So-net無料ブログ作成

カテゴリ:健康

  • a97f54f4bf1413199ac27b16876b77d1_s.jpg ..
    2019/02/09健康

    「点滴のルートに空気が入っていると危険。身体に空気が入ると死んでしまう」こんなことを聞いたことはありませんか?かく言う私も聞いたことがあります。実際のところ、どうなんでしょうか?◆ 空気は10mlまで..

    記事を読む

  • 305993dbcc842e1f0ebe33e4a071d14c_s.jpg ..
    2019/02/03健康

    揚げ物大好きな方には、ちょっと気になる論文発表があります。揚げ物を食べる頻度は死亡率に関係するという内容です。ケアネットより記事引用揚げ物、とくにフライドチキンや魚介類のフライの頻回摂取は、全死因死亡..

    記事を読む

  • 2019/01/14健康

    こんにちは、ピストンです。このところ、「分かりやすい脳出血」という記事を連載していました。脳の勉強は、難しくおもしろくないと多くの方はお思いでしょうが、非常に身近な病気があります。難しくて敬遠していた..

    記事を読む

  • 2019/01/07健康

    こんにちは、ピストンです。禁煙が広がっている昨今、役所や学校、病院など公共性の高い場所はもちろん、飲食店やオフィスなどでも禁煙になっている場所は増えています。昔は学校の教務員室で先生たちがタバコを吸っ..

    記事を読む

  • 2019/01/04健康

    こんにちは、ピストンです。以前のブログ記事でもご紹介しましたように、厚生労働省のインフルエンザ流行レベルマップによると、確実にインフルエンザは広がっています。皆さんの職場でもチラホラ罹った人が出てきて..

    記事を読む

  • 2018/12/27健康

    こんにちは、ピストンです。病院でも施設でも、「薬が欲しい。下さい」と言われることは本当に多いです。適切な使用量ではなく、過剰な薬の要求のことです。何度も「薬ください」と求めてくるのはどのような状況があ..

    記事を読む

  • 2018/12/26健康

    こんにちは、ピストンです。以前、過剰に病院や施設に要求をしてくる家族の記事を書きましたが、今日のお話は、過剰に入院している患者に思い入れが強すぎる家族についてです。● 入院している家族のことを心配しす..

    記事を読む

  • 2018/12/20健康

    こんにちは、ピストンです。「運動することは健康によい」ずいぶん昔から言われていることですよね。健康のために運動している方はもちろん、これからやろうかなと考えている方も、自分の身体に関心があることでしょ..

    記事を読む

  • 2018/12/19健康

    こんにちは、ピストンです。僕はコーヒーが好きなのですが、皆さんはいかがでしょうか。コーヒーには何かいれますか?ミルク?砂糖?それともブラック派?こんな研究があります。コーヒーにはちみつを入れるといいそ..

    記事を読む

  • 2018/12/18健康

    こんにちは、ピストンです。回復期リハビリテーション病棟には様々な年齢増の患者さんが入院してきますが、圧倒的に多いのは、60歳以上の患者さん。60歳以下の方はほんの少しだけ。その60歳以上の患者さんの中..

    記事を読む

  • 2018/12/17健康

    こんにちは、ピストンです。病院勤務をしている看護師は、ずっとその病院の中で働いていると思ったら、そうではありません。たまに医療従事者が花火大会やマラソン大会など大きなイベントに救護班としていくことがあ..

    記事を読む

  • 2018/12/15健康

    こんにちは、ピストンです。歳をとってもキレイでいたい。オシャレを楽しみたい。いくつになってもこうした気持ちを持っていたいものです。● 回復期リハビリテーション病棟では、基本的に日中は普段着に着替えます..

    記事を読む

  • 2018/12/12健康

    こんにちは、ピストンです。噛む力は死亡率に影響を及ぼすという研究データです。70歳時の最大咬合力は、日本人高齢男性における全死因死亡率と独立して関連することが、新潟大学の岩崎 正則氏らによる研究で明ら..

    記事を読む

  • 2018/12/11健康

    こんにちは、ピストンです。自分では気が付かないうちに何かの病気が潜んでいたら・・・と考えると心配になります。たまたま検査したら、偶然に病気が発見された。という事例は意外とあります。リハビリテーション病..

    記事を読む

  • 2018/12/10健康

    こんにちは、ピストンです。私たちは毎日さまざまなストレスにさらされています。その中で、教育は、最もストレスの多い職業の1つです。● 学校の校長、教頭も職業上のストレスに直面している大阪市立大学の論文で..

    記事を読む

  • 2018/12/09健康

    こんにちは、ピストンです。みなさんは日頃運動をしていますか。昔っから口酸っぱく言われている、健康を保つための運動。やっている人はやっている、やっていない人はやっていない。でもやはり健康にいいみたいです..

    記事を読む

  • 2018/12/04健康

    こんにちは、ピストンです。今日のお話は「湿布の効果について」です。● モーラステープとモーラスパップの違いは?よく使われている湿布の一つで、モーラステープとモーラスパップがあります。モーラステープとモ..

    記事を読む

  • 2018/11/25健康

    こんにちは、ピストンです。今日のお話は、「退院」です。病院は毎日のように、入院と退院が繰り返されています。退院のときに、涙をポロポロと流されて家に帰っていく患者さんを見ると、僕たちもホロリとなってしま..

    記事を読む

  • 2018/11/24健康

    こんにちは、ピストンです。今日のお話は、「現代人の脳は高負荷にさらされている」というお話です。 ● 毎日僕たちは多量の情報やストレスにさらされている 現代は超情報化社会です。 毎日たくさんの情報が飛び..

    記事を読む

  • 2018/11/21健康

    こんにちは、ピストンです。皆さんは薬を飲むとき、「食後」が多いですよね。家庭でも入院中でも「食後」が圧倒的に多いです。● どうして薬を飲むタイミングは「食後」が多いのでしょうか「食後」とは、食事が終わ..

    記事を読む

点滴ルートに空気が入っても問題なし。その理由を解説します。

a97f54f4bf1413199ac27b16876b77d1_s.jpg


「点滴のルートに空気が入っていると危険。

身体に空気が入ると死んでしまう」

こんなことを聞いたことはありませんか?

かく言う私も聞いたことがあります。

実際のところ、どうなんでしょうか?

◆ 空気は10mlまでなら身体に入っても大丈夫



これが定説です。

私も「空気が入ると死ぬ」と小さな頃から聞かされていたため疑り深く、

いろいろ文献を調べました。

やはり空気は10mlまでならリスクはないようです。

これは点滴時に使う輸液ルート、通常良く使うタイプで約2mの容量です。

点滴ルート2m分の空気までなら大丈夫ということです。

本当です。

うそだと思うならご自身でも調べてみてください。

まあ、実際に輸液ルート2m分も空気を流すなんてありえないことだと

思いますが。

たとえばJMS製の輸液セットで標準的なものは全長147㎝の長さです。

TOP製の輸液セットで標準的なものは全長150㎝です。

輸液セットは各メーカーで種類がすごく多いので、細かくいうと

もっといろいろあります。

しかしどこの病院でも使っているタイプは上記のようなものだと思います。

したがって2m=10mlの空気が点滴中に血管に入ることは

まず考えられません。

d57e7639fe645ca3aa07bfc707dcfff4_s.jpg

◆ では少しの空気(気泡)が血管に入るとどうなる?



血液に溶けてなくなります。

点滴の輸液ルートにちょっとした気泡が混じっていてそれがそのまま

血管の中に入ったとします。

その気泡は血液の中で溶けてしまいますので、特になにもありません。

別にどうということはありません。

私のように「血管に空気が入ったら死ぬ」と教え込まれてきた人間には

恐怖を感じるかもしれませんが、大丈夫です。

点滴中のルートに混じっている空気(気泡)はプツプツといつくかの

小さな気泡のはずです。

それくらいの気泡はまったく問題がない。

血液に溶けてなくなります。

◆ 気泡を抜く方法



点滴の輸液ルート内の気泡を抜く方法は大まかにいって、二つあります。

一つは、輸液ルートをピンッと張って、指でルートをはじく方法。

輸液ルートを指でピンピンっとはじくだけで、気泡は上にあがっていきます。

もう一つは三方活栓の近くの気泡を、三方活栓を使っている場合、三方活栓にシリンジを付けてシリンジを引くことで空気をまるごととってしまう方法です。


昔のなごりで、「点滴中に血管に空気が入ってはいけない」という

強力な言い伝えのおかげで今だに気泡の恐怖を感じる方がいらっしゃい

ますよね。

なかなか今までの考えを変えることは難しいかもしれません。

現場では気泡レベルの空気しか入らないのが通常です。

特に身体に問題はないレベルですので、たとえ気泡があったと

しても看護師にワー、ワー言う人が減るとうれしいです。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。


<スポンサードリンク>

転職なら業界最大手「ナース人材バンク」無料新規登録はこちら⇩⇩



誰にも知られずに自宅で検査ができる。「あれ?」と思ったらまず検査を⇩⇩



誰にも知られず自宅で包茎は治せます。コンプレックスよ、さらば⇩⇩





人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーにクリックをお願いします↓

看護師ランキング


↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

メタボリックシンドローム予防のアドバイス ー 揚げ物に気を付けましょう!

305993dbcc842e1f0ebe33e4a071d14c_s.jpg


揚げ物大好きな方には、ちょっと気になる論文発表があります。


揚げ物を食べる頻度は死亡率に関係するという内容です。



ケアネットより記事引用

揚げ物、とくにフライドチキンや魚介類のフライの頻回摂取は、

全死因死亡および心血管死亡のリスクを高めることが、米国・アイオワ

大学のYangbo Sun氏らによる、閉経後女性を対象とした大規模前向き

コホート研究「Women's Health Initiative(WHI)研究」のデータ

解析の結果、示された。北米成人の約25~36%が、毎日ファストフード

店で揚げ物を食べているという。揚げ物の死亡への影響については、

科学的エビデンスが乏しく議論の的になっていた。BMJ誌2019年1月23日

号掲載の報告。


閉経後女性で、揚げ物の総摂取量・種類別摂取量と死亡リスクの関連を解析
 研究グループは、1993年9月~1998年9月に米国の40施設で行われた
WHI研究に登録された、登録時50~79歳の閉経後女性10万6,966例を、
2017年2月まで追跡調査した。

 自己記入式食事摂取頻度調査により、揚げ物の摂取頻度と1人前の分量
について評価。揚げ物は、フライドチキン、魚介類(魚、エビ、カキ)
のフライ、その他の揚げ物に分類した。
 主要評価項目は、全死因死亡、心血管死亡、がん死亡とし、Cox比例
ハザードモデルを用いて、揚げ物の摂取との関連を解析した。
がん死亡との関連は確認されず
 追跡した191万4,691人において、3万1,558例が死亡した。
揚げ物の総摂取量については、1日1人前以上を摂取している群は非摂取
群と比較し、多変量補正後ハザード比が、全死因死亡1.08(95%CI:
1.01~1.16)、心血管死1.08(95%CI:0.96~1.22)であった。

 また、フライドチキンを1週間に1人前以上摂取している群は非摂取群
と比較し、全死因死亡1.13(95%CI:1.07~1.19)、心血管死亡1.12
(95%CI:1.02~1.23)であった。同様に魚介類のフライの摂取に関
するハザード比は、全死因死亡1.07(95%CI:1.03~1.12)、心血管
死亡1.13(95%CI:1.04~1.22)であった。

 揚げ物の総摂取量および種類別摂取量と、がん死亡との一般的な関連
は確認されなかった。

 なお結果について著者は、揚げ方や揚げ油などに関する情報が限られ
ていること、食物そのものの影響と揚げることによる影響を分けること
ができないこと、残余交絡の可能性があることなどを研究の限界として
挙げている。


がんとの関連性は立証できていないと論文にあります。


揚げ物と死亡率の関係性については、まだまだ研究が待たれます。


揚げ物の食べ過ぎは良くないとだれでも思いまよね。


脂っこいものを食べ過ぎると・・・・そうです!


