305993dbcc842e1f0ebe33e4a071d14c_s.jpg


揚げ物大好きな方には、ちょっと気になる論文発表があります。


揚げ物を食べる頻度は死亡率に関係するという内容です。



ケアネットより記事引用

揚げ物、とくにフライドチキンや魚介類のフライの頻回摂取は、

全死因死亡および心血管死亡のリスクを高めることが、米国・アイオワ

大学のYangbo Sun氏らによる、閉経後女性を対象とした大規模前向き

コホート研究「Women's Health Initiative(WHI)研究」のデータ

解析の結果、示された。北米成人の約25~36%が、毎日ファストフード

店で揚げ物を食べているという。揚げ物の死亡への影響については、

科学的エビデンスが乏しく議論の的になっていた。BMJ誌2019年1月23日

号掲載の報告。


閉経後女性で、揚げ物の総摂取量・種類別摂取量と死亡リスクの関連を解析
 研究グループは、1993年9月~1998年9月に米国の40施設で行われた
WHI研究に登録された、登録時50~79歳の閉経後女性10万6,966例を、
2017年2月まで追跡調査した。

 自己記入式食事摂取頻度調査により、揚げ物の摂取頻度と1人前の分量
について評価。揚げ物は、フライドチキン、魚介類(魚、エビ、カキ)
のフライ、その他の揚げ物に分類した。
 主要評価項目は、全死因死亡、心血管死亡、がん死亡とし、Cox比例
ハザードモデルを用いて、揚げ物の摂取との関連を解析した。
がん死亡との関連は確認されず
 追跡した191万4,691人において、3万1,558例が死亡した。
揚げ物の総摂取量については、1日1人前以上を摂取している群は非摂取
群と比較し、多変量補正後ハザード比が、全死因死亡1.08(95%CI:
1.01~1.16)、心血管死1.08(95%CI:0.96~1.22)であった。

 また、フライドチキンを1週間に1人前以上摂取している群は非摂取群
と比較し、全死因死亡1.13(95%CI:1.07~1.19)、心血管死亡1.12
(95%CI:1.02~1.23)であった。同様に魚介類のフライの摂取に関
するハザード比は、全死因死亡1.07(95%CI:1.03~1.12)、心血管
死亡1.13(95%CI:1.04~1.22)であった。

 揚げ物の総摂取量および種類別摂取量と、がん死亡との一般的な関連
は確認されなかった。

 なお結果について著者は、揚げ方や揚げ油などに関する情報が限られ
ていること、食物そのものの影響と揚げることによる影響を分けること
ができないこと、残余交絡の可能性があることなどを研究の限界として
挙げている。


がんとの関連性は立証できていないと論文にあります。


揚げ物と死亡率の関係性については、まだまだ研究が待たれます。


揚げ物の食べ過ぎは良くないとだれでも思いまよね。


脂っこいものを食べ過ぎると・・・・そうです!


「メタボリックシンドローム」


になる危険性があります。


この「メタボリックシンドローム」はたしかに身体によくありません。



◆ メタボリックシンドロームは脳卒中のハイリスク



99483b4f56260bfc62d304d70ce80ce8_s.jpg


「脳卒中治療ガイドライン2015」の『メタボリックシンドローム』の


項目にエビデンスが記されています。


その一例ですが、


英国の研究では、5,128例を20年間追跡したところ、


冠動脈疾患、脳卒中発症リスクはそれぞれ、


1.57倍、1.61倍有意に高めています。


北欧では7,853例を対象とした縦断調査でも、虚血性脳卒中(脳梗塞)


リスクと関連すると報告されています。



◆ 日本の久山町研究では、腹囲男性90㎝以上、

女性80㎝以上で全ての脳梗塞型に関係性がある(40歳以上)



日本では、腹囲が重視された診断基準になっていますが、女性の腹囲が


欧米と比べて突出した数値になっている点が問題視されています。


研究では腹囲が男性90㎝以上、女性80㎝以上の基準で調べられています。


こうしたことから、肥満はメタボリックシンドロームの重要な構成要素


となっています。



◆ 脳卒中予防のために生活習慣の改善が必要



脳卒中予防のために体重の減量、運動、食事による生活習慣の改善が


必要です。


普段から健康を意識して実行している人はよしとして、


「良くないのはわかっちゃいるけど、めんどくさいなあ」


と思って言い訳ばかりを考えついて、結局何も行動していない人は


要注意です。


今は大丈夫でも、歳をとるにしたがって、だんだんと悪影響が出て


くる可能性が高いです。


「まだ生活習慣による脳卒中予防効果は十分な証明がされていない」


とする報告もあります。


ただ、他の多くの研究では生活習慣からくる身体の悪影響を指摘して


います。


「生活習慣病」という言葉も定着しているくらいです。


発症予防だけでなく、再発予防のためにも


今一度、ご自分の生活習慣の見直しをお勧めします。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。



追加:

ちょっとマニアックな本ですが、

脳卒中の治療、予防など全般について、エビデンスがたくさん載っている

主に脳神経外科医が手に取る本があります。

本といっても「ガイドライン」です。

内容は一般人向けではありません。

ちょっと難しいことが書いてあります。

しかし、根拠がよくわかり、これを知っていると自分の行動や言葉に

説得力をつけることができます。

脳外科で働いている看護師さんは、勇気を振り絞って

読んでみるのをチャレンジしてはいかがでしょうか?

ある程度脳外がわかってきた方に、次のステップとしておススメします。

脳卒中治療ガイドライン〈2015〉追補2017対応

脳卒中治療ガイドライン〈2015〉追補2017対応

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 協和企画
  • 発売日: 2017/11/01
  • メディア: 大型本
こんなのまで、Amazonで売っているんですね。

<スポンサードリンク>











人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーにクリックをお願いします↓

看護師ランキング


↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