こんにちは、ピストンです。


看護師は点滴をしたり採血をしたりしますが、いざ患者さんの腕に針を刺すときに、そばに家族がいると非常にやりにくいのです。

中には「私は別に家族に見られていてもかまわないわよ」という看護師もいるでしょけど、やっぱり僕はやりにくいなあと感じます。


針を刺しているところをジーっと家族から見られると集中できないというか、妙に意識が家族の視線にいってしまうというか、落ち着かないです。


家族はそんなつもりはないのかもしれませんが。ちょっと分かってほしいなあ。


採血画像.jpg



あと経験上、ルート確保や採血の失敗する率も上がるような気がします。


あくまで経験則ですが、失敗しやすいようです。


しっかりターゲットの血管を見つけられて「よっしゃ、この血管なら失敗しないだろう」と針を刺しても、不思議とちゃんと血管に針が入らず、「ガーン、逆血がない・・」とショックを受けます。


まさか、あんなにしっかりした血管なのに・・と落ち込みます[バッド(下向き矢印)]

家族が見ていないときでも、失敗するときは失敗するのですが、家族がいると「ちゃんと一発で入れてかっこいいところを見せないと」って余計な気持ちが芽生えるんです。


その気持ちが失敗を誘発しているのかもしれませんね。


あと、失敗して何度も針を刺すと本人や家族が(とくに家族)怒りだしたり交代を言ってきたりしますから、そうした心配もあります。


僕は採血など針を刺すときは、家族に「すみませんが、ちょっとあちらでお待ちください」と言って席をはずしてもらいます。

もしくは、「すみません、ちょっと失礼します。」と言ってカーテンを閉めます。


これで家族から何か言われたことはありません。いつもそうしています。


僕たちはプロだからどんな状況でも一発で決めるようにしているのですが、どうか、このブログを読んでくださった方々、そのご家族の皆さん、もし病院に面会に来られた際に採血等があれば、そっと席を外していただけたらうれしいです。


失敗率を下げ、成功率を上げる。

これは患者さんにとってよいことでしょう。

ささやかな心遣いを期待します。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。






人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーにクリックをお願いします↓


↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

タグ