「メタボリックシンドローム」


になる危険性があります。


この「メタボリックシンドローム」はたしかに身体によくありません。



◆ メタボリックシンドロームは脳卒中のハイリスク



99483b4f56260bfc62d304d70ce80ce8_s.jpg


「脳卒中治療ガイドライン2015」の『メタボリックシンドローム』の


項目にエビデンスが記されています。


その一例ですが、


英国の研究では、5,128例を20年間追跡したところ、


冠動脈疾患、脳卒中発症リスクはそれぞれ、


1.57倍、1.61倍有意に高めています。


北欧では7,853例を対象とした縦断調査でも、虚血性脳卒中(脳梗塞)


リスクと関連すると報告されています。



◆ 日本の久山町研究では、腹囲男性90㎝以上、

女性80㎝以上で全ての脳梗塞型に関係性がある(40歳以上)



日本では、腹囲が重視された診断基準になっていますが、女性の腹囲が


欧米と比べて突出した数値になっている点が問題視されています。


研究では腹囲が男性90㎝以上、女性80㎝以上の基準で調べられています。


こうしたことから、肥満はメタボリックシンドロームの重要な構成要素


となっています。



◆ 脳卒中予防のために生活習慣の改善が必要



脳卒中予防のために体重の減量、運動、食事による生活習慣の改善が


必要です。


普段から健康を意識して実行している人はよしとして、


「良くないのはわかっちゃいるけど、めんどくさいなあ」


と思って言い訳ばかりを考えついて、結局何も行動していない人は


要注意です。


今は大丈夫でも、歳をとるにしたがって、だんだんと悪影響が出て


くる可能性が高いです。


「まだ生活習慣による脳卒中予防効果は十分な証明がされていない」


とする報告もあります。


ただ、他の多くの研究では生活習慣からくる身体の悪影響を指摘して


います。


「生活習慣病」という言葉も定着しているくらいです。


発症予防だけでなく、再発予防のためにも


今一度、ご自分の生活習慣の見直しをお勧めします。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。



追加:

ちょっとマニアックな本ですが、

脳卒中の治療、予防など全般について、エビデンスがたくさん載っている

主に脳神経外科医が手に取る本があります。

本といっても「ガイドライン」です。

内容は一般人向けではありません。

ちょっと難しいことが書いてあります。

しかし、根拠がよくわかり、これを知っていると自分の行動や言葉に

説得力をつけることができます。

脳外科で働いている看護師さんは、勇気を振り絞って

読んでみるのをチャレンジしてはいかがでしょうか?

ある程度脳外がわかってきた方に、次のステップとしておススメします。

脳卒中治療ガイドライン〈2015〉追補2017対応

脳卒中治療ガイドライン〈2015〉追補2017対応

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 協和企画
  • 発売日: 2017/11/01
  • メディア: 大型本
こんなのまで、Amazonで売っているんですね。

<スポンサードリンク>











人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーにクリックをお願いします↓

看護師ランキング


↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

人間ドックの活用のしかた

こんにちは、ピストンです。


このところ、「分かりやすい脳出血」という記事を連載していました。


脳の勉強は、難しくおもしろくないと多くの方はお思いでしょうが、


非常に身近な病気があります。


難しくて敬遠していたからこそ、いざ、自分や家族が脳の病気になったときに、混乱し慌てます。


これは脳以外の病気でもそうですが、専門的でなくてもいいので、


ある程度の基礎くらいは知っておくと、必ず役に立ちます。




今日は、ちょっと息抜きということで、動画です。


脳の勉強はまだまだ続きます。


ぼちぼちいきましょう。



● 人間ドックにいきましょう。


人間ドックは一年に一度受けることをおすすめします。


しかし、少しアドバイスがあります。


人間ドックはメニューがたくさんあります。


昔に比べて、メニューは増えています。


医療機関によっては全身をすべて検査をするのではなく、


気になるところだけを選んで検査もできます。


不必要な検査はしなくてもいいと考えます。



あとは検査結果をみて、自分の生活をどう変えていくかを考えることが大切です。


受けてみて、「病気は発見されなかった。あー、よかった」


で済まさずに、もし異常値があればそこにフォーカスをした対応をしていくことです。


かかりつけ医に相談もしやすくなります。


この動画では、


人間ドックのいいところと影のところを、医師がちゃんと言ってくれています。


人間ドックをうまく使っていきましょう。


【定期健康診断と人間ドック】 

いい医療機関で、いい医者に、いい医療を受ける12の原則







それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。




人間ドックはいろいろな種類があります⇩⇩









人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーにクリックをお願いします↓

看護師ランキング


↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

敷地内禁煙を実施している病院は60%

こんにちは、ピストンです。


禁煙が広がっている昨今、役所や学校、病院など公共性の高い場所はもちろん、飲食店やオフィスなどでも禁煙になっている場所は増えています。


昔は学校の教務員室で先生たちがタバコを吸っていたなんて、今の若い子は信じられない事でしょう。


オフィスでもタバコをぷかぷか吸って、煙で部屋中が真っ白になっていたのも今は昔。




当然、病院も今はどこも禁煙。


と思いきや、敷地内全面禁煙はなんと60%。


ほぼ100%禁煙かと思っていたら、以外にも40%の病院は喫煙場所が残っているんですね。



朝日新聞記事

全国の約8千病院のうち、約6割が昨年10月時点で敷地内を全面禁煙にしていることが、厚生労働省の調査でわかった。
2014年の前回調査から1割弱増え、過去最多だった。医療機関は今年成立した改正健康増進法で19年7月1日から屋内全面禁煙になる。屋外を含めて禁煙とする動きが広がっている。
厚労省が27日発表した。全医療機関を対象にした3年に1度の医療施設静態調査で、8412病院が答えた。「敷地内の全面禁煙」は4938病院(59%)で14年は51%、11年41%。
割合は増えている。
今回調査で「施設内の全面禁煙」だったのは2260病院(27%)。「何ら措置を講じていない」は15病院だった。
一般診療所、歯科診療所でも敷地内禁煙が増えているものの、4割前後にとどまり、施設内禁煙の方が多かった。
そういえば、精神科病院に実習に行ったとき、喫煙ブースがあったことを思い出しました。
喫煙可能な40%の病院は、おそらくこうした場所なのかもしれません。
● 禁煙の病院でタバコを吸うと、強制退院も
20181228-00000082-dal-000-3-view.jpg
敷地内禁煙の病院に入院していて、タバコを吸う患者さんはたまにいます。
それはすぐに、バレます。
まず間違いなくバレます。
それくらい看護師はよく見ています。
しかもタバコの匂いは、すぐに分かります。
中には病室で堂々とタバコを吸う強者患者もいます。(4人部屋で!)
そういう患者さんは、病院から怒られて最悪の場合、強制退院になります。
たった一回の喫煙でも強制退院も十分にあります。
患者側も吸ってはいけないと分かっているが、吸う。
確信犯がほとんどです。
そういう患者さんを何人も見てきました。
敷地内禁煙の病院に限らず、そもそも禁煙しましょう。
それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。
<スポンサー>   
⇩健康寿命を延ばしたいなら、一年に一度は人間ドックで早期発見を。⇩⇩
人気ブログランキングに参加しています。
下のバナーにクリックをお願いします↓
看護師ランキング
↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

インフルエンザ 検査についての正しい知識

こんにちは、ピストンです。


以前のブログ記事でもご紹介しましたように、


厚生労働省のインフルエンザ流行レベルマップによると、


確実にインフルエンザは広がっています。



皆さんの職場でもチラホラ罹った人が出てきていませんか?



インフルエンザはいわゆる「風邪」とは違います。



どうやって診断するのか、検査は?


