So-net無料ブログ作成

カテゴリ:脳卒中

  • 97f07f759ba978e04c0d118818e4df3c_t.jpg ..
    2019/01/16脳卒中

    こんにちは、ピストンです。回復期リハビリテーション病棟では、基本的には次は自宅生活が待っていることになります。例外はあります。リハビリをしてきたが、諸事情で自宅ではなく施設を選ばれることもあります。し..

    記事を読む

  • 2018/11/26脳卒中

    こんにちは、ピストンです。今日のお話は、脳卒中という言葉についての知識についてです。● 脳卒中は突然やってくる脳卒中で突然倒れられた時、本人の動揺と家族の動揺は大変大きいものです。脳卒中は「ある日」「..

    記事を読む

  • 2018/11/14脳卒中

    こんにちは、ピストンです。今回のお話は、痛いからと湿布をペタペタと貼る、痛み止め薬をやたら飲む患者さんについてです。脳卒中による麻痺のある患者さんで、関節に痛みのある方はたくさんいらっしゃいます。特に..

    記事を読む

  • 2018/11/03脳卒中

    こんにちは、ピストンです。今回は、高次脳機能障害のお話です。知っている方ならそれでいいのですが、よく知らない方にとっては なんだか難しそうな言葉ですよね。看護師の中でも脳が苦手という方は多くて、「脳」..

    記事を読む

  • 2018/10/26脳卒中

    こんにちは、ピストンです。脳卒中患者さんの中で、40~50才代の比較的若い方がいます。そういう患者さんてお仕事をしているのが普通です。そこで問題になるのは、退院後に仕事をどうするのか?です。麻痺や高次..

    記事を読む

  • 2018/10/26脳卒中

    こんにちは、ピストンです。脳卒中の予防に高血圧対策は大切です。『脳卒中治療ガイドライン2015』の中の「危険因子の管理」で、高血圧があります。高血圧患者は降圧療法を行うことを勧められています。急性期病..

    記事を読む

  • 2018/10/18脳卒中

    こんにちは、ピストンです。脳卒中予防のお話です。予防のなかでもアルコールについてです。みなさんは、飲酒はいいと思いますか、それともやめたほうが予防になると思いますか?『脳卒中治療ガイドライン2015』..

    記事を読む

  • 2018/10/10脳卒中

    こんにちは、ピストンです。主に病院に入院している患者さんで、ベッドに寝ているときに、少し頭側を挙げている姿を見たことはありませんか。特に脳血管障害(脳卒中)の患者さんはそうやって、頭をギャッヂアップし..

    記事を読む

  • 2018/10/07脳卒中

    こんにちは、ピストンです。今回は、脳卒中の危険因子として「高血圧」の管理について、お話しをします。高血圧は、脳出血と脳梗塞に共通の最大の危険因子です。血圧値と脳卒中発症率との関係は直接の正の相関関係に..

    記事を読む

  • 2018/09/29脳卒中

    どうもこんにちは、ピストンです。急性期と違って、回復期で働く看護師のなかには、脳卒中患者の麻痺がちゃんとみれない人がいます。ちなみに僕が前に働いていた脳外科の急性期病院では、新人からベテランまで全員の..

    記事を読む

リハビリの外出訓練はどのようなものか

97f07f759ba978e04c0d118818e4df3c_t.jpg



こんにちは、ピストンです。



回復期リハビリテーション病棟では、基本的には次は自宅生活が待っていることになります。


例外はあります。


リハビリをしてきたが、諸事情で自宅ではなく施設を選ばれることもあります。


しかし急性期をすぎてリハビリ病院に入院してきたということは、


可能性に賭けてこられたということです。


多くの患者さんは自宅に帰ることを思っています。


自宅退院を目指す患者さんにたいして、リハビリスタッフをはじめてとして看護師や他の医療職


は、自宅での生活を考えて日々の仕事をしていくことになります。



自宅に帰るにあたって、障害の程度によってこえなければならない壁があります。


そこ壁にどうやってむかっていくか。


入院中にいろいろ試すことをやってみて、帰ってから困らないように課題を抽出していきます。


そのひとつが


「外出」と「外泊」です。



● 退院したあとの自宅生活を視野にリハビリをする



退院までにたとえ1回でも外出をして、


家の中での動作が安全におこなえるかを試したほうがいい。


それまでは入院中に、歩く、食べる、排泄する、着替える、くつを脱着するなど、基本的な


日常生活動作を訓練します。


入浴の練習もします。



自宅にベッドがない場合は、床からの起き上がりも訓練します。


畳の家でも、そうです。



すべては自宅での生活を見据えて訓練します。



● 外出をしていろいろ試す


images5AW9UQBU.jpg



ある程度リハビリで日常生活ができるようになってくると、自宅ではどうかを試します。


自宅にリハビリスタッフが同行します。
必要があれば、ケアマネージャーや福祉用具業者なども同行することがあります。
自宅の玄関の段差は何センチで、安全に越えられるか?
手すりは必要か?
トイレ動作はできるか?
バスタブに入れるか、出られるか?
ベッドは適切か?
ベッドからトイレまで、いつもいる部屋からトイレまで歩いていけるか?
など、多くのチェックポイントがあります。
housecalls_04.jpg
自宅に外出する以外にも
仕事や買い物などでバスや電車といった公共交通機関を利用する場合は、
実際にバスや電車を乗りに、リハビリスタッフと一緒に外出をする場合があります。
健常者ではなかなか気づかないことがありますが、バスや電車に乗ることは
障がいを持つ患者さんには不安なことなのです。
このように入院中に外出をすることで、このあとにある自宅退院が安心しておこなえるのです。
これらを一つ一つ確認していきます。
問題があれば、残りのリハビリ期間中の課題となります。

● 外泊もしてみる


外出だけでなく、外泊をすることも有効です。


たとえ1泊だけでもいいのです。


外泊なら時間的にせかせかしなくて済みます。


時間は外出よりありますので、じっくり自宅生活のイメージがつきやすい。


できるだけ普段どおりの生活をして1泊してもらいます。


問題があれば、残りのリハビリ期間中の課題となります。



● すべては退院したあとのことを考える


10132105530.jpg



これに尽きます。


そのためにリハビリ入院をしているといっても過言ではありません。


患者本人や家族は、単にリハビリスタッフのいうままにするのではなく、


看護師のいうままにするのではなく、


もっとどん欲にリハビリに飢えて欲しい。


「もっとやりたいんだ」って言っていいんです。


そういう患者さんは良くなります。


リハビリメニューは多彩にあります。


お金と時間をつかって入院しているのです。


ずっと入院はできません。


だからこそ、どん欲にリハビリに励んでほしい。


僕たちは精一杯サポートさせていただきます。



それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。






モノを売らないフリーマーケット【ココナラ】








人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーにクリックをお願いします↓

看護師ランキング


↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

脳卒中の言葉の意味を正しく理解する



こんにちは、ピストンです。


今日のお話は、脳卒中という言葉についての知識についてです。


言葉の定義 イメージ.jpg


● 脳卒中は突然やってくる


脳卒中で突然倒れられた時、本人の動揺と家族の動揺は大変大きいものです。


脳卒中は「ある日」「突然」やってきます。


ついさっきまで普通に生活していたのに、次の瞬間、倒れられる。


トイレに行ったきり帰ってこない・・・ あれ?妙に長いトイレだなあ・・・


トイレに行くと、そこには倒れている家族がいる。


さっきまで普通に会話していたのに、急に呂律が回らなくなり、ご飯をボロボロとこぼす。


あの車、ずーーとそこの道路に止まっているけど、邪魔だなあ。どうしたんだろ?と思って、車に近づくと中でドライバーが倒れているのを発見する。


このように脳卒中は突然やってきます。



● 脳卒中の意味


脳卒中は、


「脳」はそのまま脳の意味です。

「卒」は突然という意味です。

「中」は中る(あたると読みます)。的に中るとかフグの毒に中るとかの中毒にあたる意味です。


つまり脳卒中は脳が突然にあたるのです。


脳卒中は、

「脳梗塞」

「脳出血」

「くも膜下出血」


この3つの病気の総称です。


「カローラ」「クラウン」「アルファード」  この3つは「トヨタ」。 というイメージでしょうか。


「うちのお父さんが乗っている車はトヨタです」

といっても正解ですが、それだとトヨタのどの車かは特定できません。トヨタ車に乗っているので、正解といえば正解です。でもこれだと車種は分かりません。


「うちのお父さんが乗っている車はカローラです」

と言えば、分かりやすいですよね。トヨタ車の中でどの車種かが特定されています。とても具体的であり且つトヨタ車だってことも含めて分かります。



脳卒中 脳卒中・循環器病対策基本法の成立を求める会.jpg

図:脳卒中 脳卒中・循環器病対策基本法の成立を求める会.


この脳卒中も、ただ脳卒中といってもその中のどの病気かは分かりません。


より特定して具体的に病名をいうとなると、「脳梗塞」や「脳出血」または「くも膜下出血」ということになります。

この3つ以外の脳の病気は、脳卒中とは呼ばないです。


脳卒中はこの3つだけなのです。



● 昔は違う言い方をしていた


昔は脳卒中のことを「中風(ちゅうぶ)」と呼んでいました。


地方によっては「ちゅうふ」とか「ちゅうぶう」とか言います。


主に脳血管障害の後遺症のことを指します。


実は亡くなった僕の祖父は脳卒中にかかり左半身麻痺だったのですが、

生前は自分のことを「俺は中風なんや」とよく言っていました。


昔は今みたいにMRIやCTなどが無かったので、どうして突然こんなことが起こるのかよく解らなかった。

どうも頭に何かあったのだろうとは分かっていたのでしょうが、詳しくは分からなかった。


昔の人は「きっと悪い風に中ったんだ」と考えました。


だから「中風」と呼んだのです。


入院してくる超高齢者の患者さんのなかには、いまだに中風と自分のことを言う患者さんもいます。


最近の人はもう誰も言わないと思いますし、そもそもこの言葉を知らないのではないかと思います。


今は脳の血管に異常がおこることで発生することが分かっていますから、脳卒中のことを正確には、 「脳血管障害」と言います。



● 難しいと思うなら、まず言葉の意味を知ってみる


看護師のなかでも、その辺がちゃんと理解できていない人がいます。


看護学生もまだまだ勉強不足で、そこをちゃんと理解していない人もいます。


一般の方も脳梗塞と脳卒中の言葉の定義をちゃんと理解できていない方はたくさんいらっしゃいます。


脳の病気というと、なんだか難しそうだなあと思われることが多いのですが、 まずは言葉の定義、意味をしっかり理解することから始めるといいと思います。


言葉の意味を理解すると、どうしてこの漢字が当てはめられているのかがわかり、病気の本質的なことが理解しやすくなります。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。



[ひらめき] こちらの記事もおススメリンク記事「脳卒中の管理(高血圧)」



脳卒中、心筋梗塞、突然死を防ぐ101のワザ

脳卒中、心筋梗塞、突然死を防ぐ101のワザ

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2015/09/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)








人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーにクリックをお願いします↓


↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

痛みはリハビリ意欲を低下させる

こんにちは、ピストンです。


今回のお話は、痛いからと湿布をペタペタと貼る、痛み止め薬をやたら飲む患者さんについてです。


脳卒中による麻痺のある患者さんで、関節に痛みのある方はたくさんいらっしゃいます。


特に麻痺側の関節が痛むことが多いです。

健側(麻痺のないほう)の関節は痛くないということではなく、健側が痛む場合もあります。


そこで痛み止めとして湿布をいっぱい貼ったりする患者さんがいます。


でもその患者さんは普段から痛み止め薬を飲んでいるんです。


にもかかわらず、さらに追加で湿布を貼ったり、屯用で痛み止め薬を追加で飲んだりしているのです。

「ちょっと痛み止めを使いすぎですよ」と言ってもほとんどの患者さんは聞き耳持ちません。


たとえ湿布でも皮膚から薬剤が吸収されて胃を荒らすことに変わりありません。でも説得しても本人はもう湿布や痛み止め薬が、精神安定剤のようなものになっていて、貼らずに飲まずにはおれない。居ても経ってもおられなくなっていて、我慢ができません。


麻痺測が痛いのは、多くは動かさないことで起こります。


健側(麻痺がないほう)の腕や脚を使って日常生活が送れるようにリハビリで訓練をすることが多いので、麻痺側は動かすことが少なくなりがちです。


リハビリ.jpg

イメージ


入院中に、リハビリ以外の時間に麻痺側の腕をいつも自分で動かしていた男性患者さんがいました。

片方の動くほうの腕で、麻痺の腕を持っていつも動かしていました。

いつベッドに訪問しても、彼は麻痺側の腕をいろいろ動かしていました。

彼は研究熱心で、ネットや本などで勉強して、常に自分で空き時間を有効にリハビリをしていました。


その彼は左腕と左脚に重度の麻痺があったのですが、痛みはほとんど出なかったんです。


退院した後、彼はちょくちょくフラッと病院に訪れてきて僕に会いに来てくれたのですが、あまり動かなかった麻痺側の腕が結構動いていたことに驚きました。


個人差はあるのでしょうが、やはり継続は力なのでしょう。


腕に麻痺があると肩関節が腕の重みによって外れ掛けたりする亜脱臼状態になったりして、かなり痛むことがあります。


そうなると麻痺している腕をアームスリング等で支えてあげることで関節が外れないように保護したりします。



脳神経外科の急性期にいた頃、ベテランの看護師さんが麻痺測の痛みで「今日はリハビリしたくない」と言った患者さんに、


「私だってね、脚が痛くても湿布貼ってがんばっているんよ。痛くてもリハビリをやらなきゃよくならないよ!湿布貼ってでもリハビリをしなきゃ!リハビリってのはそーいうもんなんや!」


ベテラン看護師の迫力に怖くてか、その患者さんは嫌々ながらリハビリをしに行きました。


今は早期離床、早期リハビリが叫ばれていますから、発症後からリハビリをするのは急性期では当たり前です。


まあ、本人の状態にもよりますが。


脳卒中は、早期にリハビリを導入することで予後は良くなることが知られており、回復する可能性が高まります。


あながち、そのベテラン看護師の言うことは間違っていないと思います。


あとは変に患者さんの身体が痛まないように気を付けながらリハビリをしていくということでしょうか。


拘縮すると少し動かすだけで激痛が走ったりします。


本人は辛い状態ですが、痛み止め薬を多用すると今度は副作用の心配が出てきます。


一つは麻痺測もストレッチやほぐしでしっかりと動かしてあげること。


もう一つはあん摩マッサージ師によるマッサージを受けること。


または、主治医に現状を相談してみてください。薬の調整をしてくれると思います。


在宅などでリハビリを継続している方は、担当のセラピストに相談するのもいいと思います。


痛みはリハビリへの意欲を低下させるので、できるだけ取り除きたいものです。


日常生活への影響も出てくることがあります。


その人に合った対応を考えていく必要があります。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。






人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーにクリックをお願いします↓


↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

高次脳機能障害を分かりやすく書いてみました

こんにちは、ピストンです。


今回は、高次脳機能障害のお話です。


知っている方ならそれでいいのですが、よく知らない方にとっては なんだか難しそうな言葉ですよね。


看護師の中でも脳が苦手という方は多くて、「脳」とか「脳外科」と聞くともうそれだけでアレルギー反応が出るくらいです。


高次脳機能障害 イメージ.jpg

イメージ


この高次脳機能障害は脳卒中や頭部外傷などで起こる可能性が高い症状なのです。


例えば、服が着れなくなる、お箸などを使ってご飯が食べられない、ものが覚えられない、集中力がない、ボーっとする、興奮する、暴力を振るう、計画通りにできない、指示を受けてもできないなど、


これらの症状により、日常生活または社会生活に制約がある状態が高次脳機能障害です。


前まではちゃんとしていた人でも、病気やケガでこういうことになることがあります。


家族にとっては「あんなにしっかりしていたお母さんがこんなことになるなんて・・・」とショックを受けることもあります。


この高次脳機能障害は本を読んでもよく理解できない方が多くて、それだけ奥深い領域なのでしょう。


高次脳機能障害を理解するには、この言葉を分割するとよく理解できます。


高次脳機能障害を「高次」と「脳機能障害」に分けるのです。


「高次」とは「人間だけが持つもの」もしくは「人間が社会で生きていくために必要なもの」


と置き換えるとよく分かります。


お箸を使ってご飯を食べるとか、服を着るとか、指示を受けてその通りにやるとか、これらは人間が持つものですよね。


急に怒ったり、ぼーっとしたり、計画どおりにできなかったりすると、人間社会では困りますよね。


つまり「高次」とは人間が人間たらしめている能力といいますか、人間だけが持つ能力と言えるでしょう。


「脳機能障害」は脳がダメージを受けて様々な機能に障害を受けている状態です。


この「脳機能障害」だけだと、サルや犬など動物にも起こります。サルも脳機能障害を受けると麻痺が出ます。犬も感覚がなくなったりします。人間以外にも起こることなのです。


このように脳の機能が障害を受けることによって、人間だけしかできないことができなくなることが「高次脳機能障害」と言えるでしょう。



高次脳機能障害と認知症は違います。


認知症は徐々に進行します。また、その発生機序は違いますし、中核症状と周辺症状に分けることができます。

中核症状は、記憶障害などの全員にある症状。

でもお箸を使ってご飯を食べるといった長年の長期記憶は保っていることが多いです。ポストは赤いとか。

もの盗られ妄想や徘徊などの周辺症状は、人によっては現れたり出なかったりします。



一方、高次脳機能障害の多くは、ある日突然起こります。


そして困ったことにもう一度社会で活躍することができなくなったり、難しくなったりします。


介護の重症度も高くなりがちです。


しかもなかなか治らず、ずーっと引きずることが多いのです。


麻痺だけではなく、この高次脳機能障害に悩まされる患者さんは多くいます。


特にまだ働き盛りの患者さんにとっては、生活を根本から揺るがす一大事です。


日本はこうした患者さんのサポート体制が不十分です。


一般市民も、この高次脳機能障害をよく知らない方が大勢います。


認知症と間違えて、「あの人はボケてしまったんだ」と思い込まれたりするケースもあり、難しい課題です。


今回のお話はここまでですが、我々看護師ももっと高次脳機能障害について勉強し、患者さんやその家族の良き理解者にならないといけませんね。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。


人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーにクリックをお願いします↓


↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

脳卒中患者の雇用は大きな悩み

こんにちは、ピストンです。


脳卒中患者さんの中で、40~50才代の比較的若い方がいます。


そういう患者さんてお仕事をしているのが普通です。


そこで問題になるのは、退院後に仕事をどうするのか?です。


就職面接 ウズキャリ.jpg


麻痺や高次脳機能障害の程度に大きく左右されますが、多くの患者さんは、今まで通りの仕事ができなくなります。

患者さんは入院中からもう退院後の仕事の不安を分かっています。


患者さんとお話をしていると、仕事をしている若い人はとても不安があることを話してくれます。


僕も働いているので、仕事を失う恐怖はよく分かります。


まずは、今の勤め先がどこまで病気を理解してくれるか、です。


話が分からない会社ばかりではありません。患者さんのことを理解して引き続き雇用をしてくれる会社もあります。

そういう会社は、入院中に上司がお見舞いに来たり、カンファレンスに同席したりすることが多いです。

これなら、患者さんは安心しますよね。

高層ビル.jpg


問題は麻痺や高次脳機能障害の程度が重い場合で、会社の理解がないときです。

または、現在無職の場合でこれから働きたいときです。


営業マンであれば商品を納品したり車を運転したり、見積書を作成したり交渉したりと仕事範囲は多肢に渡ります。

麻痺や高次脳機能障害が重ければ、このような仕事はなかなか難しいでしょう。

かといって、今までやったことのない仕事を一から覚えるのも大変です。

営業から事務へ業種を変えてもらうことも一つの手ですが、電話やパソコンを扱えるのかという問題もあります。高次脳機能障害の程度では、これらも難しいことがあります。


今の会社を辞めて再就職するにしても、難しいです。

ただでさえ40~50才代のいいおっさん(おばさん)なのです。普通でも再就職は難しい。


この就職の問題は毎回、頭を悩まします。

ハローワーク、職業支援所などいくつかの就職支援のところがありますが、本人の希望どおりに職が見つかるかはわかりません。


企業の障碍者雇用枠で雇ってもらうという手もあります。


お子さんがまだ未成年の場合はとくに収入は欲しいですよね。

病院のソーシャルワーカーさんなどに相談していくのが一般的です。


日本はこういった病気やケガで障害を持った人の就職には、援助が少ないのが現状です。


なんとかして本人の希望にあった仕事に就いていただきたいと思います。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。




高次脳機能障害のある人への復職・就職ガイドブック

高次脳機能障害のある人への復職・就職ガイドブック

  • 作者: 齋藤 薫
  • 出版社/メーカー: 中央法規出版
  • 発売日: 2017/12/19
  • メディア: 単行本





知っといてぇや これが高次脳機能障害者やで!

知っといてぇや これが高次脳機能障害者やで!

  • 作者: 下川 眞一
  • 出版社/メーカー: NextPublishing Authors Press
  • 発売日: 2018/05/04
  • メディア: オンデマンド (ペーパーバック)



人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーにクリックをお願いします↓


↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

脳卒中と血圧自己管理のお話

こんにちは、ピストンです。


脳卒中の予防に高血圧対策は大切です。


『脳卒中治療ガイドライン2015』の中の「危険因子の管理」で、高血圧があります。

高血圧患者は降圧療法を行うことを勧められています。


急性期病院を退院されて、次に回復期リハビリテーション病院に転院されてこられた患者さんの中には、まだ血圧が高い方がいます。

もちろん降圧剤を服用されているのですが、それでもなかなか低くならない方がいます。


オムロン血圧計 Amazon.jpg

オムロン血圧計


回復期の医師が薬の調整をされることになりますが、僕たち看護師も患者さんの日々の血圧管理には敏感になっています。


血圧に関しては、入院中は看護師等が測っているし、その値をアセスメントしていますので、患者本人は特に何もしていません。

出た血圧値を見て「あー、高いね。どうしたんだろ?」と呟いたり感想を言うくらいです。


問題は退院した後です。


自宅でも継続して血圧測定をしていくのかが重要です。


最近は血圧計を持っているご家庭が増えていて、入院患者さんとお話をしているときに血圧計を持っているか聞くと、「持っています」と答える方が結構いらっしゃいます。


ただし、持っているだけで使っていないことが大半ですが。


もったいないですよね。予防という意味でも、今までに使って、自分の血圧や健康にもう少し関心を持っていたら、もしかしたら脳卒中の発症を抑えられていたかもしれません。


もう発症してしまった入院患者さんには、退院してから「発症予防」に関心を持っていただきたいと思います。


そこで僕がよくやるのは、入院中から自分の血圧を手帳に記録していくということです。


まず血圧手帳を用意します。

これは大抵病院の薬剤部に置いてあります。病院によっては何種類か血圧手帳を置いていますから、好きなのを選べばいいです。


血圧手帳 大日本住友製薬.jpg

大日本住友製薬


患者さんに「これから毎日血圧をこの手帳に書いていきましょう」と説明します。


実際に今は血圧を測って書いてみるのが、分かりやすくていいでしょう。


血圧手帳には記録項目に朝と夜といったように、1日2回測定値を書き込めるようになっていますが、別に1日1回だけでもいいです。もちろん、朝晩の2回測定して書いてもいいです。

大事なのは、毎日継続していくこと。

これが難しいのです。


血圧手帳に毎日自分の血圧を書いて記録していることを、病棟の看護師やリハビリスタッフにも周知しておくのも忘れずに行います。

そうすればみんなが協力してくれます。


その血圧手帳は、患者さんに差し上げています。退院してもそのまま継続して家にある血圧計で測って記録を続けてもらうようにしています。


血圧値の基準は、140/90mmHg未満です。

糖尿病や蛋白尿合併例には、130/80mmHg未満、

後期高齢者には150/90mmHg未満を目標にします。

これは『脳卒中治療ガイドライン2015』に準じています。


健康.jpg



受け持ち患者さんにこういう提案と実行ができるようにしていくことが、回復期リハの看護師です。

もちろん、僕は急性期にもいましたから、急性期から継続してもらえたらそれでいいと思います。


入院中はまじめに毎日血圧を記録していた患者さんも、家に帰ってから継続しているのかはわかりません。しかし、回復期を終わると次は生活期で、毎日看護師などの医療職に接する機会もなくなります。だからこそ、脳卒中の再発予防について、回復期にいるときにしっかり勉強して退院して欲しいと考えています。 脳卒中は再発しやすい病気です。


もう二度と入院しないように願っています。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。




脳卒中治療ガイドライン〈2015〉追補2017対応

脳卒中治療ガイドライン〈2015〉追補2017対応

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 協和企画
  • 発売日: 2017/11/01
  • メディア: 大型本





オムロン 血圧計 上腕式 腕帯巻きつけタイプ HEM-7130

オムロン 血圧計 上腕式 腕帯巻きつけタイプ HEM-7130

  • 出版社/メーカー: オムロン(OMRON)
  • メディア: ホーム&キッチン



人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーにクリックをお願いします↓


この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

脳卒中予防とアルコールのお話

こんにちは、ピストンです。


脳卒中予防のお話です。


予防のなかでもアルコールについてです。


みなさんは、飲酒はいいと思いますか、それともやめたほうが予防になると思いますか?


乾杯.jpg



『脳卒中治療ガイドライン2015』によると、

「脳卒中予防と飲酒の関連についての科学的データはなく、再発予防に関する飲酒の影響については言及できない。(グレードC1)」P94 とあります。


また別の項目では、

「脳卒中予防のためには、大量の飲酒を避けるよう強く勧められる(グレードA)」P38 とあります。


つまり脳卒中を予防するのに、大量の飲酒はよくない。脳卒中患者が再発することに関して飲酒のことはわからない。ということです。


多量飲酒者は全脳卒中の発症率が68%増加し、特に出血性脳卒中の中でもくも膜下出血の発症率が著しく増加した。逆に、少量~中量の飲酒者では、虚血性脳梗塞の発症率が39%少なかったとあります。


飲酒とアルコール 糖尿病ネットワーク.jpg



まじめな人?は、アルコールは身体に悪いからきっと一切飲まないほうがいいと思ったかもしれません。

しかし、ガイドラインでは、大量の飲酒以外は避けることを勧めていないんですね。


僕のように、普段飲まずに飲み会のときくらいしか飲まない人は、まあ、いいんじゃないでしょうか。飲み会でも大量には飲みませんし。


まだきちんとした研究データがないということですので、これから何か因果関係が見つかるかもしれません。


「そうか、あまり多量に飲まなければいいんだ」ということみたいですが、まあ、ほどほどに飲むのがいいでしょうね。


もし家族さんなどから再発予防について飲酒のことを聞かれたら、大量に飲むのを避けるようにアドバイスをすることです。まったく飲むなとは言えません。ただ、飲酒については、まだ研究データがそろっていませんから、少量といえどもあまりお勧めはしません。脳卒中以外にもアルコールが良くないこともありますからね。


昔から、飲んでも飲まれるなと言います。その一方で「酒は百薬の長」ともいいます。


皆さんもほどほどに、楽しく美味しく飲むのがいいですよね。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。


人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーにクリックをお願いします↓




脳卒中後の生活:元気が出る暮らしのヒント (今すぐ役立つ介護シリーズ)

脳卒中後の生活:元気が出る暮らしのヒント (今すぐ役立つ介護シリーズ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 創元社
  • 発売日: 2005/10/01
  • メディア: 単行本





身近な人が脳卒中で倒れた後の全生活術 ―誰も教えてくれなかった90のポイント―

身近な人が脳卒中で倒れた後の全生活術 ―誰も教えてくれなかった90のポイント―

  • 作者: 待島 克史
  • 出版社/メーカー: 時事通信社
  • 発売日: 2016/07/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

ベッド臥床時に頭位挙上するのはなぜ?

こんにちは、ピストンです。

主に病院に入院している患者さんで、ベッドに寝ているときに、少し頭側を挙げている姿を見たことはありませんか。特に脳血管障害(脳卒中)の患者さんはそうやって、頭をギャッヂアップしていることがよくあります。だいたい、30度くらい挙げているでしょうか。ベッドが水平でないほうが多いと思います。
どうして少し頭側のベッドを挙げているのでしょうか?

これについてちゃんと答えられる方はどれくらいいるでしょう。

根拠はどこにあるのでしょうか。

一番の理由は、頭蓋内圧亢進を防ぐためです。

「脳卒中治療ガイドライン2015」ー 脳卒中急性期の呼吸・循環・代謝管理(4)体位 には、エビデンスが記載されています。
「1.低酸素血症、気道閉塞、誤嚥あるいは頭蓋内圧亢進がある場合は、15~30度の頭位挙上を考慮しても良い(グレードC1)」
「2.主幹動脈の閉塞や高度狭窄のある症例では、脳血流維持を目的として水平仰臥位をとることを考慮しても良い(グレードC1)」

つまり脳梗塞とかで血液の酸素化がよくなかったり、気道が詰まりそうだったり、誤嚥をしたり、頭蓋内圧が高くなってきたりすることを防ぐために、頭位挙上をしてもよいのです。
日本の脳卒中治療の現場では、主に頭蓋内圧亢進を防ぐために30度ほどの頭部ギャッヂアップをしていることが多いです。
そのようなわけで、急性期ならともかく、もう症状が落ち着いている回復期にいる患者さんでは、頭部挙上をする理由は弱くなるでしょう。この場合、挙上理由は、「そのほうが寝ている人からすると心地よいから」「少し頭側をあげたほうが、落ち着くから」というくらいの程度になります。ですから、やってはいけないわけではないけど、回復期ではそこまで頭部挙上についてうるさく言わなくてもいいのかもしれません。

ベッド頭位挙上.gif

たしか広島県の病院だったと記憶していますが、面白い看護研究をおこなった病院があります。
日本では、先ほど言ったように主に頭蓋内圧亢進を防ぐために頭部ギャッヂアップをしています。しかし、これはグローバルスタンダードではありません。世界共通認識ではないのです。

アジアをはじめ他国では、ベッドを水平に保つようにしています。その理由は「脳血流維持のため」です。頭を挙げることで、脳に流れる血流を悪くしてしまわないかという心配があり、そのような考えの国では頭側のベッドを挙げません。確かに脳卒中治療ガイドラインでも、そのようなことを書いています。頭部挙上について各国のやり方や考え方を調べた研究で、読んでいてとても興味をそそられて面白かったです。

回復期リハビリテーション病棟の患者さんでも、上記のように根拠がある場合は、頭部ギャッヂアップをしてもいいでしょう。しかしそれ以外の状況では、かならずしも頭側を挙げる必要性はないようです。やってはいけないわけでもないということです。

それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。


身近な人が脳卒中で倒れた後の全生活術 ―誰も教えてくれなかった90のポイント―

身近な人が脳卒中で倒れた後の全生活術 ―誰も教えてくれなかった90のポイント―

  • 作者: 待島 克史
  • 出版社/メーカー: 時事通信社
  • 発売日: 2016/07/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

脳卒中の管理(高血圧)

こんにちは、ピストンです。

今回は、脳卒中の危険因子として「高血圧」の管理について、お話しをします。
高血圧は、脳出血と脳梗塞に共通の最大の危険因子です。血圧値と脳卒中発症率との関係は直接の正の相関関係にあり、血圧が高いほど脳卒中の発症率は高くなります。それですから、高血圧治療は脳卒中の予防にきわめて有効です。
降圧薬の研究で、3~5年間の5~6mmHgの拡張期血圧の下降により、脳卒中の発症率は42%減少する。また、高齢者の収縮期血圧の治療をすることにより脳卒中の発症率は30%減少する。という結果が出ています。
血圧測定.png

では血圧値はどのくらいが推奨されているのでしょうか?
「脳卒中治療ガイドライン2015」によると、
1.高血圧患者では降圧療法を行うよう強く勧められる(グレードA)。
2.降圧目標として、140/90mmHg未満が強く勧められる(グレードA)。糖尿病や蛋白尿合併例には130/80mmHg未満、後期高齢者には150/90mmHg未満を目標とすることを考慮してもよい(グレードC)。
となっています。
つまり、一般的に140/90mmHg未満を目標にすればよいということになります。条件因子がある人は上記のように数値が変わります。
この140/90mmHgという数値は、「高血圧治療ガイドライン」のなかの目標数値としても同じ値が記されています。脳の専門医も循環器の専門医も、どちらも同じ目標値を設定しているんですね。

僕たちが職場などで、普段から予防としての血圧値はいくらなのか聞かれた場合、140/90mmHg未満と答えるのが正しいです。但し、条件に当てはまる方は修正数値を教えることです。

「脳卒中治療ガイドライン2015」には、高血圧以外には、さまざまは脳卒中に関連したエビデンスが豊富に載っています。急性期でも回復期でも生活期でも、いろんな職場や家庭で参考になることでしょう。
このブログでは、このガイドラインについても説明していけたらと考えています。

それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。
*参考引用文献:脳卒中治療ガイドライン2015

人気ブログランキングに参加しています。
下のバナーにクリックをお願いします↓

看護師ランキング

↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

脳卒中患者の麻痺がみれるように

どうもこんにちは、ピストンです。

急性期と違って、回復期で働く看護師のなかには、脳卒中患者の麻痺がちゃんとみれない人がいます。ちなみに僕が前に働いていた脳外科の急性期病院では、新人からベテランまで全員の看護師が麻痺をスケールを使ってみていました。嚥下能力も改定水飲みテストくらいは全員が行っていました。これが当たり前だと思っていました。だって、麻痺がみれないと脳卒中患者をみたことにはならないのです。
麻痺がちゃんとスケールを使ってみれないなんて、脳卒中患者を看護している看護師としては恥ずかしいと考えています。
皆さんの大事な家族が脳卒中で入院したときに、ちゃんとスケールを使って麻痺が判断できる看護師が24時間いるのと、麻痺がみれない看護師が24時間いるのとでしたら、やっぱり麻痺がわかる看護師がいる病院に入院したいって思うはずです。
というか、スケールを使って麻痺を数値化しないと、リハビリスタッフと話しをするときに、同じ目線で患者を語れなくなります。スケールが分からない看護師に、リハビリスタッフが「Aさんですが、車いすから歩行器に移動形態を上げようと考えていますが、どうですか?」と相談するということです。リハビリスタッフからしたら、「麻痺がみれない看護師の許可というかOKを、なんで伺わないといけないんだ」って思うでしょう。
いろいろな麻痺を測るスケールはありますが、よく耳にするやつくらいはせめてマスターしておきたいものです。MMTとかBRSとか。
脳卒中患者をみている私たちにとって、必須のスケールです。
ですが、回復期リハビリテーション病棟の看護師はこれらが使えない人が多いのです。これは大変困った状況です。
リハビリのスタート時点と退院時では、麻痺がどう変化したのか。入院当初に比べて、リハビリの進んできた現時点では麻痺はどうなったのか。我々はちゃんと患者の身体能力を見極めなければなりません。
ここは状態が落ち着いた回復期だから必要ない、と考える看護師がいるならそれは間違いです。「脳卒中治療ガイドライン2015」のなかに「Ⅰ-Ⅰ 脳卒中リハビリテーションの流れ」の項目で「(急性期、回復期、維持期)の区分については十分な科学的根拠がない」とあります。
つまり、急性期だろうが回復期だろうが、脳卒中は再発しやすい疾患です。はっきりとした科学的根拠はなく回復期に移っていると考えていいでしょう。

僕たち回復期で働く看護師もこのことを肝に銘じて、脳卒中患者の麻痺がちゃんとみれるように精進しないといけませんね。

それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

人気ブログランキングに参加しています。
下のバナーにクリックをお願いします↓

看護師ランキング

カテゴリ

タグ

新規登録無料! アンケートに答える!謝礼を選ぶ!簡単ににお小遣い稼ぎ!
自宅で誰にも知られない!保険証不要!受け取り方法を選べる!男女OK
Copyright © 回復期リハビリテーション男性看護師のブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます