1cc948d01333b72e8e4de92e4fec2adc_s.jpg


前病院の話が続いて恐縮です。

私が看護師をしているうえで、忘れられない看護師はたくさんいらっしゃいますが、その中でも今も私に大きな影響を与えている看護師の話です。

前の脳神経外科病院の看護師さんで、看護師になったばかりである私の指導者(教育係)になった看護師さんです。この看護師さんは、私にいろんなことを教えてくれました。看護師として駆け出しの私にイロハを教えてくれました。



◆ 厳しかったけど、看護のイロハを教えてくれた。

50代のおばさん看護師さんです(失礼)。

私が37歳で看護師デビュー。最初の脳外科病院で脳外科の急性期病棟に配属されました。そこにいたベテラン看護師さんです。

病棟でひと際目立つ、元気のいい声のでかい看護師さんでした。

私のプリセプターで、一からいろいろと教えてくれました。

この人は、厳しかったけど、今思えばとても役に立つことをたくさん教えてくれました。

途中、キツイことがあってちょっと嫌になったりしましたけど…(笑)

ちょっと嫌いになるくらい、厳しかったんです。


私が二年目の終わりにSCUに異動になり、そのベテラン看護師さんとは離れてしましました。

だけど、SCUに行っても役に立つことがいっぱいあり、そして回復期病院に転職してからもとても役に立っており、感謝しています。


◆ 教えてくれたことは、今でも役に立っています。

f2d5bef0e9ad071f0377efb435a8f74e_s.jpg


たとえば患者さんの訴えにどう応えるか、どう動けばいいのか、脳外科の患者の観察のポイントなど現場で役立つことばかりでした。


急変時の対応もそうです。

かなり鍛えられました。とても厳しく教えてもらいました。

私は出来の悪い新人でしたので教えるほうは苦労したと思いますが、見捨てずにサポートしてくれました。

見捨てられても仕方がないくらい出来が悪かったんです(爆)


急変時の対応は今も非常に役に立っており、この人のおかげで今では落ち着いて対応ができるようになりました。


◆ ちゃんと御礼を言えず転職、これが一番の心残り。

img_ea64be80-c810-45e2-9ae1-e407d6a36f25.jpg


ところが、こんなにお世話になったこの看護師さんに、私は御礼を言わずに病院を去ってしまったのです。

なぜそんなことになったのか。

それは私の臆病さから、会いに行くのをためらってしまったから。

ダメ男です。。。

先にも述べたように厳しい人でしたから、ビビっていたんです。

何度も御礼しなきゃと思っていましたが、どうしても足が向かなかったんです。

退職して回復期病院に移ってからも、ずっと心残りでした。

自分ってダメだなあと。


ところがある研修で一緒になったんです。

そこで御礼を言えました。

遅ればせながら、失礼ながら、でも言えました。

臆病な奴ですみませんでした。

心のつかえが消えました。


今でも教えてもらったことを実践しながら、看護師をしています。



それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

<スポンサードリンク>





マイナビ看護師転職のサポート。新規登録無料!⇩⇩




誰にも知られず性病検査ができます。検査キットも多数。男女OK。結果迅速⇩⇩




無呼吸症候群・イビキの人が支持する横向き寝枕【YOKONE3】(ヨコネ3)首ストレッチ付⇩⇩




タグ