熱が出てからどれくらい時間が経ったときが、検査対象なのか。



ちゃんと分からない事ってありますよね





分かりやすい解説動画がありますので、ご紹介します。






動画の中にもありましたように、


インフルエンザは発熱してすぐに検査をしてもダメです。


陽性と出ないんです。


少なくとも発熱後12時間経ってから、検査をしないと出てこないんですね。


これは個人差や検査キットの性能の差もあり、一律に何時間後に検査をしたら出るっていうことは難しい


のですが、


多くの病院では、


発熱後 12時間 ~ 24時間 経ってからインフルエンザ検査キットを使って検査をします。


というか、検査をしたがります。


発熱後すぐに検査をしてもあんまり意味がない。


検査キットは結構値段が高いので、無駄になるのを嫌います。



失礼、お金が無駄に使われるのを嫌うということではなく、


検査をしても正確に出ないため、という訳です。


発熱してから徐々にウイルスの排泄量が増えてくるので、ウイルスが大量に排出されているときに、鼻の中に綿棒を突っ込んで、ウイルスを捕まえます。


それで正確な検査結果が得られるのです。


また、発熱が引いてきてから検査をしてもダメです。


インフルエンザ検査には、「タイミング」ということが重要になります。



「あれ? 熱がある・・・ インフルエンザじゃないの⁈」


って心配になる気持ちは分かります。


でも慌てて検査をしても、本当に何も結果が出ません。


早く検査をして「陰性」と出ても、そんなの本当かどうか分かりません。


本当は陽性なのに、「陰性」と勘違いされて職場や学校などに行って、ウイルスをバラまかれるほうが迷惑でしょう。




本格的なインフルエンザの流行の季節になりました。


手洗いをしっかりして、予防しましょう。


⇩⇩インフルエンザ予防対策についての正しい知識を得ましょう⇩⇩





それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。















人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーにクリックをお願いします↓

看護師ランキング


↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

プラセボ効果について知っておきたいこと

こんにちは、ピストンです。


病院でも施設でも、「薬が欲しい。下さい」と言われることは本当に多いです。


適切な使用量ではなく、過剰な薬の要求のことです。


何度も「薬ください」と求めてくるのはどのような状況があるのでしょうか。



● 依存しやすい薬がある


過剰な投薬.jpg



多いパターンは、その薬に依存的になってしまっているという状況です。


具体的に言うと、


「デパス」

「レンドルミン」

「マイスリー」

「ロキソニン」



すぐに思いつく薬を挙げると、ざっとこれでしょうか。


上記の薬は依存しやすいことがあります。



あとは便秘の薬とかも、依存的になりやすい典型例です。


「プルセニド」

「マグミット」


など。



これらの薬以外にも依存しやすいものもありますし、患者さんのこだわりも関係してきます。


21時に眠剤を飲んで布団に入った患者さん。


21時30分頃にナースコール。「眠剤追加でちょうだい」


ちょっと眠るのに時間がかかると「もうだめ。眠れない。薬を飲まないと」


と追加の眠剤を要求してきました。


そもそもまだ21時30分。世の中の多くの人は起きている時間です。

「眠れていない。大変だ」とそれほど心配する必要のない時間と思いますが、本人はいつもの薬を飲まないと眠れないと信じ込んでいます。


追加の薬を渡すのを拒否すると怒りました。


なんとしても薬を飲ませろという強い要求をされる方は、なぜ追加で渡せないかを説明してもまったく聞き耳持たないものです。



● 飲んだことを忘れてまた求めてくる


特に認知症の患者さんだと、さっき飲んだことを忘れてしまうことがあります。


「さっき飲みましたよ」


と説明しても無駄なことが多いです。


また飲むまでずーっと言い続けます。


在宅では、家族も根負けして薬をまた渡してしまうことがあり、これが毎日繰り返されます。


お通じが出なくて便秘薬を飲んだ認知症の患者さん。


飲んでもすぐに忘れて、繰り返し便秘薬を求めてきます。


お通じが出てすっきりするまで薬を求め続けるので、家族も職員も時間や手間がとられて困ってしまうパターンです。


高齢になると便にすごくこだわる方が多いと思います。この業界に入ってびっくりしたほどです。


確かに老年になると便秘になりやすいことが分かっています。


なぜ便秘になるのかも分かっています。


ネットでも本屋でもその辺のことは広く情報としてあります。


まずは便秘解消法をやってみて、それでもダメなら最終手段として便秘薬を使ったらいいのにと思っても、やりません。


第一チョイスが便秘薬なのです。


眠剤も一緒です。


安眠や快眠のための手段は試さず、第一チョイスが眠剤です。


現場ではこうしたことが大変多いです。



僕個人的には、できるだけ薬は使わずに生活ができたらと考えていますが、なかなかそうはいかないことも多くて難しいですね。



● プラセボ効果を使って薬の使用量を減らす試み



プラセボって聞いたことがあるかもしれません。


プラセボは、偽薬とか呼ばれて、偽の薬。偽物です。薬じゃないのを薬のように見せかけて使うのです。


高齢者に多いのですが、本物の薬を飲みたがる方で、本物の薬を何度も何度も飲むと当然飲みすぎになって副作用が心配ということがあります。



そので偽薬を使うという手段があります。



高齢者が過剰に薬を欲しがったりするのは、薬に依存しているだけでなく、薬を飲むこと自体に安心感を得たいからということもあります。


そもそも薬の成分が入っていない偽薬なら、飲んでも身体に悪さをすることもありません。



● 偽薬は偽薬として製造販売されている


プラセボ製薬.png


その名も「プラセプラス」。


プラセボ製薬の偽薬です。


製薬と会社名が付いていますけども、偽薬を作っているので製薬ではありませんが、まあそういう名前の会社です。


うん、見た目も本物の錠剤そっくり。パッケージもそれっぽい。


これなら「薬ですよ、はいっ」って渡したら本物と思って飲みますね。



ここの社長さんのインタビューを読みましたが、売れすぎると困ることもあるそうです。


プラセプラスが有名になってしまったら偽薬だとバレてしまう可能性が高まるからです。



あとそれ以外にも、「痛い、痛い」と言っている患者さんに偽薬で対処していたら、悪い疾患を見逃してしまう可能性もあります。


その辺の見極めは難しいのかなと思います。



● プラセボ効果にまつわる最近の研究でわかったこと


プラセボ製薬2.jpg


プラセボ効果は、飲んでいる人が「本物の薬だ」と思い込んで飲まないと効果がないと考えられていました。


ところが最近の研究では、プラセボと分かってて飲んでも効果があることが分かりました。


偽物と分かってて飲んでも効果が出るというのはどういうことなのでしょうか。


東京大学名誉教授(薬理学)の唐木英明氏によると、


「偽物を飲んでも効果が出るのは、条件反射が関係していると考えられる」


ということです。


条件反射はたとえば梅干しを見るだけで唾液が出るとか、今までの経験で身体が反射的に反応することを言います。


一見本物のような薬を飲むことによって、身体が「薬を飲んだ。これで良くなる」と反射的に反応し、効果が出たと考えられるという。



この反射効果は、全ての症状に効くということではありません。


片頭痛、過敏性大腸炎、うつ、などの患者の場合、プラセボと分かって飲んでも効果が出ることが判明しています。


一方、血糖やコレステロールの値はプラセボでは効果が出ませんでした。



● プラセボの世界的な広がり


プラセボでも本物の薬のような副作用が出ることがあります。これを「のぼせ効果」といいます。


先にも書いたように裏には重大な病気があって見逃してしまう危険性もありますから、安易にホイホイと使うのは考えた方がいいかもしれません。


それでもプラセボは世界的にも有効活用をしていこうという流れがあります。


アメリカ、ハーバード大学ではそれ専門の研究組織が設置され、成果を上げているとのことです。


新薬を開発するのは莫大な資金が必要です。


それを回収するのに薬の価格が高くなります。


いい薬も高額では一般市民に使いづらく、治る病気も治せなくなることがあります。


安価なプラセボが効果を発揮しているのであれば、うまく有効活用していくのもありではないでしょうか。



ちなみに僕の知っている老健施設では、「ミンティア」をプラセボとして使っています。


それでもちゃんと偽薬として効果があるということです。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。



[ひらめき] こちらの記事もおススメリンク記事「認知症予防の一つはこれ」




誰にもバレずに検査ができて、結果が分かる⇩














人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーにクリックをお願いします↓

看護師ランキング


↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

頑張り過ぎると家族も倒れる

こんにちは、ピストンです。


以前、過剰に病院や施設に要求をしてくる家族の記事を書きましたが、


今日のお話は、過剰に入院している患者に思い入れが強すぎる家族についてです。


● 入院している家族のことを心配しすぎる家族



いいんですよ。家族が入院していたら、誰だって心配になりますし、何かできることはないかなとか考えるのは当然あると思います。早く良くなってほしいですよね。


でも、こんなことがあったんです。



以前にあった話ですが、


仮にAさん(60歳代 男性)が入院していました。


Aさんは妻と二人暮らしで、子どもはいません。


夫婦二人で暮らしてきて、二人で支え合って生きてきました。


これから老後も二人で力を合わせて生きていこうと考えていた矢先に、夫のAさんが脳卒中で倒れました。


Aさんの妻は気が動転し、大変だ、どうしよう、とかなり心配されていて、毎日長時間面会に来られていました。


面会から家に帰っても、夜寝てても、入院中の夫Aさんのことが気になって仕方がなく、あまり眠れない日々が続きました。


病院に来ては洗濯物を持って帰ったり、食事時には介助して食べさせ、車いすで廊下を散歩し、リハビリの見学をしたり、口腔ケアを手伝ったり、マッサージをしたりと熱心に夫に関わっていました。


そして妻の疲労が溜まっていきました。


ある日面会に来た妻の顔を見ると、やつれて生気が無く、誰が見ても疲れ切った表情でした。




そのあと、妻にはこちらからあんまり頑張り過ぎないようにお話をし、たとえ毎日面会に来れなくても何かあればきちんと連絡することを伝え、無理しないようにして頂きました。



入院している家族のことを心配しすぎるあまり、過度に頑張り過ぎて今度は家にいる家族のほうが体調を崩すということがあります。


心配する気持ちもよく分かりますし、私にできることはやろうという気持ちも素晴らしいと思います。


しかし、何事も過ぎたるは猶及ばざるが如しです。



● 病院や施設に入っているのなら、そこに任せる


心配な気持ちは分かりますが、別に毎日面会に来る必要はありません。


毎日来るなということではないですよ。


無理をして頑張って毎日来る必要性はありませんが、諸事情で毎日来たほうが患者さんの調子がいい場合もあり、その場合はやはり無理なく来てほしいと思います。


適度に来られる家族のほうが、正直に言って、病院や施設側からすると「いい家族」になりやすいです。


適度に、例えば週1回とか月に数回とか定期的に来られる家族のほうが、付かず離れずで、ちょうどいい距離感になります。


これくらいの頻度で定期的に来られる家族は、過度な要求もされず病院や施設の方針に理解をされていることが多い。


スタッフもそのことを感じ取りますから、家族とスタッフといい関係を築けることが多く、そうなると結果としていいケアに繋がります。



「すみません。明日は用があって面会に行けないんです。そのことを夫に伝えてくれませんか?」と電話してくる家族もいます。毎日来る妻からです。


入院している夫のことが気になるのでしょう。


わかりますよ。でも妻の体調も気苦労も心配してしまいます。


病院や施設に気を使えということではなく、任せる時は任せる、何でもかんでも家族が見張るとかやらなきゃとか思わなくてもいいということです。


家族は預けているという罪悪感や後ろめたさを感じる方もいます。


頑張り過ぎて体調を崩してしまう家族を見ていると、考え方を変えてもう少し楽になることにシフトしたほうがいいと思います。


家族まで倒れてしまっては元も子もありませんから。



● 家族とスタッフといい関係を作るには


243cd_223_dc114008_51914153-m.jpg



コミュニケーションしかないと考えています。




フロアには何十人と患者さんや入居者さんがいます。


優先順位をつけて効率的にケアをすることで、その患者さんに適してケアができます。


効率的というのは、機械的にロボットのように扱うという意味ではなく、どんな仕事でも効率を求めるのは当たり前のことです。


一般企業でも効率を求めます。



入院している自分の家族だけが最優先というわけにはいきませんが、そこは順番に優先順位を付けてケアをしていきます。


スタッフも患者さんや入居者さんのことが好きです。


いいケアをしたいと日頃から考えています。


患者さんの体調が悪くなったら、やっぱり心配です。気になります。元気になってほしいと思います。


そのために医師などと連携し、対応します。



頑張り過ぎる家族は、どこまでも頑張ります。


でも今は入院、入所をしています。


家ではないのですから、任せたらいいと思います。


その間に家族は「この入院の次」のことをよく考えていかれたらよろしいかと思います。


退院したら次はどうするのか。


それを考えるために適度に面会に来られるというのがいいかもしれません。



最初に書いたように、毎日来るのが悪いわけではありません。スタッフに意見を言うのがいけないわけではありません。しかし、気になり過ぎるあまり肝心の家族が倒れたり、疲れて果ててしまうのは良くありません。


こういう家族を見ることがありますので、ちょっと注意してほしいなと思い記事にしました。



スタッフは面会に来られた家族とコミュニケーションをとるようにしましょう。



スタッフと家族、双方がそのことを理解しておくことが、多くの病院・施設で起きている負のスパイラルを防ぐことになると考えます。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。












人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーにクリックをお願いします↓

看護師ランキング


↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

運動 効果を得ることでいいことがある

こんにちは、ピストンです。


「運動することは健康によい」


ずいぶん昔から言われていることですよね。


健康のために運動している方はもちろん、これからやろうかなと考えている方も、自分の身体に関心があることでしょう。



● 適度な運動はこんないいことがある


運動.jpg



米クリーブランド・クリニックの運動生理学者であるChristopher Travers氏は、同病院のホームページで、こうした健康障害を抱える患者が運動を始める際の秘訣を紹介しています。


⑴ 心臓病や糖尿病などの慢性疾患の予防には早歩きやサイクリングなどの運動を週に150分間(2.5時間)行うことを推奨しています。


⑵ 健康的な食習慣も取り入れれば、糖尿病のリスクは1/3程度に軽減し、更に善玉コレステロール(HDL-コレステロール)の値も上昇する。


⑶ 運動は減量につながるだけでなく、血圧や中性脂肪の値を低下させ、心臓病のリスク因子も管理できる。



● すでに慢性疾患を持っている方が適度な運動をするとこんないいことがある


⑴ 慢性疾患患者が運動をすると症状は改善され、薬の減量にもつながる。


⑵ 運動で筋肉がつくと楽に身体を動かせるようになり、精神的なストレスも軽減できる。



高血圧の方が運動をすることで血圧が下がったということは、よくある話です。


糖尿病の方が運動をすることで血糖値が下がったという話も、実際によくあります。


便秘改善にもなります。


最近はサボりがちですが、僕がボディビルでハードトレーニングをしていた頃は、便秘になったことがありませんでした。

血圧も、ドカ食いしていたにもかかわらず、正常値。

とにかくデカい身体を作るんだと筋トレとドカ食いしていましたが、身体の数値はすべて正常でした。


といって、ハードトレーニングとドカ食いを推奨しているわけではありませんので、あしからず。


適度な運動、これを心掛けましょう。別に大会に出るんだとか上位を目指すんだとかでないのなら、中年以降の方は無理なく運動をしていきましょう。


確かに適度な運動な身体の値を正してくれる効果があります。


ちなみに、ガンの中で運動で確実に減るガンがあって、それは結腸ガンです。


結腸ガンは運動していると確実になりにくくなることが分かっています。



● 慢性疾患患者が運動を始める秘訣は?


⑴ 走らずに歩く。

⑵ 軽い有酸素運動を選ぶ。

⑶ ゆっくりとした速度で始める。

⑷ エクササイズバンド(resistance band)を使う。


の4つをChristopher Travers氏は挙げています。



またそれぞれの慢性疾患患者が運動で得られるベネフィットは、


⑴ 心臓病患者では、定期的な有酸素運動とインターバルトレーニング(間欠的運動)の効果は特に心臓で大きく、心血管系のフィットネスが増強される。

⑵ 腰痛患者では、体幹トレーニングを行うと脊椎の周辺の筋肉が強化され、脊椎の支えが安定する。

⑶ 関節炎患者では、運動すると関節を支える筋肉が強化され、身体を動かしやすくなる。同時に筋肉のこわばりも改善する。

⑷ 糖尿病患者では、運動するとインスリンを効率的に利用できるようになり、血糖値が低下する。

⑸ 喘息患者では、運動により発作のコントロールが楽になる。



● 慢性疾患患者の場合は運動する前に医師に相談しておくこと


運動2.jpg



慢性疾患の管理のため、しばらく運動をしていなかった患者は、どの運動だったら安全で、どのような安全対策を講じておくべきか、また、めまいや息切れ、胸痛など、どのような症状が現れたら運動を止めるべきなのかを事前に医師に相談しておきましょう。


特に糖尿病患者は、運動で血糖値に影響を及ぼすため、運動時の過度な血糖値低下を防ぐ対策などについて医師に相談しておくべきです。


あまりハードな運動は避けて、軽く汗が出るとか、ちょっと息切れがする程度にしておくのがいいでしょう。

記事:飲用参考ケアネット


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

全国対応。人間ドックってこんなに種類があるんだ。

あたなにぴったりの健康診断が見つかる⇩早期発見は健康寿命を延ばします⇩







人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーにクリックをお願いします↓

看護師ランキング


↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

コーヒーとはちみつ 効果で咳に効く

こんにちは、ピストンです。


僕はコーヒーが好きなのですが、皆さんはいかがでしょうか。


コーヒーには何かいれますか?


ミルク?

砂糖?


それともブラック派?



こんな研究があります。

コーヒーにはちみつを入れるといいそうです。


何にいいのかって?



● 大人の咳に対して、コーヒーとはちみつが効く


はちみつコーヒー.jpg



イランの大学病院で実施されたランダム化比較試験です。

3週間以上続く感染後咳嗽の成人患者97人(平均年齢40歳)が被験者です。お湯200mLにハチミツ20.8gとインスタントコーヒー2.9gを溶かして8時間ごとに1週間飲み続けるハチミツコーヒー群(29人)と、ハチミツ+コーヒーの代わりにプレドニゾロン13.3mgを入れるステロイド群(30人)と、同じく鎮咳薬グアイフェネシン25gを入れるコントロール群(26人)を設定し、ランダムに割り付けました。ハチミツはイランの山奥で採れたものを用いました。アウトカムは介入前と介入1週間後の咳の頻度をスコアで比較しました。

97人中12人が脱落しているのが気になりますが、残りの85人で解析が行われました(ITT解析ではない)。

その結果、ハチミツコーヒー群とステロイド群では有意に咳嗽の頻度が減りました。

スコアの変化は圧倒的にハチミツコーヒー群で高かったようです。

ハチミツコーヒー群は、ほぼ咳嗽スコアがゼロになっています。

Primary care respiratory journal : journal of the General Practice Airways Group. 2013 Sep;22(3);325-30.

記事:ケアネット


コーヒーとはちみつ、その威力はすごいですね。


プラセボ効果がどの程度影響しているのかは分かりませんが、はちみつは従来より咳に効くし喉にいいことは知られています。



● コーヒーには、こんな効果がある


コーヒー.jpg



コーヒーには気管支拡張作用があります。


それほど大きな作用は起こしませんが、あります。


コーヒーで気管支拡張をし、はちみつで喉を守る。


薬ではなく身近にある食品で楽になるのなら、それもありかもしれません。


あまりひどいようでしたら、やはり医師にかかるのがいいでしょうけどね。



● 実際にコーヒーにはちみつを入れて飲んでみた


図1.jpg



たまたま、この論文を読んでいた時、僕は体調が悪く、咳に悩んでいました。


チャンス!!


いつやるの? 今でしょ!!



というわけで、実際にコーヒーにはちみつを入れて飲んでみることにしました。


コーヒーを入れて、


はちみつを入れて・・・っと。


では、ゴクリ。



うーん、はちみつの味がする


当たり前か。


入れすぎたか?


いや、比率は論文と同じだ。


もう一口、ゴクリ。


うーん、やはり、はちみつの味が強いなあ。


コーヒーの風味がはちみつに負けているような感じがします。


でも咳はちょっとマシになったかも?


このコーヒーを飲んでから、約5時間後に就寝しました。

就寝する前に小スプーン1杯のはちみつをペロリと舐めてから寝ました。



そうすると、


「おっ、喉が楽だ」


咳は想定よりもかなり少なく朝を迎えることができました。


ちなみに、はちみつは糖分でも虫歯になりにくいのです。


夜に薬がなく、病院も閉まっている、けど咳が出て困ったという時はおススメです。


でも長く続く咳は別の病気の可能性もありますから、ちゃんと病院で診察を受けましょうね。


あと、小さい子どもにははちみつは避けた方がいいでしょう、念のため。



それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。


ホテル予約、意外と損していませんか?同じ部屋でもサイトによって料金が異なるのはご存知でしたか?⇩


年間最大10万円以上の節約ができる会員制割引優待サービスが新登場!

月490円(税込)の利用料を、<初月無料>で体験いただけます!




人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーにクリックをお願いします↓

看護師ランキング


↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

認知 症 予防の一つはこれ

こんにちは、ピストンです。



回復期リハビリテーション病棟には様々な年齢増の患者さんが入院してきますが、


圧倒的に多いのは、60歳以上の患者さん。


60歳以下の方はほんの少しだけ。



その60歳以上の患者さんの中で80歳以上が大半を占めます。


そう、リハビリ目的入院で来られる患者さんは超高齢者が多いのです。


リハビリ病院の経営方針にもよるでしょうが、超高齢者を迎え入れる病院は多く、逆に言えば超高齢者ほど怪我や病気になりやすく回復も時間がかかるということです。


脳疾患と整形外科と廃用症候群が3大入院理由で、たいていこの3つのどれかが原因でリハビリ目的入院となります。


さて、60歳以上の患者さんが圧倒的に多いために、リハビリ目的の疾患だけではなく他のことにも注意が必要になることがあります。


それは「認知症」です。



● 認知症になりやすいのは何歳からが多いのか


福祉サービス イメージ.jpg



それは75歳からです。


それまでに認知症になることはありますが、統計では75歳からぐんっと増えています。




あるTV番組で認知症について話しているのを見たことがありますが、


司会者:認知症予防はどんなものがありますか?


教授:一番の予防は、75歳まで生きないことです。




75歳からぐんっと増えますが、60歳ごろから徐々に増えていく認知症。


内閣府が出している厚生労働省「国民生活基礎調査」(平成25年)によりますと、


○平成37(2025)年には65歳以上の認知症患者数が約700万人に増加 ・65歳以上の高齢者の認知症患者数と有病率の将来推計についてみると、

平成24(2012)年は認 知症患者数が462万人と、65歳以上の高齢者の7人に1人(有病率15.0%)であったが、

37(2025) 年には約700万人、5人に1人になると見込まれている。



2025年には認知症患者数が約700万人になると予想されています。


2012年は462万人となっていますが、医者から診断を受けていない人を入れるともっと多いはずです。



そう考えると、僕たちの周りには認知症の方が結構いるということが言えます。


 

● 認知症も患っていると、リハビリの成果が伸びにくくなる


帰宅願望.png


認知症の程度にもよりますが、しっかりさんに比べるとFIM(フィムと読みます)の上がりが悪いことが多い。


FIMは、薬(便秘の人なら下剤を使うとか)や道具(杖や手すりなど)、他人を使わずに自分一人だけで日常生活が送れるのかを点数で示したものです。点数が高いほど薬や道具や他人などに頼らずに日常生活が送れることを示します。


たとえ左腕に麻痺があってあまり使えなくても、右手で上手くカバーができて何でもできるのであれば、FIMの点数は高い。

麻痺があろうがなかろうが、「自分でどれだけできるか」に焦点を置いたスケールです。


リハビリは、自分はなぜやるのか、どうすれば効果的なのか、ゴールはどこか、という意義や目標をしっかり分かっていないとダラダラするだけで成果が見えにくくなります。

もちろんテクニックも教えてもらいながら、自分で吸収していきます。


こうしたことをコツコツと積み重ねていってゴールに近づいていきます。


ゴールに近づくということはFIMの点数もリハビリ開始時より高くなります。



脳梗塞や骨折などで入院された高齢患者さんで、既往歴に認知症があるとリハビリの進み具合が悪くなる場合があります。


まず、こちらの指示が入らない。


ベッドから起き上がるとき、リハビリスタッフや看護師から「手をここに置いて、反対の手で柵をこう持って・・・」と痛みが少なく楽に起き上がれる方法を教えても、すぐに忘れてしまって自分で起き上がれない。


など、安全に動作が行えるように指導をしてもなかなかできない。

こちら側も根気よく繰り返し教えていくしかないです。


そもそも何しにここに来ているのかが分かっていないことも多いです。


ここの場所(リハビリ病院)を聞いても、「デイサービスやろ?」と今まで自宅生活をしていた延長のままと認識している認知症患者さんもいます。

病院に入院している認識もないということがあります。


だから夕方になると「家に帰る!!」と言ってひと騒動になることも。


夜中にもパッと眼が覚めると知らないところにいるので、混乱して騒いだりすることも。


そして睡眠不足になって昼間ずっと寝てて、昼夜逆転になってリハビリが進まないとか。


そうならないように看護師やリハスタッフも気をつけて対応していますが、なにぶん人間相手のことで、教科書通りにいかないことも多々あります。


ただ単に歳だから覚えるのが遅いということではなく、認知症が悪さをしてリハビリが進まないということなのです。



● 認知症になると進行は止められない、遅くすることはできる


世にある認知症薬は進行を遅らせたり症状を緩和させることを目的としています。


治る薬はまだありません。進行を止める薬もありません。


一見、「おっ、良くなったか⁈」と思う時もあるかもしれませんが、薬で抑えているだけで認知症が治ったわけではありません。


薬を飲んでいなくてもまだら認知症で、良い時もあれば悪い時もありますから、こうした症状もあるんだと周りも理解しておくべきでしょう。


認知症の薬については、また今後詳しく記事を書こうと考えていますが、副作用で余計におかしくなってしまうこともあるので注意が必要です。

誰にでも向き不向きがあるのです。



● 結局のところ何が認知症予防にいいのか



高齢者 散歩.jpg



Twitterで次のようなコメントを読んだことがあります。


80歳代でしっかりされていて、活動的な男性の方が「ボケないためには」のやり取りで言っていました。




80歳男性:「いや、本当は教養と教育こそ、呆け防止に大切だと思ってます」と。

なるほど、それはそうかも知れませんと感心していたら、


80歳男性:「私の言うのは『きょうよう』と『きょういく』ですよ。『今日の用事』があって『今日行く所』がある。これこそ大事なんです」



僕も「なるほどー」と思いました。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。


[目]超お得情報!】ふるさと納税さとふるで、期間限定のお得情報があります!

寄付した合計金額が5,000円以上の方に、それぞれの寄付につき寄付金額の3%~最大10%分のAmazonギフト券をプレゼントいたします。詳しくはこちらから⇩⇩





人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーにクリックをお願いします↓

看護師ランキング


↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

食物 アレルギー 対策はどうしてる?

こんにちは、ピストンです。


病院勤務をしている看護師は、ずっとその病院の中で働いていると思ったら、そうではありません。


たまに医療従事者が花火大会やマラソン大会など大きなイベントに救護班としていくことがあります。


僕も何度かそういう救護班として、地域のイベントに参加したことがあります。


そこで起きた事例です。



● 花火大会で食物アレルギーの子どもが、食べてはいけないアレルギー物を食べてしまった


神戸花火大会.jpg


「はあー、きれいだなあ」と救護班として現場に来ていた僕は、次の瞬間一気に緊張が走った。


救護班のところに、父親が走ってきた。


「うちの子、アレルギーがあって、牛乳なんですが、それが入ったものを食べてしまったんです」

「子どもはあっちにいます。ちょっと来てください」


食物アレルギーのある子どもが、うっかり牛乳入りのたこ焼きを食べてしまったというのです。


たこ焼きの生地に牛乳が混じっていると屋台の人に聞いたが、時すでに遅し、子どもが数口食べてしまったそう。


父親と一緒に僕は子どものところに駆け寄った。


子どもと母親と兄弟、それと会場の係員もいる。


子どもは小学3年生の女の子。


ベンチに座っている。


とりあえず吐き気、蕁麻疹、発赤、血圧低下、冷や汗、などの症状の有無を確認。


特に何の症状もない。


もう少し事情を聴いたあと、何かあればかかりつけ医に連絡するように言って僕は引き返しました。


食べる前に親がもしかしてと思って屋台の人に素材を聞いたが、間に合わなかったそう。たこ焼きは1個の約半分食べてしまったということで、食べた量は少しだけだった。


いつもは細心の注意を払っているのだが、今回は食べてしまったとのこと。


食べてから約30分程度過ぎても、体調に変化が現れなかったために僕はその場を後にしました。


アレルギー症状として蕁麻疹が出ると、親は教えてくれました。結構ひどい蕁麻疹が出るんだそう。


それで親は慌てて救護班に来たというわけです。



食物アレルギー 東京都福祉保健局.gif


食物アレルギー 東京都福祉保健局


そのあと1時間後に花火大会が終わった時、先ほどの親子が救護班の前を通って、


「先ほどはありがとうございました。無事です」


女の子は笑顔で手を振って帰っていきました。



● 食物アレルギーがある場合、どのような対策を講じているのか


重篤な食物アレルギーのある人にとって、レストランなどで外食することは命の危険を伴うこともあります。


外食時の安全対策は数多くあります。


では、アレルギーのある本人、もしくは親はどのような対策を講じているのでしょうか?



米国アレルギー・喘息・免疫学会(ACAAI 2018、11月15~19日、米シアトル)で発表がありました。

 今回の研究では、計39人のアレルギーがある人またはその親を対象に、外食の際に事前に講じる25種類の対策の有無について尋ねた。このうち19人には外食中にアレルギー反応を起こした経験があった。

 調査の結果、外食中にアレルギー反応を起こした経験がない人は平均15種類の対策を講じていたのに対し、アレルギー反応の経験がある人は平均6種類にとどまっていたことが分かった。また、アレルギー反応を経験した後には講じる対策の数も増えることが明らかになった。

 非営利団体のFARE(Food Allergy and Research Education)の調査によると、米国では1500万人が食物アレルギーを抱えているとされる。アレルギー反応を引き起こす食品にはこれまで170種類が報告されているが、米国では特に牛乳、卵、ピーナツ、ナッツ類、小麦、大豆、魚、貝の8種類によるアレルギー反応の頻度が高く、最近ではごまアレルギーも増えているという。

 今回の研究では、それぞれの対策の有効性は評価していないが、対策がどの程度の頻度で講じられているのかが明らかになった。

最も頻度が高い5つの対策には、


⑴「入店時に飲食店のスタッフに説明する(80%)」

⑵「シンプルな材料の料理を注文する(77%)」

「食べる前に二重チェックする(77%)」

⑶「アレルゲンの混入リスクが高い店は避ける(74%)」

⑷「レストランのウェブサイトで原材料を確認する(72%)」


が挙げられていた。

 一方、

「食物アレルギー用のメニューを注文する(23%)」

「食物アレルギーカードを活用する(26%)」

レストランで食事をしない(39%)」

「チェーン店を選ぶ(41%)」

「混雑時を避けてレストランに行く(44%)」


などの対策を講じる人は少なかった。

記事:ケアネット



対策を講じている人は事前にお店の情報収集をしていることが多い。


この対策は多いほど安全だという。


今回のように花火大会の屋台のような場合は事前の情報収集は難しいので、お店の人に確認をするしかない。


もしくは確実に大丈夫な物しか頼まないようにする。


多少不便かもしれませんが、大事にならないように普段から心掛けるしかありません。


慣れてしまえば、上記のような対策を講じるのもごく短時間でできるようになるとのことです。


今回の女の子は症状が出なくて本当に良かったと思います。


せっかくの楽しい花火大会が病院行きになっては悲しいですからね。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。


<No.1福利厚生サービスだから安心!>

人気のホテル、レストラン、映画、レジャー施設を優待価格でお得に利用できます。
新規会員登録で今なら一か月無料!







人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーにクリックをお願いします↓

看護師ランキング



↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

シニア ファッションはオシャレになっていく

こんにちは、ピストンです。


歳をとってもキレイでいたい。


オシャレを楽しみたい。


いくつになってもこうした気持ちを持っていたいものです。



● 回復期リハビリテーション病棟では、基本的に日中は普段着に着替えます


服装.png


夜はパジャマに着替え、朝に普段着に着替える。


それを毎日やります。


そんなの当たり前じゃないか、と思われるかもしれませんが、


この着替えがなかなかできない患者さんが多くて、麻痺などで機能的にできないのではなく、そもそも着替えようとしない患者さんが多い。


めんどくさいと思っているのか、そもそもパジャマに着替えるて寝るという習慣がないのか。


とにかく本人は別に気にしていない様子です。


本人が拒否している場合はともかく、基本的には着替えをします。


退院後の自宅生活を視野にリハビリをしていますので、自宅と同じような環境を整えていくのです。


ベッド上ではなく、できるだけ洗面所で歯磨きをし、排泄もトイレでやるようにがんばる。



服装は家から持ってきた服を患者さんが選んで着ますが、中には家族さんが服を全然持ってこなくて、パジャマしかない・・・ということもあります。


また、夏なのにいつまでも冬服のような分厚い服しか持ってこないとか、逆に寒くなってきても夏服のままというパターンもあります。


きちんと季節に応じた服装を心掛けている患者、家族さんならいいのですが、ちょっと季節感覚がずれている場合はこちらから服の提案をさせていただきます。



● 認知症になると季節感覚がずれる




格好がおかしくなってくると、「とうとうウチの親も、認知症になったかな」と思うことがあるかもしれません。


実際、認知症になると季節感覚がずれるので、夏なのに厚着をしたり冬なのに薄着をしたりして体調を崩します。


こちらはまったく寒くないのに「寒い、寒い」と言ってもっともっと布団や服を求めてくる患者さんがいます。


室温もまったく適温で問題ない、熱があるわけでもない、それなのに「寒い」と言って厚着をしたがります。


皆さんの周りにもこういう高齢者はいると思います。


こうした行為は後で室内熱中症や体調を崩す原因になります。


脱水の原因にもなります。


家族は本人が寒いと言っているのだからと言われるがまま厚着にしますが、本当はちょっと考えるべきことです。


言っても聞かないので仕方がないのは分かります。本人は説得しても無駄なことが多いので困ったことです。


それなら家族や周りが室温計を見て、低ければ確かに寒いのでしょう。適温、暑い室温ならあまり厚着にし過ぎないように気を使うのがいいでしょう。


周りの人間は働いていたり動いていたりしているので、多少寒くても気付かないことがあります。


厚着をしたがる高齢者がいる場所では、ぜひ温度計を置いてみましょう。



● 認知症になると、オシャレに無頓着になる


こうした無関心・無気力は「アパシー」とも呼ばれており、認知症に発症しやすくなります。


実際にアパシーの有症率は、認知症があると89.7%と9割近くの人が、該当してしますのです。

中村馨ら:地域在住の軽度認知障害高齢者におけるアパシーの有症率と神経心理学的検討 日本高次脳機能障害者学会会誌 2011


意欲低下は、食事量も低下して身体が衰えてしまうことが分かっています。



そもそも高齢者は見た目なんか気にしないのでは?と思うかもしれませんが、


平成11年には、オシャレに関心がある高齢者は52.8%に、平成21年では60.2%と、オシャレに気を遣う高齢者は増えています。

内閣府 平成26年度高齢者の日常生活に関する意識調査


にもかかわらず、認知症があるとついつい見た目をおざなりにしてしまします。


高齢者というと、想像やイメージでは、はんてんを着たり、モンペ(古い?)だったり「まんが日本昔話」ばりの典型的な服装を連想しがちです。


いつも思いますが、典型的なおばあちゃんの服のような服って、皆さんどこで買っているんでしょう。


僕がユニクロとかイオンモールくらいしか服を買わないから知らないだけかもしれませんが。


地元の商店街とか?



90歳代、80歳代後半はまだそういう典型的な服を着ている患者さんが多いですね。



● 最近の高齢者は流行を取り入れている方が増えている


おしゃれな高齢者 ライブドアニュース.jpg



たとえば「ワークマン」で買ってきたジャンパーや、「しまむら」で買ってきたアイテム、


ネットで買ったオリジナルTシャツを着ている方もいました。


最近の高齢者は髪を紫色に染めたり、分厚い化粧をして顔が真っ白という方よりも、自然にオシャレをしている方が増えています。


「オレの趣味はパソコンなんだ」といって病室にノートパソコンを持ち込んで、空いた時間に触っている80歳代の患者さんもいます。


入院患者さんのなかには、老眼鏡ではなく、「ハズキルーペ」を付けている80歳代の患者さんもいます!



僕らが高齢になった時はどのような格好をしているのでしょうか。


グーグルグラスが当たり前?


スマートウォッチに予約時間の連絡?



それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。






<無料会員登録!>130万件の割引優待使い放題!

人気のホテル、映画、レストラン、レジャーを優待価格でお得に利用できます。

人気急上昇!割引クーポン券使い放題!

会員登録はこちら⇊[ひらめき]





人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーにクリックをお願いします↓

看護師ランキング


↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

噛む力は死亡率に影響を及ぼす

こんにちは、ピストンです。


噛む力は死亡率に影響を及ぼすという研究データです。



噛むこと.jpg


70歳時の最大咬合力は、日本人高齢男性における全死因死亡率と独立して関連することが、新潟大学の岩崎 正則氏らによる研究で明らかになった。この研究データは、口腔機能と高齢者の健康との関連についての追加エビデンスになりうる。Journal of oral rehabilitation誌オンライン版2016年4月15日号の報告。

 高齢者における口腔機能が死亡率に及ぼす影響に関して、情報は限られている。そこで著者らは、口腔機能、最大咬合力の客観的尺度が高齢者の死亡率と関連しているかどうかを検証するため、13年間追跡する前向きコホート研究を行った。

 対象は、ベースライン時に70歳であった日本人559人(男性282人、女性277人)。ベースライン時に健康診断・歯科検診・アンケート調査を行い、電子記録装置(Occlusal Force-Meter GM10)を用いて最大咬合力を測定した。その後、生命状態を確認するために13年間フォローアップ調査を行った。性別で層別化し、Cox比例ハザード回帰モデルを用いて、最大咬合力の三分位間で生存率を比較した。



 主な結果は以下のとおり。

・13年間で111人が死亡した(男性82人、女性29人)。


・単変量解析の結果、男性において最大咬合力の最低群は、最高群と比較して全死因死亡リスクが増加していた(ハザード比[HR] 1.94、95%CI:1.13~3.34)。この関連は、交絡因子の調整後も有意であった(調整HR 1.84、95%CI:1.07~3.19)。


・逆に、女性においては、最大咬合力と全死因死亡率との間に関連は認められなかった。


原著論文 M Iwasaki, A Yoshihara, N Sato, M Sato, G W Taylor, T Ansai, T Ono, H Miyazaki 

引用 ケアネット



● 噛む力は予後に影響する


摂食嚥下のリハビリでは、舌圧も注目されます。

舌で口腔内の食べ物を押しつぶす力。口の中で転がして食べやすい大きさにしたり、喉の奥に送ったりする力です。


噛むことを、医療現場では咀嚼(そしゃく)といいます。


リハビリで咀嚼しにくい方のトレーニングをします。

発声練習、舌の運動、首や肩周りの運動、棒付きキャンディーを舐める、など他にもたくさんのメニューがあります。


噛む力は、そのまま食べる量にも影響します。


簡単にいうと噛む力が落ちると、食事摂取量も落ちる傾向にあります。


特に高齢者は、噛む力の衰えが進むと極端に食事摂取量が減って衰弱していく場合もあります。


入れ歯をしていても、噛めないと結局食べにくくなります。


病院や施設ですと噛めなくなってきたら、食事形態をもっと柔らかいものに変更していく。


ご家庭でもきっとそうするでしょう。


米飯からお粥になったり、おかずも豆腐や卵といった柔らかいものや小さく切ったものに変えたりします。



本人がそれで良ければまだいいのですが、病院や施設などでこのように食事形態を下げると、見た目もおいしくなさそうになりますし、歯ごたえがなくなり、水っぽくなって美味しさが減ってしまいます。

こういう食事は魚とか野菜などの原型をとどめていないことも多く、見た感じ「これ何?」と思ってしまいます。


認知症の方ですと「食べ物」「食事」ということが分からなくなって、目の前の原型をとどめていない食事を食事だと認識してくれないこともあります。

そうなると、ますます食べてもらうことが困難になります。



噛む.jpg



● 食事摂取量を増やすためには


高齢者に限って書きますと、


① 入れ歯を最適にする。

入れ歯は、素材によって味の感じ方が変わります。

レジンという素材(写真のようなピンク色の部分。自然な皮膚の色が出るプラスティックの一種)だと自然な色が出せるのですが、口の感覚も味の感じ方も落ちてしまします。

レジン.png

レジン素材の義歯。よく一般的に見かけます。安くて保険適応。ただし、熱伝導が悪く、熱いものや冷たいものをそのまま感じにくいのがデメリット。ごつくて装着しにくく付けた後も付けてる感が大きい。

 

味覚が感じにくくて困る場合は、もっと味が感じやすくなる金属製の入れ歯に買えるのも一つの方法です。

金属床義歯.jpg

金属素材の義歯。薄くて装着感が良い。熱伝導が優れていて熱いものや冷たいものを感じられやすい。金属なので割れにくい。おいしく食事を食べたいのならこれ。ただし保険適応なし。高額。物によっては数十万するのがデメリット。

同じ金属でも、「トルティッシュ義歯」だと、より味を感じやすくなります。ただし、味を感じやすくするために細かい穴が開いているので、洗浄が面倒です。

トルティッシュ義歯.jpg

トルティッシュ義歯。写真ではレモンの水滴が義歯を通して落ちています。食材の味をより感じられて美味しく食べられる。

嚙み合わせが悪くなっても、味覚を低下させます。その場合は歯科で再調整をしてもらいましょう。



② みんなと一緒に食べる

一人で食べる「孤食」が社会問題化していますが、一人で食べるほうが食事量は減ります。

誰かと食事をするのも、食を進ませるには効果的です。

食事.jpg

他の人と食事をしているほうが、30%多く摂取できることがわかっています。

親が一人暮らししている場合は、周囲がたまに食事に誘うといいです。また、家族の写真を食卓に飾っておくだけでも効果的です。



③ 好物を入れる

全部好物にしなくても、食事の一部だけでも好物があると食べてくれる率があがります。

ついで食いを狙って入れておくものアリです。


高齢で、まったくといっていいほど食べなくなった方なら最低好物だけでも食べてカロリーを摂るというパターンもあります。


年齢の影響とあまり受けないのは、「甘味」と言われています。

かたや「塩味」は歳をとると若い時よりも感じにくくなります。高齢者は若い時よりも約12倍で同じ塩味を感じると言われています。高齢者は塩分の高めの食事を摂ることが多いのはそのためです。


甘味をうまく使うことで食べてくれる可能性があがります。



④ 器を考える


食事では、オレンジに見える電球色の下のほうがおいしく見えます。

食事電球.jpg

光の映り具合を考えて、食器をうまく活用しておいしく見せることもできます


例えば米飯を入れるお茶碗は黒がいい。お米の白色が映えて美味しく見えます。



④ 亜鉛不足に注意する


一番大切な栄養素が亜鉛です。

亜鉛が足りていないと味覚が悪くなることがわかっています。治療としても使われるほどです。

亜鉛が多く含まれている食材は、

牡蠣・カニ・牛肉・レバー・卵・チーズなどです。

国民健康栄養調査によると1日あたりの亜鉛摂取量は、平成13年度8.5㎎だったのに、平成27年度は8.0㎎と減っています。

実際に亜鉛不足で食がおいしくなくなった患者さんがいました。亜鉛も大切です。

1日必要量は男9~10㎎、女7~8㎎です。



 味に強弱をつける


食事1.png


毎日の味付けでも味覚を強くすることができます。

濃い味付けを毎日繰り返してしまうと、どれも味の強弱がつかないために味を感じにくくなってしまいます。

味噌汁の濃さや、ソースをかけるなどが少ない日というのを設けておくと、味覚が鍛えられます。

微量の塩分でも感じることができるようになります。




いかがでしたか。

噛む力は死亡率に関係する。

食べることは生きることの根幹かもしれませんね。


いつまでも食事は美味しくいただきたいものです。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。





人気ブログランキングに参加しています。
下のバナーにクリックをお願いします↓
↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

一年に一度は検診を受けましょう

こんにちは、ピストンです。


自分では気が付かないうちに何かの病気が潜んでいたら・・・と考えると心配になります。


たまたま検査したら、偶然に病気が発見された。という事例は意外とあります。リハビリテーション病棟に入院している患者さんとお話をしていると、そういう偶然発見された病気を経験された方もいらっしゃいます。



● 頭部・全身MRI検査で偶然に病気が発見される確率は3.9%


頭部・全身MRI検査で偶然に病気が発見される確率は3.9%というイギリスのエディンバラ大学の論文があります。



無症状の成人に対して行った頭部・全身MRI検査で発見される、潜在的に重篤な偶発的所見はどれくらいなのか。英国・エディンバラ大学のLorna M. Gibson氏らによるシステマティック・レビューとメタ解析の結果、有病率は3.9%であることが明らかにされた。そのうち悪性病変が疑われたのは約半数だが、最終的に重篤と診断される割合は偶発的所見の20.5%と相対的に少ないことが示されたという。

ただし分析データが限定的で、それら病変の健康への影響はほとんど不明であった。

著者は、「潜在的に重篤な偶発的所見のアウトカムをより理解でき、そうした所見をどうフィードバックするかを考えるうえで、系統的な長期追跡研究が必要だ」と述べている。偶発的所見の有病率の推定値はばらつきが大きく、多くが重篤でない偶発的所見を含んでいると考えられ、偶発的所見検出の臨床的価値は限定的である。


研究グループは、MedlineとEmbaseの創刊~2017年4月25日を検索し、明らかに無症状の成人に対する頭部、胸部、腹部の各MRI検査または頭部・全身MRI検査における偶発的所見の有病率とタイプについて行った試験を対象に、システマティック・レビューとメタ解析を行った。


 頭部・全身MRI検査による潜在的に重篤な偶発的所見のプール有病率は3.9%(95%信頼区間[CI]:0.4~27.1)、頭部MRI検査では1.4%(1.0~2.1)、胸部MRI検査では1.3%(0.2~8.1)、腹部MRI検査では1.9%(0.3~12.0)だった。


潜在的重篤性が不確実の偶発的所見を含むと、プール有病率はいずれも増加し、それぞれ12.8%(3.9~34.3)、1.7%(1.1~2.6)、3.0%(0.8~11.3)、4.5%(1.5~12.9)だった。


潜在的に重篤な偶発的所見のうち約半数は、悪性病変の疑いありだった(頭部:0.6%[95%CI:0.4~0.9]、胸部:0.6%[0.1~3.1]、腹部:1.3%[0.2~9.3]、頭部・全身:2.3%[0.3~15.4])。

原著論文:BMJ (Clinical research ed.). 2018 Nov 22;363;k4577. doi: 10.1136/bmj.k4577.

引用:ケアネット



● 脳ドックで動脈瘤が見つかることもある


検診.jpg


脳神経外科の救急病院に勤めていた時は、脳ドックで動脈瘤が見つかり、そのコブが破裂しないようにする手術をする患者さんがいました。


脳動脈瘤が破裂すると、くも膜下出血になります。


死亡率が30%~40%と高く、生きて手術を受けても後遺症が襲ってくるとても恐ろしい病気です。

ちなみにエボラ出血熱の死亡率は50%~90%と言われています。


死亡された方の多くは、病院に辿り着く前に亡くなります。つまり即死が多い。


くも膜下出血の場合、まず生きて病院に辿り着けるかどうかが第一番目の山です。


最初のコブの破裂が起こると脳圧が急激に上がりカサブタで辛うじて出血が止まります。


まだこの時点で生きているのなら、このコブを再破裂しないようになんとかしなければなりません。


もしこのカサブタが取れて再破裂をしたら、さらに死亡率が上がります。


脳ドックで運よく?脳動脈瘤が発見されたら、コブの破裂する確率を考えて今後のことを主治医と話すことになります。

すべてのコブが破裂するわけではありません。

コブの大きさ、成長率、場所などを考慮し、いつ手術するべきかを主治医と相談していくことになるでしょう。


人によっては、経過フォローだけで済み人もいます。


早めに手術したほうがいい人もいます。


このコブが自分の頭の中にあると思うと、とても怖い。


よく時限爆弾にたとえて言われますが、このままコブが大きく成長してくるといつか破裂するんじゃないかと不安になる気持ちはよく分かります。



● 一年に一度は検診を受けるほうがいい


問診.jpg


今は脳の病気だけでなく、早期発見で対応できる病気は増えています。


ガンもそうです。


高血圧や糖尿病なども早期に対応することで、あとあと大事に至らないようにできます。


自分に何か病気があるのを知るのことが怖いから受けないという人もいますが、今は大した手術をせずに内視鏡だけで済んだり、投薬だけで済んだりするケースも多いので、そんなに怖がらずに受けた方がいいと思います。


後でどうしてもっと早く対処しなかったんだろうと後悔するよりかは、治る可能性が高い早期に病気を発見したほうが、健康寿命を延ばすことになります。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。











人気ブログランキングに参加しています。
下のバナーにクリックをお願いします↓
看護師ランキング
↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

学校の先生もストレスでうつになりやすい

こんにちは、ピストンです。


私たちは毎日さまざまなストレスにさらされています。


その中で、教育は、最もストレスの多い職業の1つです。



● 学校の校長、教頭も職業上のストレスに直面している


大阪市立大学の論文です。


過去10年間で、年間約5,000人の日本人の公立学校教師が、精神疾患を発症している。学校の校長や教頭も職業上のストレスに直面していると考えられるが、これらの職業性ストレスについては、ほとんど検討されていなかった。大阪市立大学の新田 朋子氏らは、日本の校長および教頭における職業性ストレス、役割の問題、抑うつ症状との関係について検討を行った。Occupational Medicine誌オンライン版2018年11月14日号の報告。


校長262人、教頭268人を対象に、2013年の横断研究のデータを用いて検討を行った。抑うつ症状の評価には、うつ性自己評価尺度(SDS)日本語版を用い、職業性ストレスと社会的支援の評価には、職業性ストレス調査票(GJSQ)を用いた。SDSスコア49点以上をうつ病と定義した。抑うつ症状と認知された職業性ストレスとの関係は、変数増減法多変量ロジスティック回帰分析を用いて評価した。


主な結果は以下のとおり。

・校長の36人(14%)、教頭の81人(30%)がうつ病と評価された。
・校長において、量的作業負荷(オッズ比[OR]:6.62、95%CI:2.63~16.70)、役割のあいまいさ(OR:4.94、95%CI:1.57~15.53)が抑うつ症状スコアの上昇と関連していた。
・教頭において、管理者からの社会的支援(OR:4.14、95%CI:1.97~8.68)、役割のあいまいさ(OR:9.71、95%CI:4.08~23.14)が抑うつ症状スコアの上昇と関連していた。

 著者らは「日本の校長や教頭のメンタルヘルスを改善するためには、両者の職務を明確にし、校長の量的作業負荷の軽減、教頭に対する管理者からのサポートの増加が重要である」としている。


原著論文:Occupational medicine (Oxford, England). 2018 Nov 14; doi: 10.1093/occmed/kqy149.

記事:ケアネット



ストレス.jpg


学校の先生が多忙であり健康面を損なうということは、度々報道であるところです。


この論文では、


校長262人、教頭268人を対象

     ⇩

校長の36人(14%)、教頭の81人(30%)がうつ病



となっています。


これって結構な数だと思います。

出世すれば、よりストレスがかかってくるということでしょうか。


一般社会でも言えますよね。


ひと昔前「サラリーマンはー、気楽な稼業ときたもんだぁー♪」


と言っていたのは、現在ではシャレにならない社会になってきたのかもしれません。



● 脳卒中後うつに注意


脳卒中を発症された後に、うつになられる方が33%いるという報告があります。


昔よりかはうつの社会的認知は広まってきたと思いますが、まだまだよく知らない人は多い。


ストレスでうつになったという話はよく聞かれるようになり、職場でのストレスチェックや産業医の診察が企業に課せられるようになりました。


仕事のストレスだけでなく、病気からくるうつのあります。


もっと多くの人がうつについて理解が広がっていくといいですね。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。



世界で一千万人以上が参加するオンラインアンケート。

アンケートに答える、謝礼を選ぶ、お小遣い稼ぎになる!

自分が作ったアンケートで、みんなに答えてもらうこともできる。

新規無料登録!!  



人気ブログランキングに参加しています。
下のバナーにクリックをお願いします
↓ 看護師ランキング
↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

たった2分程度の歩行であっても運動することは健康に有益

こんにちは、ピストンです。


みなさんは日頃運動をしていますか。


昔っから口酸っぱく言われている、健康を保つための運動。


やっている人はやっている、やっていない人はやっていない。


でもやはり健康にいいみたいです。



● 米国の身体活動ガイドライン、「たった2分程度の歩行であっても運動することは健康に有益」


提供元: HealthDay News

これまで米国の身体活動ガイドラインでは、運動は10分以上継続することが推奨されてきた。しかし、米国心臓協会年次集会(AHA 2018、11月10~12日、米シカゴ)で発表された最新版のガイドラインでは、たった2分程度の歩行であっても運動することは健康に有益とする見解が示された。このガイドラインの詳細は「Journal of the American Medical Association(JAMA)」11月12日オンライン版に掲載された。

 米国保健福祉省(HHS)のAdm. Brett Giroir氏によると、米国では早期死亡の原因の10%を運動不足が占め、4人に1人が運動不足を解消すれば約7万5,000件の死亡を回避できるという。HHSの調べでは、週当たりの推奨運動量を実行しているのは男性では26%、女性では19%、10歳代の若者では20%に過ぎない。同氏は、運動不足による医療コストは年間で10兆円を超えると指摘している。

 身体活動ガイドラインの初版は2008年に発行された。今回の改訂版でも科学的エビデンスに基づき、身体活動は短期的にも長期的にも健康に有益であることが示されている。そのポイントは以下のとおり。

・短時間の運動でも頭がすっきりして不安感が軽減するほか、よく眠れるようになり、血圧値や血糖値が改善するといった効果が得られる。
・定期的な運動で脳の健康が向上し、8種類のがんの発症リスクが低減し、体重増加を抑えられる。
・運動をすると変形性膝関節症や高血圧、2型糖尿病、不安や抑うつなどの慢性疾患が改善される。
・運動するとさらに、認知症や多発性硬化症、注意欠陥多動症(ADHD)、パーキンソン病などの患者の脳機能の改善にも役立つ。

 今回の改訂では、成人の週当たりの推奨運動量に変更はなく、これまでと同じく150~300分の中強度の有酸素運動または75~150分の高強度運動に加え、筋力トレーニングを週2日以上行うことが推奨されている。また、成人だけでなく3~5歳の子どもは成長と発育のため活動的であるべきで、6~17歳になると中強度~高強度の運動を毎日60分以上行うことが勧められている。

 さらに、妊婦や産後の女性は中強度の有酸素運動を週に150分以上行い、高齢者は有酸素運動と筋力トレーニングのほかにもバランストレーニングを行うことを推奨している。専門家の一人で米フロリダ大学医学部循環器内科教授のEileen Handberg氏は「慢性疾患がある患者であっても運動は必要だ。このガイドラインの対象とならない人はいない」と述べている。

 AHA会長のIvor Benjamin氏は、同協会ではこのガイドラインを運動に関する公式の勧告として採用する予定だとしている。ガイドライン論文の付随論評を執筆した米ハートフォード病院の心臓病専門医Paul Thompson氏は「一度に長時間の運動をしたり、複雑な運動プログラムをこなしたりする必要はない。運動は週に1~2日まとめて行っても週に3日以上行った場合と同様の効果が得られる」と説明している。

[2018年11月12日/HealthDayNews]Copyright (c) 2018 HealthDay. All rights reserved.

 

このAHA(アメリカ心臓協会)は、CPRなど世界中の医療従事者、会社、病院で使用されているプロトコールの基礎となっています。

 記事中には、たった2分の運動でも健康に有益とあります。

2分てほんのちょっとした時間ですよね。

まあやらないよりかは、やったほうがいいみたいな感じもしますが、そこはちょっと工夫が必要です。

 

● 有酸素運動と筋力トレーニングが効く

運動といっても、ただ時間だけが過ぎていくようなダラダラしたものでは効果は低い。

 やるからには、たとえ短時間でも最大限の効果を発揮したい。

同じ動きでもしっかりと筋肉に負荷をかけてあげることが大切です。

その時フォームも大切で、よく効く姿勢というかポジションニングも効果を上げるのに意識しておくべきです。

 

人によって求める効果が違いますから、一概にこうすべきだとは言えないのですが、

減量、耐久性向上、血液データの改善、高血圧対策などは有酸素運動がいいです。

ふらつき防止、減量、怪我予防、良眠などは筋力トレーニングが向いています。

 有酸素運動は軽く息が上がる程度でも有効です。ハードな走り込みやダンスなどでヒーヒー言うような領域にいかなくてもかまいません。

 

● 痩せたいのなら息があがる程度の運動が有効

有酸素運動.jpg

 

減量目的で有酸素運動をする人でよく勘違いしているのが、例えば散歩などでまったくしんどくならずに歩いたり、ジムでトレーニングをしているときに軽すぎるおもりで平然とした表情で行っている人がいますが、それではなかなか痩せません。

やらないよりかはいいでしょうが、本当に減量目的ならば、「息が上がる」程度にまで運動負荷をかけてあげましょう。

 脂肪が分解されると最後は水と二酸化炭素になります。水は汗や尿で身体から出ていきます。二酸化炭素は息で身体から出ていきます。つまり汗が出て、「ハッ、ハッ、ハッー!」と息が上がらないとその運動では二酸化炭素が分解されていない。脂肪燃焼が不十分な運動ということです。

 ランニング、ダンス、エアロビクスなど、よくあるダイエットメニューは汗をかいたり息が上がるようなメニューを組んでいると思いますが、そういう理屈です。

 

あと筋力トレーニングが減量に効果があるというのは、筋肉量が増えると脂肪が付きにくくなるからです。筋肉量が増えると代謝があがります。代謝があがると効率よく余分な脂肪が燃焼しやすくなります。

筋肉が付くと身体がごつくなり、太っているかのような錯覚になるかもしれませんが、そこまで筋肉を付けることにこだわらなくてもいいですし、適度な筋肉は身体を美しく見せてくれます。すぐに効果は出にくいかもしれませんが、続けて筋力トレーニングをしていると、だいたい三カ月後くらいには「おっ、ちょっと体つきが変わったかな?」と実感できる方も多いはずです。

 

エアロバイク.jpg

元ボディビルダーの僕がおススメの運動はエアロバイクと腹筋です。

(本当に元ボディビルダーです)

特に腹筋は便秘解消に、絶大な効果が期待できます。

腹筋が割れてきたらうれしくないですか?(笑)

ただ単に腹筋が割れているだけでも、かっこよく見えるものです。

 

人によってメニューは違いますから、初心者はまず自分の身体と相談して徐々に負荷をかけていくのがいいです。あと、持病がある人はかかりつけ医や担当リハビリスタッフなどのアドバイスをもらうといいでしょう。

高齢者の方ですと、ラジオ体操。それはおすすめです。立ってやってもいいし、座ってやってもいいですよ。

運動といっても奥が深いので、関心のある方はそれこそ勉強ですね。

 

それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

[ひらめき] こちらの記事もおススメリンク記事「みんなの腰痛 対策」

[ひらめき] こちらの記事もおススメリンク記事「湿布の効果について」

 世界で一千万人以上が参加するオンラインアンケート

アンケートに答える、謝礼を選ぶ、お小遣い稼ぎになる

自分が作ったアンケートに、みんなに答えてもらうこともできる

新規無料登録! 

 



 

 

 

 

人気ブログランキングに参加しています。
下のバナーにクリックをお願いします↓ 
↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

湿布の効果について

こんにちは、ピストンです。


今日のお話は「湿布の効果について」です。



● モーラステープとモーラスパップの違いは?


よく使われている湿布の一つで、モーラステープとモーラスパップがあります。


モーラステープとモーラスパップはどちらも「ケトプロフェン」の外用薬です。


「ケトプロフェン」は薬に含まれている成分の一つで、抗炎症作用・鎮痛効果を持ちます。


ここで注目するのは、「テープ」と「パップ」です。


この違いは何でしょうか。



「テープ」は粘着力が強くて剥がれにくい。1日1回貼ればよいものです。


「パップ」は粘着力が弱いが皮膚にやさしくてかぶれが少ないものです。


「テープ」と「パップ」は鎮痛効果に大きな違いはありません。



粘着力が強くて剥がれにくいので、関節などよく動かす部位に貼るのは、「テープ」剤が適しています。

皮膚が弱くてかぶれが心配の方は、「パップ」剤がいいでしょう。


皮膚からの吸収率が高いのも「テープ」のほうです。


モーラステープに限らず、基本的に「テープ」剤と「パップ」剤とでは、「テープ」剤のほうが吸収率が高いものが多い傾向にあります。


実際にモーラステープとモーラスパップを同じように貼り付けた場合、モーラステープのほうが吸収率が高く、角質にも高い濃度で薬が移行することが分かっています。


そのため、吸収のよいモーラステープは1日1回、吸収がやや劣るパップは1日2回を目安にするというように、貼る回数も異なります。



● 適した場所とかぶれについて


「テープ」剤は「パップ」剤よりも粘着力が強くて、関節などの動きが激しい場所に貼ってもはがれにくいです。


膝に湿布を貼るとき.jpg

動きの激しい部位は「テープ」剤が適しています。このように真ん中に切れ目を入れると膝を曲げやすくなります。



しかしその分、剥がす時に皮膚に負担がかかりますし、副作用として「かぶれやすく」もなります。


湿布はいつも同じ場所に貼ることが多いので、毎日同じ場所に貼り続けることになりがちです。

そのため皮膚への負担が蓄積し、かぶれやすくなります。


皮膚が荒れやすく若者より弱い高齢者や、背中や腰などあまり動かない部位で剥がれる心配の少ない部位に貼る場合は、「パップ」のほうが少ない副作用で使い続けられるでしょう。



パップに適した場所.jpg

動きの少ない部位やかぶれやすい体質は「パップ」剤が適しています。



● まとめ 


湿布は大きく分けて二つのタイプがあります。


「テープ」と「パップ」です。


「テープ」は吸収率が高いため、1日1回の貼布でよく、粘着力も高いため関節などのよく動かす場所に適しています。


「パップ」は粘着力は弱いがかぶれにくく、腰や背中などあまり動かさない部分に適しています。


鎮痛効果は大差ありません。


しかし、「テープ」剤のほうが皮膚への吸収率が高い傾向があります。

その分、副作用のかぶれも出やすいです。



● 追記 温湿布と冷湿布の違いは?


上記のテープとパップのほかに、


温湿布と冷湿布があります。


こちらも鎮痛効果の違いはほとんどありません。


どちらを選んでも大差ありません。使う人の気持ちのいいほうを選んでかまいません。


よく急性の疼痛には冷湿布といわれますが、結局湿布の効果として皮膚の温度を下げる効果に違いはありませんので、温湿布でも問題ありません。

温湿布でも皮膚の温度が下がります。


温湿布は成分に「トウガラシ」、冷湿布は成分に「メンソール」です。


温かく感じるかひんやりと感じるかの違いです。


どちらも湿布の効果として皮膚の温度を下げてくれるので、どちらを選んでも効果に大差はありません。


気持ちのいいほうを選ぶということです。



● 副作用の皮膚かぶれに注意


湿布を貼っていた部分に直射日光を当てると、紫外線による皮膚炎を起こすことがあります。

この「日光過敏症」を避けるために、


基本的には剥がした後4週間は患部を遮光する、

屋外での活動を避ける、

など、できるだけ直射日光を避ける必要があります。


体質にもよりますので、かぶれやすい人は要注意です。


剥がしたからもう安心、ということはありませんので、剥がした後も薬剤は皮膚に残っています。


人によっては結構ひどい副作用が出ることがあります。


湿布の副作用でかぶれた例

湿布かぶれ1.png

湿布かぶれ2.png

Block RAHuman aging and durationjudgments : A meta analytic review 1998


● 湿布のご紹介


参考までにほんの一部ですが、湿布のご紹介です。


「テープ剤」


◎ケトプロフェンテープ 三和化学研究所

ケトプロフェンテープ 三和化学研究所.jpg



◎モーラステープ 祐徳薬品工業

モーラステープ.jpg


◎フェイタス 久光薬品

フェイタス  テープ久光.jpg



◎ボルタレンEX 同仁医薬化工

ボルタレン湿布 同仁医薬化工株式会社.jpg



◎ロキソニンテープ 第一三共

ロキソニンテープ 第一三共ヘルスケア.jpg




「パップ剤」


◎ケトプロフェンパップ 三和化学研究所

ケトプロフェンパップ 三和化学研究所.jpg



◎モーラスパップ 祐徳薬品工業

モーラスパップ.jpg


◎ロキソニンパップ 第一三共

ロキソニンパップ 第一三共株式会社.jpg



それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

 





この記事の引用・参考文献

薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100

薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100

  • 作者: 児島 悠史
  • 出版社/メーカー: 羊土社
  • 発売日: 2017/10/16
  • メディア: 単行本



人気ブログランキングに参加しています。
下のバナーにクリックをお願いします↓
↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

退院前に体調を崩すことが多い

こんにちは、ピストンです。

今日のお話は、「退院」です。


病院は毎日のように、入院と退院が繰り返されています。

退院のときに、涙をポロポロと流されて家に帰っていく患者さんを見ると、僕たちもホロリとなってしまいます。

健康1.jpg


● 退院前になると体調を崩す患者さんが多い


退院日が近づいてくると、
たとえば、発熱したり、転倒して大怪我(骨折)をしたり、意識レベルが低下したり、ご飯を食べなくなったり、などのイベントが発生して、患者さんの状態がそれまでよりも悪くなってしまうことがあります。

それまでは、特に何もなく元気にリハビリに励んでいらっしゃった患者さんでしたが、急にそのようなことになってしまう。

そういう患者さんは多いです。

僕たちはいつも患者さんの体調には注意しているのですが、退院日が近づいたら、特に気を使います。

● 退院日前に体調を崩すとどうなるか?


これはケースバイケースですが、退院日を延期することがあります。

予定していた退院日までに症状が良くならないという予測がされる、または自宅での療養が困難と判断される場合は、退院日の延期を検討されることになります。

仮に、退院日に症状が残っていたとしても軽度の健康不良の場合は、そのまま退院されることもあります、

ですから、何が何でも完治しないと退院できない、という訳ではありません。


患者さんによっては元々、在宅診療を受診する予定の方もいらっしゃいますし、かかりつけ医に通院される方もいます。

大抵の患者さんは、例えお仕事をしている方でも、退院後すぐに働くことは稀で、しばらく休暇をもらって徐々に身体を慣らしていきます。


退院後に老健などの施設に移られる予定の場合は、施設からの要請もあって、しっかり治してから退院するということもあります。

施設側が受け入れてくれる場合は、そのまま予定通り退院することもあります。


● なぜ退院日が近づくと体調を崩すのか?


科学的な検証はないのですが、

個人的な見解では、回復期リハビリテーション病棟では入院期間がすごく長いので、しかも体調を崩す患者さんは80代90代の超高齢であることが多く、タイミング的に退院日と重なる時期に疲れてしまうのではないかと考えます。

回復期リハビリテーション病棟では、最長6ヶ月入院期間があり、最初に入院した急性期病院での入院期間を含めると、更に長い期間入院していることになります。

一般的に患者さんは自宅に帰りたいと思っています。早く帰りたい。

でも、突然、半年も他人と一緒に暮らすことになるのです。

そのストレスは相当のものです。

他人と暮らすだけでなく、自分の病気についての不安もあります。将来の不安もあります。


ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、回復期リハビリテーション病棟では「入院料」に

「入院料1」 「入院料2」 「入院料3」・・・・「入院料6」

という基準が設けられています。

そのなかで「入院料1」を取っている病棟では、重傷者の比率が高くなります。

「入院料1」の基準の病棟では、重傷者(日常生活機能評価10点以上)の割合が、3割以上を求められます。

在宅復帰率は、7割以上を求められます。

その分、看護師の数が多かったり、専属の医師やセラピストが配属されるということになります。

リハビリに力を入れている病院では、この「入院料」を高い基準で取りたいと考えていて、最高レベルの「入院料1」ではもっとも高い金額の診療報酬がとれるのです。


そのような病院では、重傷者の比率が高くなりますから、その分体調を崩す患者さんも多くなる。

しかもリハビリは土日祝も関係なく毎日プログラムがあります。

年末年始も休みなくリハビリがあります。

一般のサラリーマンでも週休二日というのに、リハビリ病棟にいる超高齢患者さんは、無休の毎日リハビリなのです。

これでは時に体調を崩したり、疲れで転倒してしまったりすることも十分考えられますよね。


または、退院まであと少しだから今のうちに目一杯リハビリをしておこうとして、リハビリ時間以外の自由時間に自主訓練を励んでいてケガをしたというケースもあります。

頑張り過ぎちゃうんです。

そういう患者さんもいらっしゃいます。


● 退院日に思うこと

いずれにしても、リハビリ病院にいて家に帰りたいのを我慢して、毎日リハビリに励んでこられた患者さんには脱帽です。

大変しんどいことだったと思います。

健康2.jpg


入院時は身の回りのことができなかった患者さんが、退院日には杖で歩いて帰れるようになった。

僕たちもとても嬉しく思います。

一番その思いが強いのは患者さんでしょう。

だから、退院日に涙を流される。


僕はいつも退院の時にこう言います。
「もう二度とここに戻ってこないことを祈っています」

入院するような大病や大怪我をすることなく、安全で安定した生活が送れることを祈ります。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。





人気ブログランキングに参加しています。
下のバナーにクリックをお願いします↓

看護師ランキング

↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

脳はストレスを感じている

こんにちは、ピストンです。


今日のお話は、「現代人の脳は高負荷にさらされている」というお話です。


● 毎日僕たちは多量の情報やストレスにさらされている



現代は超情報化社会です。 毎日たくさんの情報が飛び交っています。


会社員で働いていても、自営業でも、学生でもどんな人も毎日多量の情報のシャワーを浴びています。


超情報化社会.jpg


情報だけではなく、さまざまなストレスにも脳はさらされています。


仕事のストレス、人間関係のストレス、テストのストレス、たくさんのストレスが僕たちの周りにあり、毎日戦っています。



僕たちが1日で触れる情報量は、江戸時代の1年分と言われています。



これほどの情報量にさらされている僕たちは、気が付かないうちに脳に高負荷がかかっています。



● ストレスとどう付き合ったらいいのか



これだけ情報が身近に飛び交う社会において、情報のシャワーを浴びずに生活をすることは難しいです。


インターネットを遮断し、テレビを見ず、昔のように生活をしている人もいるかもしれませんが、若い人ほどそのような生活をしている人は少ないでしょう。


避けられないのなら、うまく付き合っていくしかない。 そのためには、自分の脳をストレスに耐えられるように工夫が必要です。


また、脳が高負荷に耐えられるような状態を維持できるようにしてあげることです。



● 脳が高負荷に耐えられるようにするためには



脳が高負荷に耐えられるように、そのストレスに対応するためには、 「良質の睡眠をとること」です。


ストレスへの対応方法はたくさんありますが、良質の睡眠をとることに勝るものはありません。



生活習慣や体質などの個人差を考えても、最低6時間は睡眠時間を確保したいところです。



睡眠.jpg


起きているということは、脳がずっと緊張している状態です。


そのため、脳が危険を感知して血圧をあげたり血糖値をあげたりします。


また、過食に向くことが多いです。



いづれにしても血糖値を上昇させる方向に向かうことが多いですので、注意が必要です。


睡眠目覚め.jpg


現在のように大量の情報やストレスにさらされている脳はのストレスはかなりのものです。


脳も疲れたら寝て、休息をとりたいのです。


脳にとっての休息は、良質な睡眠です。



● いかなる理由で睡眠不足になっても、結局身体に良くない



好きなことをやっていて睡眠不足になっても、仕事や受験勉強などで強制的に睡眠不足になっても、同じ睡眠不足です。


なんら変わりはありません。


結局、脳は緊張状態を続けているということに変わりはありません。


「好きなことならいつまでもやっていられる」 「好きなことならいくらやってもストレスにならない」 いいえ、違います。


眠る時間を削って好きなことをやったとしても、脳は疲れているのです。


睡眠不足はどういう理由であれ、健康上よくないことなのです。



夜勤明けでこの記事を書いている僕の脳は・・・・・ ごめんね。my brain.



それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。









人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーにクリックをお願いします↓



↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

薬の多くが食後なのはなぜ

こんにちは、ピストンです。


皆さんは薬を飲むとき、「食後」が多いですよね。


家庭でも入院中でも「食後」が圧倒的に多いです。



● どうして薬を飲むタイミングは「食後」が多いのでしょうか



「食後」とは、食事が終わってから30分以内を指します。内服薬の中で最も多いのが、この食後に飲むタイプです。


内服薬 イメージ.jpg


①胃を荒らさないようにするため。


通常食後30分というのは、胃の中で、薬が食べ物や胃酸の影響を最も受ける時間帯です。空腹時に飲むと胃を荒らしてしまう成分が入っているかぜ薬や、食べ物と混ざることで吸収が良くなる薬などは、特に食後に飲むことが望ましいとされています。


ロキソニンやボルタレンといった解熱剤が処方された場合、胃荒れ予防のためレバミピドやガスターなどの胃薬も一緒に処方されます。


ちなみに、ロキソニンやボルタレンと同じNSAIDsの「セレコックス」は新しい薬で、ロキソニンの弱点をつぶしたものです。セレコックスは胃を荒らす成分になっていません。その代わり値段は高いです。


食後は、食べ物のおかげで配合成分が胃壁に触れにくくなるだけでなく、胃の蠕動運動(胃の内容物を腸に送り出そうとする動き)が活発であるため、有効成分が胃に留まっている時間が短くなり、より早く腸で吸収されると考えられています。

また、油に溶けやすい成分は、食べ物の油脂分に溶けて吸収されやすくなることが分かっています。


もし、食後の薬を食事をしていない状態で飲まなければならない場合、牛乳1杯でも、クッキー1枚といったお菓子でも口にしてから薬を飲むようにしましょう。胃の中を食後に近い状態にすることができます。 ご飯 イメージ.jpg



②わかりやすいから。飲み忘れ防止のため。


食事の影響を受けにくい薬であっても、“規則正しく1日3食取る”という日本人の特徴に合わせて、食後に飲むよう定めている薬が多くあります。

服薬タイミングを食事と絡めることで、薬の飲み忘れを防ぐだけでなく、食事と食事の間隔が6〜8時間と比較的均等であるため、作用(有効成分の血中濃度)を維持させるのが簡単になるためです。


なんといっても覚えやすいです。日本人は「薬は食後」と頭に刷り込まれていますから、そういうもんだと習慣になっています。

飲み忘れ防止になり、習慣から外れないように食後にしておけば、本人や家族も気付きやすいです。


しかし薬の中には、食間が良いものや食前が良いものなど、その薬によって飲むタイミングが決まているものがありますから、そういう薬は医師の処方どおりに飲んでください。


どの薬も処方どおりに飲むのですが、「食後」が多い理由はそういうことです。


漢方 イメージ.jpg

イメージ


● では、漢方薬は食前や食間が多いのですが、これはどうしてでしょうか



なぜ漢方薬は空腹時に飲むのがすすめられているのでしょうか。


日本では、一般的に漢方薬を飲むタイミングは食前(食前30分程度)または食間(食後2時間程度)の空腹時とされています。


慶應義塾大学の渡辺賢治先生のお話です。

「漢方薬の吸収に関わる問題です。理由としては大きくわけて2つあります。ひとつめは、漢方薬が腸内細菌のはたらきによって吸収されることに関わります。漢方薬が吸収されるときには、配糖体(はいとうたい)と呼ばれる成分が腸内細菌によって分解されることによって、体内に吸収されるようになります。 わかりやすくいうと、漢方薬を構成している配糖体の一部である糖が、腸内細菌のえさになります。そのため、食後であると腸内細菌に対する栄養分が豊富にあるため、漢方薬の配糖体の分解が促進されず、漢方薬の吸収が悪くなってしまうといわれているのです」


食後だと、漢方薬の吸収が悪くなってしまうということです。


漢方薬の製薬会社 ツムラのホームページでは、こんなQ&Aが載っています。

Q:

「病院の先生には食後に服用するようにと言われたのですが、漢方薬は食前、あるいは食間に服用するものではないのですか?」

A:

一般的に漢方薬は食前、あるいは食間の服用ですが、普段から胃腸が虚弱な方や、飲み忘れがある場合などには、医師のご判断で食後に処方される場合もあるようです。医師のご指示通りに服用してください。


漢方薬は普通は食前、または食間ですが、胃荒れ防止や飲み忘れ防止のために、あえて食後にすることがあるということです。


ここでも「飲み忘れ防止」が出てきましたね。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。








人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーにクリックをお願いします↓


↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓
新規登録無料! アンケートに答える!謝礼を選ぶ!簡単ににお小遣い稼ぎ!
自宅で誰にも知られない!保険証不要!受け取り方法を選べる!男女OK
Copyright © 回復期リハビリテーション男性看護師のブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます