマティック・レビューとメタ解析の結果、有病率は3.9%であることが明らかにされた。そのうち悪性病変が疑われたのは約半数だが、最終的に重篤と診断される割合は偶発的所見の20.5%と相対的に少ないことが示されたという。

ただし分析データが限定的で、それら病変の健康への影響はほとんど不明であった。

著者は、「潜在的に重篤な偶発的所見のアウトカムをより理解でき、そうした所見をどうフィードバックするかを考えるうえで、系統的な長期追跡研究が必要だ」と述べている。偶発的所見の有病率の推定値はばらつきが大きく、多くが重篤でない偶発的所見を含んでいると考えられ、偶発的所見検出の臨床的価値は限定的である。


研究グループは、MedlineとEmbaseの創刊~2017年4月25日を検索し、明らかに無症状の成人に対する頭部、胸部、腹部の各MRI検査または頭部・全身MRI検査における偶発的所見の有病率とタイプについて行った試験を対象に、システマティック・レビューとメタ解析を行った。


 頭部・全身MRI検査による潜在的に重篤な偶発的所見のプール有病率は3.9%(95%信頼区間[CI]:0.4~27.1)、頭部MRI検査では1.4%(1.0~2.1)、胸部MRI検査では1.3%(0.2~8.1)、腹部MRI検査では1.9%(0.3~12.0)だった。


潜在的重篤性が不確実の偶発的所見を含むと、プール有病率はいずれも増加し、それぞれ12.8%(3.9~34.3)、1.7%(1.1~2.6)、3.0%(0.8~11.3)、4.5%(1.5~12.9)だった。


潜在的に重篤な偶発的所見のうち約半数は、悪性病変の疑いありだった(頭部:0.6%[95%CI:0.4~0.9]、胸部:0.6%[0.1~3.1]、腹部:1.3%[0.2~9.3]、頭部・全身:2.3%[0.3~15.4])。

原著論文:BMJ (Clinical research ed.). 2018 Nov 22;363;k4577. doi: 10.1136/bmj.k4577.

引用:ケアネット



● 脳ドックで動脈瘤が見つかることもある


検診.jpg


脳神経外科の救急病院に勤めていた時は、脳ドックで動脈瘤が見つかり、そのコブが破裂しないようにする手術をする患者さんがいました。


脳動脈瘤が破裂すると、くも膜下出血になります。


死亡率が30%~40%と高く、生きて手術を受けても後遺症が襲ってくるとても恐ろしい病気です。

ちなみにエボラ出血熱の死亡率は50%~90%と言われています。


死亡された方の多くは、病院に辿り着く前に亡くなります。つまり即死が多い。


くも膜下出血の場合、まず生きて病院に辿り着けるかどうかが第一番目の山です。


最初のコブの破裂が起こると脳圧が急激に上がりカサブタで辛うじて出血が止まります。


まだこの時点で生きているのなら、このコブを再破裂しないようになんとかしなければなりません。


もしこのカサブタが取れて再破裂をしたら、さらに死亡率が上がります。


脳ドックで運よく?脳動脈瘤が発見されたら、コブの破裂する確率を考えて今後のことを主治医と話すことになります。

すべてのコブが破裂するわけではありません。

コブの大きさ、成長率、場所などを考慮し、いつ手術するべきかを主治医と相談していくことになるでしょう。


人によっては、経過フォローだけで済み人もいます。


早めに手術したほうがいい人もいます。


このコブが自分の頭の中にあると思うと、とても怖い。


よく時限爆弾にたとえて言われますが、このままコブが大きく成長してくるといつか破裂するんじゃないかと不安になる気持ちはよく分かります。



● 一年に一度は検診を受けるほうがいい


問診.jpg


今は脳の病気だけでなく、早期発見で対応できる病気は増えています。


ガンもそうです。


高血圧や糖尿病なども早期に対応することで、あとあと大事に至らないようにできます。


自分に何か病気があるのを知るのことが怖いから受けないという人もいますが、今は大した手術をせずに内視鏡だけで済んだり、投薬だけで済んだりするケースも多いので、そんなに怖がらずに受けた方がいいと思います。


後でどうしてもっと早く対処しなかったんだろうと後悔するよりかは、治る可能性が高い早期に病気を発見したほうが、健康寿命を延ばすことになります。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。









人気ブログランキングに参加しています。
下のバナーにクリックをお願いします↓
看護師ランキング
↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

nice!(42)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

学校の先生もストレスでうつになりやすい [健康]

こんにちは、ピストンです。


私たちは毎日さまざまなストレスにさらされています。


その中で、教育は、最もストレスの多い職業の1つです。



● 学校の校長、教頭も職業上のストレスに直面している


大阪市立大学の論文です。


過去10年間で、年間約5,000人の日本人の公立学校教師が、精神疾患を発症している。学校の校長や教頭も職業上のストレスに直面していると考えられるが、これらの職業性ストレスについては、ほとんど検討されていなかった。大阪市立大学の新田 朋子氏らは、日本の校長および教頭における職業性ストレス、役割の問題、抑うつ症状との関係について検討を行った。Occupational Medicine誌オンライン版2018年11月14日号の報告。


校長262人、教頭268人を対象に、2013年の横断研究のデータを用いて検討を行った。抑うつ症状の評価には、うつ性自己評価尺度(SDS)日本語版を用い、職業性ストレスと社会的支援の評価には、職業性ストレス調査票(GJSQ)を用いた。SDSスコア49点以上をうつ病と定義した。抑うつ症状と認知された職業性ストレスとの関係は、変数増減法多変量ロジスティック回帰分析を用いて評価した。


主な結果は以下のとおり。

・校長の36人(14%)、教頭の81人(30%)がうつ病と評価された。
・校長において、量的作業負荷(オッズ比[OR]:6.62、95%CI:2.63~16.70)、役割のあいまいさ(OR:4.94、95%CI:1.57~15.53)が抑うつ症状スコアの上昇と関連していた。
・教頭において、管理者からの社会的支援(OR:4.14、95%CI:1.97~8.68)、役割のあいまいさ(OR:9.71、95%CI:4.08~23.14)が抑うつ症状スコアの上昇と関連していた。

 著者らは「日本の校長や教頭のメンタルヘルスを改善するためには、両者の職務を明確にし、校長の量的作業負荷の軽減、教頭に対する管理者からのサポートの増加が重要である」としている。


原著論文:Occupational medicine (Oxford, England). 2018 Nov 14; doi: 10.1093/occmed/kqy149.

記事:ケアネット



ストレス.jpg


学校の先生が多忙であり健康面を損なうということは、度々報道であるところです。


この論文では、


校長262人、教頭268人を対象

     ⇩

校長の36人(14%)、教頭の81人(30%)がうつ病



となっています。


これって結構な数だと思います。

出世すれば、よりストレスがかかってくるということでしょうか。


一般社会でも言えますよね。


ひと昔前「サラリーマンはー、気楽な稼業ときたもんだぁー♪」


と言っていたのは、現在ではシャレにならない社会になってきたのかもしれません。



● 脳卒中後うつに注意


脳卒中を発症された後に、うつになられる方が33%いるという報告があります。


昔よりかはうつの社会的認知は広まってきたと思いますが、まだまだよく知らない人は多い。


ストレスでうつになったという話はよく聞かれるようになり、職場でのストレスチェックや産業医の診察が企業に課せられるようになりました。


仕事のストレスだけでなく、病気からくるうつのあります。


もっと多くの人がうつについて理解が広がっていくといいですね。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。



世界で一千万人以上が参加するオンラインアンケート。

アンケートに答える、謝礼を選ぶ、お小遣い稼ぎになる!

自分が作ったアンケートで、みんなに答えてもらうこともできる。

新規無料登録!!  



人気ブログランキングに参加しています。
下のバナーにクリックをお願いします
↓ 看護師ランキング
↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

nice!(46)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
前の4件 | -
新規登録無料! アンケートに答える!謝礼を選ぶ!簡単ににお小遣い稼ぎ!
自宅で誰にも知られない!保険証不要!受け取り方法を選べる!男女OK