So-net無料ブログ作成

カテゴリ:役立つ情報

国が推進している「地域包括ケアシステム」って何ですか?聞いてもよく分からないよ。

介護を支える イメージ.jpg


「地域包括ケアシステム」を聞いたことがありますか?

医療や介護に関係している方なら聞いたことはあると思います。

この地域包括ケアシステムというのは、実は医療関係者や介護福祉関係者のなかでも、ちゃんと理解できていない人がけっこういます。なんとなくは分かるのですが、うまく説明できない…。

ちょっと厚生労働省の言葉を見てみましょう。


地域包括ケアシステムとは?厚生労働省においては、2025年(平成37年)を目途に、高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、地域の包括的な支援・サービス提供体制(地域包括ケアシステム)の構築を推進しています。

団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築を実現していきます。 (厚生労働省のHPより引用)


うーん、やっぱりよく分からない…。

でもこれを国は進めているんですよね。じゃあ国民としてちゃんと知っておくべきだ、というわけで自分の勉強も兼ねてもう一度おさらいとしてみます。

ちょっとかたい話になりそうですが、噛み砕いて書いてみます。



◆ もうお金がすごくかかるからできるだけ在宅で介護をしてほしい、というのが国の本音。

9f213540117383a9b6b24527a5a33e1b_s.jpg


病院や施設で看病や介護をしているのと、自宅でホームヘルパーに来てもらって在宅介護をするの、どちらが安くつくでしょうか。それは「在宅介護」です。


ホームヘルパーや訪問看護を使っても、在宅介護のほうが安くつく。

国は現在、在宅介護、訪問看護を推進し在宅で看ることを勧めているのはお金が大きな要因です。


高齢者は増えるいっぽう、それに伴い病気も増えるいっぽう。医療費は右肩上がり。健康保険も立ち行かなくなると言われています。


そこで国はもっともっと地域連携を強くして、できだけ自宅で生活ができるようにしてほしいという考えが生まれました。

地域連携は今までもありました。

じゃあどう違うのか?


認知症や疾患を抱えている方で誰かの手が必要な場合、誰が第一に手を差し伸べますか。おそらく同居している家族でしょう。でも家族だって学校や仕事があるので、24時間付きっ切りでお世話をするということは難しい。ではホームヘルパーに来てもらってケアをしてもらおうとします。もし病気になったらかかりつけ医に診てもらう。入院が必要ならかかりつけ医から紹介をしたもらう。退院したらまたかかりつけ医にフォローしてもらう。こうしてぐるぐる巡りながら自宅で生活を続けてもらおうというネットワークを強化するということです。


病院、施設、自宅、訪問介護、訪問看護、訪問リハビリ、ケアマネージャー、などなど、いろんなネットワークが高齢者、疾病者を支えていく。

都会ならこういう社会資源がそろっていますが、田舎では無い資源があります。そこで市町村は実務者レベルの地域ケア会議というのを開いてヒアリングをしています。

この地域ケア会議によって地域の課題や要望を市町村が共有し改善へ向かうようにしていくのです。


◆ 一番の違いは「本人の意思を今までよりも大事にする」ということ。

7446836723cab6b21d8a6b57dd51a788_s (1).jpg


今までもかかりつけ医や急性期病院はありました。介護の仕事もありました。入退院を繰り返している方もいました。

この地域包括ケアシステムは「本人が」どうありたいのか?を重視しようという考えです。

「その人らしい」を重視する。

これはどういうことでしょうか?ズバリ言うと「自宅で最後まで生活したい」ということです。いやいや、人それぞれでしょう?という意見があるのは知っていますが、多くの高齢者は「家に帰りたい」んです。つまり自宅がいいのです。

だから多くの人の支えが必要になります。だって、独居老人、高齢夫婦二人暮らしはとても多いのです。とても離れて住んでいる家族だけではお世話はできない。


もちろん施設や病院での療養を余儀なくされる場合があります。そうした場合でもケアマネジャーやかかりつけ医などが連携してその人に合うタイプの入院先を探します。


本人が「できるだけ家で住みたい」と願うなら、訪問を増やしてケアを増やすか、小規模多機能を利用して在宅を継続するか、いろんな方法があります。これはひと昔前にはなかったことです。


まだまだな面も多々ありますが、地域ネットワークは確実に昔に比べて強化されつつあります。


◆ 支えてくれる人たちが増えれば、たとえ認知症や疾患を抱えていても自宅で生きていける。

b6603faf2dd98124d7ddc2d5d680d1bb_s (1).jpg


たとえ認知症で徘徊をしても、道が分からなくなって迷子になっても、地域の見守りがあれば大きな事故を予防できるんじゃないか。そういう考えも含まれています。

「いやいや、そんなにうまくいくかなぁー」「ただでさえ今は地域のコミュニティが薄くなってきているのに」

という声が聞こえてきますが、たしかにそうです。だからまだ完璧ではありません。


こうした自宅生活を支える要が、「訪問介護」でしょう。ホームヘルパーさんの力は大きい。

でも絶対数が少なすぎます。ホームヘルパーになる人がいない。それが原因で倒産した事業所はたくさんあります。国が在宅をすすめているのに、現状は真逆です。


結城康博氏は、「ヘルパーの公務員化」を提言しています。

いままでヘルパーの賃上げ加算をしてきましたが、まったく不十分です。賃金はとても低い。仕事の大変さと賃金が合っていない。成り手がいない。もう公務員化するしかない…。

結城康博氏の意見はひとつの問題提起として考えられます。


まとめると、

①今までよりももっと地域の医療介護福祉のネットワークを強化する。

②本人の意思を尊重した余生を送れるようにする。

③できるだけ病院や施設ではなく、可能な限り在宅で看ていこう。

ということです。

国は地域包括ケアシステムを、3年ごとの介護保険事業計画の策定・実施を通じて改定しながらすすめていきます。この流れはしばらく続くでしょうから、自分のこととして広く知っていただきたいと思います。




それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

<スポンサードリンク>




マイナビ看護師転職のサポート。新規登録無料!⇩⇩




家族の暮らしぶりを電気の使用状況からスマホで確認!【遠くても安心プラン】⇩⇩




肩こり腰痛でお悩みの方へ★凹凸加工・体圧分散の浮圧敷き布団【雲のやすらぎプレミアム】⇩⇩ 



カテゴリ

タグ

病院に営業するのなら泥臭く足で稼ぐという方法 - 元医療機器販売営業マンの話 -

3e9a6073b1079fed69b5407440893d79_s (1).jpg


私は看護師になる前は京都の医療機器販売会社の営業マンでした。

そのときの経験で分かったことは、「医師や師長といった医療スタッフに注文を頂くには、会う回数と話す回数がものを言う」ということです。




◆ たとえ1分でもいいので、毎日会う。話す。

これです。

他社の営業マンよりも多く会う、話す。

なんとも昭和な感じがする営業方法ですが、これが効きます。

営業マンになってから先輩によく言われました。

「医者とか師長には、たとえ1分でもいいから会え、しゃべれ」

ほんとにこんなんで仕事をとれるのかなあーと思っていました。

大病院だと師長はたくさんいますし、医師も多い。しかも営業マンは患者さんとかに遠慮してなるべくエレベーターを使わずに階段。しんどー[あせあせ(飛び散る汗)]

会議や用事やらで詰所にいないことも多く、一回詰所に行っても会えないことも多い。


医師はもっと大変です。

手術があるからです。待てども待てども医局に帰ってこない…いったい何時に手術が終わるのか分かりません。

でも待ちます。待っている間に他のところに行って、その間に医師が医局に帰ってきて部屋に入ってしまうと分からないから。医局に入ってしまっているのか、まだ帰ってきていないのか。

だから医局の前で待ちます。

ひどいときは、22時くらいまで待ったことがあります(=_=)


大学病院などでは、廊下にスーツ姿の営業マンがいっぱいいます。

これらのヒトは医療機器販売業であったり製薬会社のMRであったり、そういう営業マンたちです。

目当ての医師が医局に帰ってくるのを待っているのです。

彼らもきっと家に帰るのがとても遅いのでしょう。


◆ 医療機器販売業のブラックさ

4c1cb182248190c3ae954c4efeb500b7_s (1).jpg


このようにたとえ1分でもいいから毎日顔を出すようにしているので、なかなか会社に戻れません。

そして結構足にきます。

もう足がガクガクになります。


「医者や師長にアポをとっていかないの?」

と思われるでしょうが、基本的にアポなしです。

これは他のライバル会社のそうです。

というかアポを毎回とれません。

たしかにアポをとって会うこともあります。

しかし毎日毎日会いに行くのですから、いちいち明確な用事がない限り、相手の医師や師長も忙しいのでそんなことはしません。

むしろ見かけたらこっちから声をかけて、何かお困りごとはないか、欲しいと思っているモノはないか、修理に出したいと思っているモノはないか、などを聞きます。

ライバル会社も同じように行動をしていますので、先に修理品を預かったほうが勝ち。

後から行っても「あ、さっき〇〇会社さんに渡したよ」と言われるだけ。相手の修理となりお金もそっちに流れます。


だから足しげく毎日毎日医局やナースステーションに通います。


ネットでサクッと稼ぐ、効率よく収入、こんなフレーズが溢れる時代に、足で稼ぐ仕事。


ライバル会社も多い。競争は熾烈です。

お客さんが「病院」だと、それほど儲かるんです。いいお金になるんです。


でもやっぱり拘束時間が超長い…

給料もそれほど高くないし、

みんな大変です。

どの仕事も身を粉にしているんですかねぇ。


◆ ブラックな仕事はやはり人を壊します。

67f3649b0338a3ee203529511ca19ea6_s (1).jpg


そうです。壊します。

なので、本当のことを言うと、「ブラック企業」はサッサと辞めることです。難しいことは分かっていますが。

そんな会社にいても結局従業員を守ってくれません。

嫌われたら最後、用なしになったら最後、歯向かったら最後、健康を害したら最後、、、

最後まで守ってくれません。気に入らなくなったら容赦なく辞めさせようとします。


実は病院もそういうことがあります。


「あなたらしく看護をすればいいのよ」

「あせらなくていい。自分のペースでゆっくりやればいい」

「周りのことなんか気にしなくていいんだよ。自分のことだけ気にしていればいい」

なんて言いますが、若い初々しい新人たちは、みんな騙されます。

そんなわけないですよね。


実際そんなわけなかった。


何人もボロボロになって辞めていきました。

何人もが「もう、、、看護師はしません、、、」と言って去っていきました。

看護師資格を持っているけど、もう看護師なんかしないというくらい精神的に追い詰められてきました。

何人も。


だから、こんなことを書く人は他に知りませんが、一般企業と看護師という医療業界の両方を知っている私にしか書けないことはあると思っています。


一般企業が正しいとは言いませんが、一般企業を経験してから医療業界に入ると、おかしなことがいっぱい目に付くんです。

「こんなの、世間では通用しないよな」

ということがあるんです。


とまあ、今日の私の爆発はこれで終わります。



それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

<スポンサードリンク>





マイナビ看護師転職のサポート。新規登録無料!⇩⇩




口臭・歯周炎・歯の黄ばみに悩むあなたへ!薬用歯磨き粉【柿渋歯磨き】⇩⇩




無呼吸症候群・イビキの人が支持する横向き寝枕【YOKONE3】(ヨコネ3)首ストレッチ付⇩⇩



カテゴリ

タグ

IQが高い人はどんな脳なのか?

アインシュタイン_1472568329.jpg


昨日の記事では知能が高い動物は脳が大きい傾向がある、ヒトの脳は他の動物と違って体の割に脳が大きすぎるということをお話しました。


ここで一つ、脳の大きさが大きいからとか、こういうデータがあるからとか、それだけで偉いバカは決められることではないということです。

相関関係があるからといって、個人の能力が決定されるわけではありません。

世の中にはいろんな研究、データがあふれています。その中で、「こういうデータがあるから、バカなんだ」「私は他の人より優れている」は違うということを心に置いていてくださいね。


今日はヒトの脳に限ってのお話です。

知能の高い人は、より大きな脳を持っているのか?ということです。

カリフォルニア大学のナール博士の研究です。

脳の大きさと知能指数(IQ)の関係について調べました。するとわずかですが、脳の大きな人ほどIQが高いことがわかりました。

ここで興味深いのは、「大脳皮質」です。

皮質が厚ければ厚いほどIQは高かったのです。




◆ 脳をみればIQが高いかどうかが分かる?

先ほどの研究では、皮質のなかでも「前頭前野」と「後側頭葉」が決め手であることが分かりました。

しかしこの研究のデータでは個人差が大きいことが分かります。つまり皮質の厚さとIQには相関があるのですが、厚くてもIQが高くない人もいます。


なんでもそうですが、個人差というものがある。

アメリカ国立衛生研究所ショーは博士らの研究です。

「IQは、脳の厚さ自体より、幼少期に脳がどれだけ成長したかが重要だ」という報告があります。

たしかにIQが109以上の人では大脳皮質が厚いのが一般的です。

しかし差がはっきり表れるのは9歳以降で、13歳までにその差がはっきりします。これは生まれながら皮質が厚いわけではないということ。


さらに、IQが120を超えるずば抜けた脳は、幼少期にさかのぼってみると、7~9歳の頃では、むしろ平均よりも大脳皮質が薄かった。その後、13歳までに一気に肥大化し、大きな皮質になります。


とても高いIQを持つ脳は、最初は小さく後から大きく、なっているのです。


◆ アインシュタインの脳は少し小さい。

e0024554_1720233.jpg
大きさは性別や体格によって若干ちがいますが、男でも1,500グラム未満ほどです。ネズミの脳が1.5グラム、サルの脳が90グラムというのと比べると、ずいぶん大きいですよね。
一方でマッコウクジラの脳は9キログラムもあるようですし、知能が単純に大きさに比例することはないようです。
そのことを証明する例として、保存されているアインシュタインの脳は1,230グラムで、男性としては少し小ぶりのようです。


◆ IQと運動は関係がある。

7f25fec496b17acda35b870c7124451a_s.jpg62434f9c051cf9cef7f4c75ddc25c568_s (1).jpg


勉強もできてスポーツもできる、なんてかっこいいですよね。

なんともうらやましいというか、憧れるというか。


スポーツと学力の間に関係性があるのか、ということについて昔から様々な研究がされています。

最新の脳科学では、「関係あり」となっています。


イリノイ大学のヒルマン博士らの研究です。

公立小学校の三年生と五年生について運動能力と学力の関係を大規模に調べました。すると、正の関係を認めたというのです。運動が得意な生徒ほど、学力も高いということのようです。特に、エアロビクスなどの有酸素運動が学力とよく一致していたそうです。

だからといって「運動不足な私は勉強ができないのか」と思うのは早いです。相関関係はそういうものではなく、文科系のクラブの子でも学力が高い生徒はいます。そういうことです。「統計上、こういう傾向がある」ということです。個人差があるのです。


カリフォルニア州の教育省も、運動と学力について同じようなデータを出しています。

ちなみに、筋肉トレーニングや柔軟体操では、脳の別の領域が活性化し、勉強の成績とは強い関係がみられなかったということを付け加えておきます。


そういえば以前認知症の予防についての話で、確実な認知症予防策はないが、今一番効果が期待できるのは「有酸素運動」であるとの話をしました。

有酸素運動は学力向上や認知症予防に関係があるといえるのでしょう。



それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

<スポンサードリンク>





マイナビ看護師転職のサポート。新規登録無料!⇩⇩




障がい者転職エージェント(Agent-Sana)⇩⇩




無呼吸症候群・イビキの人が支持する横向き寝枕【YOKONE3】(ヨコネ3)首ストレッチ付⇩⇩



カテゴリ

タグ

賢い生き物は脳が大きいのか?

09ecaef1c2c86a82376f7094f9760d3c_s (1).jpg


「ちっやい脳を持つ生き物は知的ではない」

「オレがバカなのは脳が小さいからだ」

ということを言う人がいます。

私たちが子どものころ、なんとなく、「賢い人はきっと脳が通常よりも大きいに違いない」と思ったりしませんでしたか?

結論から言いますと、脳が大きいほど知性が発達しているとは限りません。

「でもさ、でもさ、よく宇宙人って頭がでっかくなっているよね?地球人以上の科学技術を持っているという仮定なら、やはり脳がデカいのは知的なんじゃないの?」

と思うかもしれません。

でもそうとは言えないんです。




◆ 進化の過程ではやはり高等な動物は脳が大きい。

192da7fdb385377056b9238d507b5439_s.jpg


それはそうです。

高等動物といわれる動物は脳が大きいのです。


たとえばイワシやカエルの脳はすごく小っちゃいですが、他の動物よりも高等な知能をもつチンパンジーや人間の脳は大きい。


ところがこの法則にのらない動物がいます。

脳が大きければ必ず知的というわけではないのです。

クジラや象の脳はヒトのそれよりもずっと思い。重量だけで言えばね。

同じヒト属でもネアンデルタール人のほうが、現代人よりも脳は重い。

このように脳が大きいからと言って、知能が高いというわけではありません。



◆ 体重の脳が占める割合が大きいほど、賢いのか?

では「脳の大きさではなく、体重に占める脳の割合が大きいほど知能がある」ということで考えてみましょう。

脳の重さが総体重の何分の1かを調べてみましょう。

ヒト=38分の1

象=500分の1

くじら=2,500分の1

こうしてみると、象やくじらの脳は図体に対してとても小っちゃい存在であることが分かります。

単独で脳だけをみると、大きいんですけどね。


ところが、ネズミの脳は28分の1と、ヒトより脳の占有率が高いんです。

不思議ですね。


一般的に、小型動物ほど体重の割に脳が重たく、大型動物ほど軽いということがいえます。


◆ 人間の脳は体に似合わず脳が大きい。

413483bbfbebb60e51b6bf1877d8e86f_s (1).jpg


アリゾナ大学キャルダー博士の研究で、

「脳重量は、体重の0.75乗に比例する」

という法則を発見しました。

これは「スケーリング」と呼ばれる関係式で、ここに体重を入れれば、その動物の脳の重量を算出できるという優れた方程式です。


ところがこの式が通用しない動物がいます。ヒトです。

ヒトの脳はこの式よりも重いのです。

動物たちの法則から逸れているのがヒトの脳です。

ヒトは例外的に大きな脳を持っています。体の割に脳が大きいということです。



それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

<スポンサードリンク>





マイナビ看護師転職のサポート。新規登録無料!⇩⇩




口臭・歯周炎・歯の黄ばみに悩むあなたへ!薬用歯磨き粉【柿渋歯磨き】⇩⇩




肩こり腰痛でお悩みの方へ★凹凸加工・体圧分散の浮圧敷き布団【雲のやすらぎプレミアム】⇩⇩




カテゴリ

タグ

私をコントロールしているのは無意識の私。いい経験を積んで、自分の直感を鍛えよう。

72f16de410f85a9a1a025661badeb104_s.jpg


仕事のできる人ってどういう人を思いますか。

苦境に遭っても厳しい目に遭っても、適切な判断ができる人ってどんな人だと思いますか。

すばらしい判断力を持つ人って…


私たちがさまざまな場面でいろんな判断を下していますが、判断に迷うことってたくさんありますよね。実は無意識の中ではすでに決まっているんです。自分はどっちにしようか迷っていますが、実は無意識では「こっち」と決めている。

そんな脳の特徴のお話です。

そしてこれを鍛えることがよりよい人生を送る手がかりになるかも知れません。



◆ 迷っていない⁈ 脳はすでに決めてしまっている。

487977283653528da33075017d6d7594_s (1).jpg


イタリアのパドヴァ大学のガルディ氏による実験です。

目の前のモニターにさまざまな映像や単語が現れます。映し出されたものが「良いもの」だったら左のボタンを、「悪いもの」だったら右のボタンを押してもらいます。できるだけ早く正確にボタンを押してもらいます。もうそれこそ反射的に押すくらい素早くです。

これによりその人の潜在的なメンタルが見えてきます。


実験では、無意識の決定が最終判断に反映されやすいということが分かりました。

意識と無意識はしばしば違うことがあります。

無意識の自分こそが真の姿といえます。


「こっち!」と決定後にその理由を尋ねると、「これはこうで、ああで、、、」と決定に至った理由をあれこれ述べますが、後付けの屁理屈にすぎません。本人はそれが本当の理由だと信じています。


本当は潜在意識のなかですでに決まっているのです。

この反射的な潜在意識は、過去の経験や知識によってすでに決まっているのですが、誰も「それはただの反射です」とは答えないですよね。

本当は反射、直感で決めています。

無意識の反射で決まっているのですが、社会生活をしていると何かと理由付けが必要になってくるんですね。


◆ 無意識こそ自分の本当の姿

8f95057c36cb1032c10815bf869a6514_s (1).jpg


この実験で分かることは、本人の意識にあがる信念とはほぼ無関係であったということ。

つまり、表向きは「それいいね」と思っていても、潜在的には良くないと思っていることもあるということです。


本人が「まだ決めていない」と信じていても、その人の無意識では、すでにどちらかに決めている。

「自動メンタル連合」という潜在意識を調べれば、それが分かる。


彼女:ねえねえ、どっちの服が似合うと思う?

僕:それは…本当はもう心のなかでは決まっているんだろ?


これが正解です。

彼女はまだどっちの服にするか決めかねているようにしていますが、彼女本人もまだ決めていないと信じていますが、実は心のなかでは服を見た時に反射的にどっちがいいか決めています。

脳科学的にみても、まったく間違っていません。


でもこれを言って彼女の気持ちにそぐわなくて彼女が不機嫌になったら、私はどう責任をとっていいのか分かりませんが……


◆ 直感を鍛えるには、たくさん良い経験をすること。

d1cda05e479c58690901eabbb672379a_s (1).jpg


これがこの記事で一番書きたいことです。

私たちは常に無意識の自分に判断を左右されているといえます。

決めたあとに理由がほしいから、あれこれ考えて決めた!というふうにしていますが、実は直感的に無意識のうちにどっちがいいか決めている。


ここで気になるのは、「この自動判定装置といえる反射が、正しい反射をしてくれるのか否か??」ということです

これはズバリ、「本人の過去にどれだけよい経験をしたか」に依存しています。

「よい経験をたくさんする」ということが、良い判断をするためには必要。

けっして頭がいいのが良いとかそういうことではなく、自分の持っている知識と経験がものをいうのです。


いい経験をたくさん積み重ねると「反射が的確である」ことに近づきます。


適切な行動は、その場の環境と、過去の経験が合わさって形成される「反射」です。

だからこそ、人の成長は「反射を鍛える」ということのなるのでしょう。そして反射を的確なものにするためには、よい経験をするしかありません。よい経験とは何か?はその人の目指すところによるでしょう。


骨董品の鑑定士は、実物を見ただけで、本物か偽物か、また本物であればどれほどの価値があるのかを、瞬時に見分けることができるといいます。もうこれは反射です。この目を養うのは経験がものをいいます。どれほどたくさんの品を見たことがあるか、どれほど素晴らしい品に出会ってきたか、素晴らしい経験は的確な反射力として適切な判断を下します。

センスや直感はすべて経験の賜物といえます。


なのでなるべく悪い反射が身につかないように気を付けましょう。

自己流でスポーツをするとかで変なクセがつくと、なかなか修正が難しくなります。身体運動と直感は同じ手続き記憶といって同じプロセスだからです。



いかがでしたか?

直感を鍛える、直感がなるべく正しい判断になるには、たくさんのよい経験を積むことです。

先の骨董品の鑑定士の話をしましたが、鑑定士が一人前になるとき師匠はこんなテストをするそうです。

師匠が若い鑑定士にめちゃくちゃ精巧に作られたどう見ても本物そっくりの偽物を鑑定させます。若い鑑定士がこれを見て「あれ?なんか変だ…」と感じれば合格という。

まさに過去の経験がものをいいます。本物を過去にどれほど見てきたかです。


皆さまもよりよい人生の選択をするためには、たくさんのよい経験をしていきましょう。



それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

<スポンサードリンク>





マイナビ看護師転職のサポート。新規登録無料!⇩⇩





肩こり腰痛でお悩みの方へ★凹凸加工・体圧分散の浮圧敷き布団【雲のやすらぎプレミアム】⇩⇩





無呼吸症候群・イビキの人が支持する横向き寝枕【YOKONE3】(ヨコネ3)首ストレッチ付⇩⇩



カテゴリ

タグ

高級車に乗っているとテストステロンが出やすいのをご存知ですか?あおり運転を科学する。

4e6e7a974c33ed74065b4fae2cd87cd6_s (1).jpg


前回の記事で、テストステロンを多く浴びた人は人差し指より薬指のほうが長くなるという話をしました。

するとこれがけっこう反響があり、ツイッターでも同じように記事の紹介をしたところ、リンクのクリック数がものすごく高かったんです。ツイートの反応の具合を示すエンゲージメントも高かった。



ということで、この三連休は「テストステロン祭り」ということにして、今日も調子に乗ってテストステロンのお話です。






◆ 高級車を運転するとテストステロンが出るという実験結果。

あおり運転は危険です。昨今、ニュースで話題になっていますが、非常に問題です。

こうした危険な運転をしているドライバーは、ギラギラして「オラオラ!」と攻撃性を増している状態と言えます。

しつこくあおってくる運転をしているドライバーは、ノルアドレナリンやドーパミンの他、テストステロンも関与していると考えられます。

つまりいろんな「活発にする」「攻撃性を増す」物質が複数関与しているということです。


01a5e37fed2db431569d1375ae83618e_s (1).jpg


こんな実験があります。

フェラーリとカローラ、どっちを運転したほうがテストステロンがたくさん出るか?

結果はフェラーリです。

カローラではそれほどテストステロンが増えなかったのですが、フェラーリではテストステロン値が高くなりました。そのうえ、小さなクルマをガンガンあおりまくったというおまけ付きです。


この実験ではフェラーリですが、実はトラックなど大きい車に乗った時も同様に、テストステロンが増えることが分かっています。

高級車を運転したときほど、テストステロン値が上がることが観測されました。


原因として、高級車は自分のほうが優位だと思いやすい車だからです。「俺のほうが強い」という思いが、テストステロンを増やしているのでしょう。


しかしいくら高級車フェラーリといっても、あおり運転や危険運転をしていたらカッコ悪いですよね。

高級車にふさわしくない行為です。


テストステロンは男性ホルモンと呼ばれていますが、女性にもあります。


いい車に乗っていても、こういうことをすると恥ずかしいですよね。


◆ ドーパミンが出ているときは歯止めが効かない。だから話しても無駄。

65f8d3871655e8bd137efe7dfd88cf42_s (1).jpg


あおり運転も危険ですが、相手が車から降りてきて、車をバンバン叩いてきたり怒鳴ってくる状態は、ドーパミンが放出されている状態ですので、相手は歯止めが効かない状態です。

こうなると何を言っても聞き入れませんし、何をしでかすか分からない危険な状態です。興奮状態です。


「話せば分かる」「話せば何とかなる」は通用しません。

ドーパミンの作用というのはそれほど強いのです。だから「中毒」があるんです。「パチンコ中毒」「アルコール中毒」「ゲーム中毒」などなど。


で、さっきのあおり運転のときもそうですが、こうした「オラオラ!」状態はテストステロンやドーパミンなど複数の興奮物質が出ている状態ですから、より危険です。本当に話をしようとしても聞き入れません。

さっさと逃げるか、警察を呼んで解決のプロに任せた方がよろしいでしょう。


あと余談ですが、ドライブレコーダーはこれからの時代は必須です。

私は車の前後に付けています。


◆ 脳は学ぶことができ育てられます。

「私はテストステロンが少なく育ったから優柔不断で大きな決断ができないんだ」

と嘆くのは早いです。

脳は学習する臓器です。

目標とする人がいればその人をよく観察し真似ることで、自分のその人に近づきます。


それは脳には「ミラーニューロン」というのがあって目の前の人の行動をあたかも自分がやっているかのように反応します。

これを上手く活用すると、尊敬する人に近づきやすくなります。


GREEN20160902565713_TP_V.jpg


また「経験」も大事です。

脳は慣れというのがあって、苦手なことを繰り返すことでそれを克服するようになってきます。最初は苦痛でも続けていくうちに慣れてきて、どうってことないようになることがあるでしょう?


このように脳は学ぶ育てることができます。

ホルモンの分泌は自分ではコントロールできませんが、こうした脳の特徴を知っておくと自己啓発に役立ちます。





それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

<スポンサードリンク>





マイナビ看護師転職のサポート。新規登録無料!⇩⇩




誰にも知られず性病検査ができます。検査キットも多数。男女OK。結果迅速⇩⇩




口臭・歯周炎・歯の黄ばみに悩むあなたへ!薬用歯磨き粉【柿渋歯磨き】⇩⇩





カテゴリ

タグ

あなたがチャレンジ精神旺盛か、薬指を見たら分かります。ほら、薬指を見て。

IMG_3072.jpg


先日、testosteroneさんのツイートをご紹介しました。

で、このテストステロンってなに?

それは、あなたの薬指と人差し指を見てください。

あなたの指にはテストステロンの影響が出ているんです。

あなたは挑戦する人かどうかは薬指と人差し指を見れば分かります。




◆ テストステロンは男性ホルモン。でも女性にもある。

テストステロンは男性ホルモン。筋肉や骨を作り、体脂肪を減らして男らしい肉体を作る働きがあります。

テストステロンは主に睾丸で作られ、脳に向かって放出されて、体や心を男性にしていきます。


このテストステロンは女性にもあります。

女性の場合、卵巣や脂肪、副腎で作られます。


テストステロンは胎児のときに大量に分泌され、9歳くらいにもう一度多く分泌され、そして思春期の頃にまた大量に分泌されます。

だから男性は思春期のころに声変わりなどが起きるんです。男らしくなってくるのです。


テストステロンは体の構造だけに働くのではありません。精神的にも大きな変化をもたらします。

孤独を好むようになり、親子でベタベタするような人間関係を好まなくなります。一人でいるのを好み、自分一人の時間や空間を欲します。


さらに攻撃性や支配欲が強くなります。自分でも理由がよく分からないけど攻撃的になったりすることがあります。別に攻撃しなくてもいい相手なのに、攻撃してもよい口実を探しては攻撃する。


まさに思春期のころの反抗期でしょう。


でもこれは別に異常ではなく、正常な成長期の変化なのです。


男性ホルモンというから、男性にしかないと思われている方がいらっしゃるかもしれませんが、女性もあります。

女性の場合、筋肉よりもどちらかというと、性格に働きます。一人でいることを好み、「自分よりも優れている人がいることを許せない」タイプに、テストステロンの分泌が多いと考えられます。


◆ このホルモンが多いと挑戦する気概のある人が多い。

テストステロンは筋肉や骨を作る働きをし、男性を男らしくする働きがあることを説明しました。

ところがこのホルモンは性格に大きな影響を与えることが分かっています。

テストステロンが少ない人は、チャレンジ精神が乏しく、人に勝ちたいという気持ちが弱いということになります。


テストステロンを多く分泌された人は、冒険心というか挑戦する気持ちが強くなり、「えいやっ!!!」と大きな決断ができる性格になります。

海外の大学でこんな研究論文があります。

「イギリスのロンドン。金融街で株の投資家17人のテストステロンを調べたところ、儲けている人はテストステロンが多く分泌されていた。」

つまり、大きな金額で投資をするリスクがあっても、思い切って投資ができる傾向にあるということ。

テストステロンを多く浴びた人には、こうした「よし、やってやろう!」という気概がある傾向があります。こうしたことから、投資でハイリターンを得ることができるのです。

で、このテストステロンは胎児のときに大量に母親から浴びています。

胎児のときに母親からテストステロンを浴びる量が多かったら、薬指が人差し指よりも長くなります。

これは遺伝子に働いて、人差し指の成長を止めます。

ロンドンの儲けている投資家の指も薬指が人差し指よりも長かったというのです。


つまりテストステロンを多く浴びている人は薬指が人差し指よりも長いのです。


こういう人は、たとえば株の投資とか人生の大きな決断を下せる性格といえます。チャレンジ精神があふれるからこそ富を手に入れられる確率が上がるのでしょう。


◆ あなたの指を見てください。それで分かります。

では実際に見てみましょう。


テストステロンを多く浴びている人は投資など大きな決断をできる人です。チャレンジ精神あふれ「よしっ、やってやろう」という気概を持っています。冒険心のある人です。リーダーに向いているといえましょう。


あなたの手のひらを見てください。

指をそろえてみて、人差し指と薬指の長さを見て比べてください。

薬指のほうが長ければ、あなたはテストステロンをいっぱい浴びた人です。

さっそく投資をしましょう(笑)

儲ける素質があります。


人差し指のほうが長い人はテストステロンをあまり浴びていない人です。

遺伝子の関係で人差し指の成長が止まったからです。

大きな決断をしにくい性格です。とても優柔不断で、「これ!」と決めるのが苦手です。


これは薬指が人差し指より短かったら他人より劣っているとかダメだという意味ではありません。

テストステロンには特有の作用があり、それが強く出ているか出ていないかということで、けっして悪いという意味ではありません。

またその人の努力でリーダーたる資質を持つようにも、もちろんなります。


ちなみに私は・・・

薬指のほうが長い!!!

IMG_3072.jpgIMG_3075.jpg


ご覧ください!

私の薬指は人差し指よりも長い。

これはテストステロンを多く浴びた証拠です。

これは本当です。医学や脳科学の勉強をされると必ず書籍に載っていますし、医師や脳科学者であれば常識です。

科学的に証明されていることです。


投資、しようかな・・・



それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

<スポンサードリンク>





マイナビ看護師転職のサポート。新規登録無料!⇩⇩




口臭・歯周炎・歯の黄ばみに悩むあなたへ!薬用歯磨き粉【柿渋歯磨き】⇩⇩




エルセーヌ『B・S・S脱毛』無料カウンセリング予約募集⇩⇩







カテゴリ

タグ

「サ高住」を知ってみよう。過去にトラブった例も。意外とみんな知らないその実態とは。

29b1f4b5873797d4a465b26128749623_s (1).jpg


「サ高住」という言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。

サ高住は増えており、現在約24万戸あります。

サービス付き高齢者向け住宅-いわゆる「サ高住」は、入居する際に高額な一時金が必要ありません。敷金はいります。

「一人にしておけない、目が離せない高齢者を預かってくれる」

「安い料金で介護してくれる」

「終の棲家だ。最後までずっと居れる」

これらには間違いが含まれています。

知識は重要です。

ましてや親の新しい住み家になるわけですから、よくよく知っておくことです。

よく知らないまま契約して、後からトラブルになった例を知っています。

そうならないように、基本的なことくらいは知っておいて損はありません。





◆ 手厚い介護とは違う。ないない尽くし?

老健や特養のような老人施設とは違って、もっと自分で身の回りの事が出来る高齢者が入居の対象としています。

なので、

サ高住の特徴1. 職員ががっつり介護をするわけではない。
2. 認知症の方に対応できないこともある。
3. 介護食や介護用風呂の設備が整っているわけではない。
4. 医師や看護師といった医療職が常駐していない。よって看取りはできない。医療行為もできない。
5. あれこれ介護をしてもらうと、「追加オプション料金」がかかる。


ないない尽くしのサ高住という印象ですが、実際はもうちょっと介護をしてくれます。

しかし介護ケアの多くは「オプション料金」がかかります。

食事を三食食べるのか、一食だけにするのかでも料金が変わります。


2468ed743ff16931219a512c05567b35_s (1).jpg


つまり介護をいっぱいやってもらおうとすると、お金がかかります。

すべては契約なのです。


介護スタッフの数も少ないので、手のかかる利用者は嫌がられます。

サ高住は、いわば介護スタッフが少しだけいるマンションみたいなものです。

しかも契約したケアだけをする施設です。


まずここらへんが、老健や特養とかと違うところです。


◆ 医師や看護師といった医療職はいない。

なので、吸引の研修を受けた介護スタッフがいないと、痰の吸引ができません。

しかし吸引ができない施設がほとんどです。

胃ろうや膀胱留置バルーンカテーテルが入っている人も入居できません。

傷の処置や褥瘡の処置などもできません。


介護スタッフは簡単なケアだけをするのが基本です。

たとえば内服薬の与薬や車いすや歩行の付き添いなどが介護の基本になります。

高度なケアは基本的にしない施設です。


どうしても医療ケアが必要なら訪問看護を使うしかありません。


しかしサ高住とは、比較的自立度が高い高齢者が対象ですので、年齢とともに身体能力の低下や認知症の進行があると、住めなくなる場合があります。


入所の時点で介護負担が大きい高齢者の場合、そもそも入所できないこともあります。

入所したあとで、

「あれもしてくれない。これもしてくれない」

と文句を言ってくる入居者さんやご家族がいますが、そもそもその認識が甘い。

そういう施設なのです。

最初に説明を受けています。「いや、そんなの聞いていない」という家族がいますが、そんなことはありません。必ず事前に説明をしています。


こうした「なんでやってくれないの?!」というトラブルは実際にあります。

そう言ってくる人はサ高住を老健や特養のミニ版と勘違いしている人が多い。

高齢者施設は老健や特養やグループホームやサ高住や小規模多機能型居宅介護やら、たくさんあります。

種類がいっぱいあります。

それぞれ、できるできないがありますから、施設の特徴をきちんと知っておくことでこうしたトラブルを防げます。


◆ 介護度が上がると出ていかなくてはならないことも。

7446836723cab6b21d8a6b57dd51a788_s (1).jpg


歳を取ると身体能力は落ちてきます。認知症になるかもしれません。

これは自然の摂理で、ある意味誰でも起こりえることです。

そうなると、比較的自立度が高い高齢者を対象としているサ高住ではみれないということがあります。

先述のように医療職がいませんので、対応できないことがあります。

看取りもそうです。

なので介護度が上がる利用者では、退所を言われる可能性があります。


最近は逆に介護度がものすごく高くなってしまう人、すなわち寝たきりになるとむしろ入所をさせてくれる場合があります。

寝たきりだと歩いて動かないので、逆に転倒リスクがなく安全なので、ケアは楽になるからです。

ケアが楽にならない場合は退所の可能性があります。


このようにざっとサ高住の特徴を述べましたが、「あれやって、これやって」という依存度が高い高齢者は不適切といえますし、胃ろうや褥瘡など重度のケアが必要な高齢者も不適切といえます。

また認知症で徘徊したり異食をしたり、他の部屋に入ろうとしたりドアをノックしたりする方も不適切です。


比較的安い料金で入所ができるのが魅力的で、ワンルームマンションのようでプライバシーが守られているのも魅力です。しかし老健や特養といった他の施設とはタイプが違うということを理解しておきましょう。



それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

<スポンサードリンク>





マイナビ看護師転職のサポート。新規登録無料!⇩⇩




誰にも知られず性病検査ができます。検査キットも多数。結果迅速⇩⇩




口臭・歯周炎・歯の黄ばみに悩むあなたへ!薬用歯磨き粉【柿渋歯磨き】⇩⇩






カテゴリ

タグ

ブログのアクセス数を伸ばしたければSNSも頑張りましょう。ブログのためのSNS攻略法。

f1dd7e63c8d9b7ec6a60f21adc45c4ad_s (1).jpg


ブログを始めて約9ヶ月が経ちました。

先月6月はブログのアクセスが40,000pvを超えました。

一か月のpv数が4万を超えて、改めてSNSの力を実感します。

というのはブログを始めて一年も経たないうちにここまでpv数を伸ばせたのは、確実にSNSの力が働いています。

それとSEO対策も同時に行ってきました。

SEOとSNS、この二つを同時に攻略することで、短期でアクセス数を稼ぐことができます。

今回はツイッターを中心に、ブログとSNSとの関係についてお話します。




◆ ツイッターはブログとの相性が抜群にいい。

  現時点で私のフォロワー数は2,400人超え。

これは間違いありません。

ソネットブログを運営されている方でツイッターをされている方はけっこういらっしゃいます。

ブログのトップページのサイドバーにご自身のツイッターを掲載されている方がよくいらっしゃいます。

このようにツイッターとブログを連動させるという手法はブロガーに多いやり方です。

(私はサイドバーにツイッターを掲載していませんが・・・)


ツイッターのいいところは、速効性があることです。

私のこの記事を書いている令和元年7月2日時点でフォロワー数が2400人を超えています。

フォロワー数が2400人もいると、記事の紹介をするとそのあとのブログのアクセス数が伸びます。

これは統計をとっているので分かります。


また、ツイッターでつぶやくとブログ記事とは関係のないつぶやきでも、ブログへのアクセスがあります。


このようにツイッターには速効性があります。

ただし少ないフォロワー数だと、その効果は感じられないと思います。


⇩⇩この私のツイートで実際に大きな反響がありました。

私が読んで「これはいい!もっと多くの人に読んで欲しい」とレビュー記事を書きました。

そのレビュー記事をツイッターで紹介したら、けっこう反響がありましたよ。

実際にこの記事から購入されています(*^^)v


このようにツイッターで記事紹介をすると、実際に購入されアフィリエイト収入があります。

作者様も私もうれしいというわけです。

ちなみにこの本のレビュー記事を書いてツイッターで紹介したら、作者のみなと鈴さんから御礼のメッセージを頂きました。今ではみなと鈴さんと私はツイッター仲間です(*^^*)


こういう繋がりが生まれるのもSNSのすごいところです。



◆ ツイッターはまずはフォロワー数1,000人を目指しましょう。

ea5593674295d6b4b2fbd2c3dcbdbf97_s (1).jpg


まずは1,000人!

1,000人を目指しましょう。フォロワー数が1,000人を超えてくるとブログへのアクセス数の手ごたえが感じられるはずです。

また1,000人もいれば、ツイッターのアクティビティを分析しやすくなります。データがそろってくる頃だからです。


ツイッターは無料で始められますし、まだやっていない方でも今すぐに始めることができます。


ツイッターは絶対しないといけないわけではありませんが、無料ですし、フォロワー数がなかなか増えなくても別に損害はありませんから、やらない手はありません。


「1,000人なんて、とても・・・」

1,000人と聞くと大変そうだと思うかもしれませんが、それほどではありません。

私はツイッターを始めて、約4ヶ月目でフォロワー数が1,000人になりました。

達成できない数字ではありません。



◆ ツイッター攻略は、毎日10個程度はつぶやきましょう。

ツイッターのフォロワー数を増やしたいなら、毎日毎日欠かさずつぶやきましょう。

しかも一日10ツイートくらいはつぶやきましょう。

できれば30ツイートつぶやくと、もっとフォロワー数が増えるでしょう。


つまり何が言いたいかというと、「ツイートの数が多ければ多いほど、フォロワー数が増える」ということです。

だから毎日たくさんツイートしましょう。

私も毎日5~10個くらいつぶやいています。

ブログと同じで、毎日継続していきましょう。


どんな内容のツイートがウケるのかは、フォロワー数が多い人のツイートを実際に見て研究しましょう。

でもいずれこのへんのことは記事に書くかもしれません。


◆ SNSは他にもたくさんあります。自分と合うものを選びましょう。

86b6fcb99b21b411fe445e7b506e4745_s (1).jpg


SNSはツイッター以外にもFacebookやインスタグラム、TikTok・・・・

たくさんあります。

たくさんある中で、自分にできそうな、相性のよいものを選んでみましょう。


繰り返しますが、ブログと相性が一番いいのはやはり「ツイッター」です。

でもツイッター以外でも全然かまいません。


ちなみに私はツイッター以外にも、

Facebook、インスタグラム、TikTok、LINE、755(ナナゴーゴー)をやっています。

これ、マジで全部やっていますよ。


Facebookは4,000人のお友達がいます。

ツイッターは2,400人フォロワー。

これだけいると、そこからこのブログへの読者の流入はかなりの数になっています。


◆ pv数を増やしたいならSEOも大事、SNSも大事。

ブログのpv数を増やす方法はいくつかあります。

このソネットブログの独自のコミュニティツールである「nice!」ボタンで「nice!返し」を受ける。

友だちにLINEで知らせる。

職場の知人に知らせる。

などなどがありますが、どれもいずれ限界がきます。


もっとアクセスの広がりを得ようとすると、

SEO対策をするか、SNSを活用するのが王道です。


せっかく皆さんも一生懸命ブログを書かれているのですから、もっともっと多くの人に読んでいただきたいと思います。


◆ SEOは揺らぎやすい。SNSは安定したアクセスを見込める。

9595543a491aaffab4f78ee18bbf2562_s (1).jpg


ソネットブログのコミュニティは大切です。

それはもちろん大切にしていますが、もっともっと多くの人にこのブログを読んでいただきたいとの考えから、SEOとSNSの二本軸でこのブログは運営しています。


ところでSEOはある意味不安定です。

Google大先生の意向一つで、アクセスの運命は変ります。

Googleのアルゴリズムは半年ごとにアップデートされると言われています。

その度に検索順位が変わったりすることがあります。

実際にGoogleのアルゴリズムが変わったせいで、今まで検索上位にいたサイトが圏外にはじかれたというのはよく聞きます。で、売り上げもさっぱりになってしまった・・・


それはSEOに依存しすぎたせいです。

SEOに頼り切ったブログ運営をしていると、Google大先生の気分一つで運命が変わってしまう。

これは恐ろしいです。


これからはSNSという誰でも参加できる無料の強力なツールがあるのですから、これを活用していくのがいいと考えます。


繰り返しますが、

SNSは絶対しないといけないわけではありません。


ですが、SNSを同時に攻略してフォロワー数を増やしていくと、そこからブログへ読者が流入してきますから、SEOとは違った安定したアクセス数が見込まれます。


どうです?

つまりいろいろやらないといけないということで、結構大変なんです。

でも大変だからやらない人が多い、やっても途中でやめてしまう、継続できない、という人が多い。

ならば、やれば結果が出ます。みんな挫折するんなら、自分ががんばればライバルを引き離せます。


まあ、そこまでしなくていいよと言う人なら気にしなくてもいいんでしょうが。

ワードプレスではなく、無料ブログでどこまでアクセス数を伸ばせるか?

無料ブログでどこまで稼げるか?

無料ブログでもSEOでちゃんと検索上位表示できるのか?

これらは私の挑戦です。


実際一年も経たないうちに、成果が出ています。

ソネットブログでも結果が出せるのを証明しています。


日々ブログの勉強中です。

このブログをもっと大きく成長させたい。これからも奮闘していきます。


あっ、一番大事なことを言い忘れていました。

アクセス数を伸ばすもう一つのポイントは、

「毎日更新」

です。

何事もコツコツです。



それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

<スポンサードリンク>





マイナビ看護師転職のサポート。新規登録無料!⇩⇩




誰にも知られず性病検査ができます。検査キットも多数。男女OK。結果迅速⇩⇩




口臭・歯周炎・歯の黄ばみに悩むあなたへ!薬用歯磨き粉【柿渋歯磨き】⇩⇩









カテゴリ

タグ

ブログを始めて約9ヶ月経って分かったこと。アクセス数、SEO、ツイッター、アドセンスなど。

aa564d79f665f73d08f5cf73fe8b3002_s.jpg


この「回復期リハビリテーション男性看護師のブログ」が始まったのが去年の平成30年9月24日。

あれから約9ヶ月が経ちました。

初めてブログ運営をやってみて、当然分からないことがたくさんあり、それを一つずつ解決していきながらなんとか今日まで続けて来れました。病棟の看護師をやりながらですので夜勤があり、とても大変なことが多かったのですが、それでも毎日更新をしてきました。もちろん読者の皆さんがいたことが一番大きいです。9ヶ月経ってみて分かったことがあります。自分なりのノウハウも少しずつ蓄積されてきました。

ブログ運営をしてきて分かったこと。まだまだ始めたばかりですが、このブログの実態をちょっとだけご紹介しながら、自分が分かったことなどをご紹介します。




◆ 更新頻度を上げると確実にアクセス数が伸びます。

deb99813daca97b1d9bf97342374bee4_s (1).jpg


頻度が低いとアクセス数の伸びが悪い。これはそのとおりです。

逆に更新頻度を上げるとアクセス数が伸びます。これは多くのネット情報にもあるように、確実な情報です。

私は毎日更新を続けていますが、毎月アクセス数は確実に伸びています。今のところ毎月毎月、新記録を出してます。今月はすでに先月のPV数を超えています。

当然ブログを始めたばかりのころは、ほとんど誰も読んでいない状態でした。

「こんなの誰が読むのか・・・」最初のころは誰も読んでいないのを分かってて、それでも毎日記事を書き続けていました。まるで壁に向かって書いていたような感じです。読者がいないのですから。モチベーションが下がりがちですね。

それでも書かないと始まりません。

毎日更新を続けていくと、ネット情報どおり、毎月のPV数が増えていきました。

約半年が経った今年の3月の一か月のPV数は20,796pv。5月は34,322pv。今月6月は40,000pvを超えるのは確実となっています。

一年も経たないうちにここまでアクセス数を伸ばせたのは、本当にうれしいです。

日勤と夜勤が混ざったシフト制の勤務のなか、毎日更新を続けてきたので記事を書くのがしんどい時もありましたが、書いてきてよかったなぁと思います。


このように、記事の更新頻度を上げるとアクセス数は確実にあがります。


◆ ある程度の文字数を確保しながら記事を書くとGoogle検索にかかりやすくなります。

また、更新頻度を上げるだけでなく、ある程度の記事のボリュームも必要です。


ここで注意することは、自分のブログの目的です。運営者の考え方です。

アクセス数をどんどん伸ばしてブログを大きく成長させたいのか。

日記のような感じにしたいのか。

あまり何も考えずにブログ自体を楽しみたいのか。

自分から何か発信したいと考えているのか。

ブログから収益を得たいと考えているのか。

・・・・・・


どのようなお考えでブログを書いているのかはご自由ですので、これがいい、あれがだめとは言えません。

本当に自由に書けるのがブログやインターネットのいいところです。

(誹謗中傷や法に触れることはいけません)

なので、もしみんなにもっと見てもらいたい、アクセス数をもっと伸ばしたいと思うのなら、更新頻度とともに、ある程度の文字数が必要です。

というのは、これはすべてGoogle検索の対応に繋がるからです。


世の中の検索エンジンの8割くらいはGoogleの検索エンジンです。

ヤフーの検索エンジンはGoogleの検索エンジンを採用していますので、一緒です。検索結果の見え方は違っても中身は同じなのでキーワード検索の結果も同じです。

なので検索エンジンといえば、もうGoogleだけを考えていればOKです。

インターネットの世界ではGoogleは王者です。YouTubeもGoogleがやってますから。


SEOは非常に奥が深いのでこの記事だけでは到底書ききれませんが、

更新頻度、記事の文字数、記事の内容、内部リンク、あとでご紹介するキーワードの5つがGoogle検索に引っかかるための非常に重要な要素となります。

ここが薄いとなかなかGoogle検索の上位には上がって来ません。

Google検索の上位にこないということは、アクセス数も伸びないというわけです。


ソネットブログのコミュニティ内だけでいいとお考えの方でしたら、そこまで熱心にGoogle検索を意識してブログを運営する必要はありません。


◆ キーワードを意識するタイトルや記事を書くとGoogle検索にかかりやすくなります。

c21cd35a99197dcbe6110d2b3ed2224d_s.jpg


これはネット情報でも大量に出回っているので、ご存知の方は多いのではないでしょうか。

このブログの記事は「キーワードプランナー」を中心にキーワード選定をしています。

「キーワードプランナー」はGoogleが提供しているツールです。

これで分かるのは、どのキーワードがどれくらい検索されているのか、どういう文字のキーワードが実際にあるのか等が分かります。自分の頭で考えたキーワードが実際に検索されているキーワードなのか?これを使えば分かります。そしてそのキーワードはどのくらい検索されているのかが分かります。自分の記事にタイトルにするキーワードを選ぶのに役に立ちます。無料で使えるツールです。


あと別の方法があります。

実際のGoogleの検索に打ち込んでみる。

仮に「京都 大原 子連れ おすすめ 居酒屋」で検索します。

検索で出てきたサイトがずらーーと表示されます。

その出てきたサイトを実際に開いて見て、子連れOKな良さそうな居酒屋の記事がないとします。

「あれ?検索で出てきたサイトをいろいろ見ても、大原の土地でいい感じの子連れOKな居酒屋が載ってないなあ」ということは実際にあります。

そうすると、あなたが書くべきなのです。

上記の検索キーワード「京都 大原 子連れ おすすめ 居酒屋」では、まだ適切なブログ記事やサイトがないということです。だからこそ、自分がそれについて書けばいいんです。

そうするとGoogleの検索にいずれ上位表示される可能性が非常に高くなります。

Googleの検索でキーワードを打ち込んでも、適切なサイトがないことはよくあります。

特に三文字や四文字くらいのキーワードだと大手のサイトがないことが多く、ねらい目です。


この「実際にGoogleの検索に思ったキーワードを打ち込んでみて、出てきたサイトを見て、キーワードと合致しないサイトが多ければねらい目のキーワード」というのは、このブログでも常套手段です。

Googleの検索にでてくる「予測キーワード」を利用するのもいいです。

ページの一番下にいつくかの関連キーワードが出てきますが、あれです。また実際に検索を打つと予測したキーワードが出てきますが、それもありです。

それらのキーワードを使って出てきたサイトを見て、キーワードに則したいいサイトが無ければ、自分が書いたらいいのです。そうしたら、あなたの書いた記事がそのキーワードにちゃんと則した記事ということでGoogleの検索に上位表示されやすくなります。


SEO対策は「検索エンジン最適化」と呼ばれ、Googleの検索に上位表示させるためのやり方です。

これがうまくなるとブログ自体が上位表示され、また一つ一つの記事も上位表示されるようになり、アクセス数が大きく伸びます。


ただしSEOは時間がかかります。

キーワードをうまく使って記事を書いても、実際に上位表示されるには、3ヶ月から6ヶ月、ないし1年くらいかかります。

すぐに上位表示はされません。


実際にこのブログは開始5ヶ月目くらいで「回復期 男性 ブログ」のキーワードでGoogle検索に上位表示されています。「回復期 看護師 ブログ」でも上位表示されています。

また「僕の看護観」や「フィジカルアセスメント 握力」でも上位表示されています。他にもいくつかの個別記事が上位表示されています。

このようにソネットブログでも、ちゃんとGoogle検索で上位表示されますし、他のはてなブログやライブドアブログのようにGoogle検索で上位表示することは十分可能です。

このブログの記事は約半年くらいでポツポツと上位表示する記事が出てきました。


◆ ブログとTwitterは相性抜群!ブログをもっと育てたいならTwitterもやるべし。

cdcfbb98ecc8742050b88fc319d06f86_s (1).jpg


私はツイッターもやっています。

このツイッターというのは、ブログと非常に相性がいいんです。

ツイッターというSNSをやっていると、そこからブログへ読者が流入するからです。

ツイッターからブログへ。人が流れます。

この外部のコンテンツからブログへ直接リンクして人が入ってくるという仕組みは、Google検索のSEO対策にいい働きをします。

つまり外部のリンク先から人が流れてくるということは、「人々から人気がある、読みたいと思うブログ」とGoogleが判断するからです。そういう人が流れてくるブログは、「価値がある」とGoogleは判断するからです。

ツイッターには自分のブログのリンクを貼ることができます。外部のリンクというわけです。

そのリンクから人がブログへと流れてくるとGoogleの検索ロボットも一緒にブログへ入ってきます。そうするとロボットはブログ内をあちこち移動しながら記事をリサーチしブログ全体をリサーチして、SEOにいい影響を与えてくれます。


ちなみに令和元年6月26日現在の私のツイッターのフォロワー数は2,400人を超えています。

ここまでフォロワー数が増えてくると、ツイッターからのブログへの流入が多くなります。


SNSはツイッター以外にもたくさんあります。

SNSは絶対しないといけないわけではありませんが、無料でできますし、やらない理由はありません。


私はツイッター以外にもFacebookをやっています。

現在はFacebookのお友達は4,000人を超えています。

ツイッターとFacebookを合わせると、約6,400人のフォロワーがいます。

そうなるとSNSからブログへの流入は相当な数になり、ブログの信頼度を増すことにもなります。アクセス数アップに非常に貢献してくれています。


仮にSEOがダメでも、SNSからの流入が多くあります。

これからはSEOとSNSの二本軸でブログを運営すると、安定してアクセス数を確保することができ、将来に渡ってアクセス数を伸ばすことが可能です。


◆ グーグルアドセンスについて。

グーグルアドセンスは、Googleが提供するクリック型広告です。

この広告はクリックするだけで、1回あたり数円から数十円の報酬がもらえます。

ブログをやっている人にとっては、できればほしいですよね。

自分のブログにもグーグルアドセンスを貼りたいという人は多いのではないでしょうか。


3e730428d35a1c61e577916ecec16845_s (1).jpg


昔はグーグルアドセンスはブログ会社が発行しているブログアドレスでOKでした。

しかし現在は独自ドメインでないと、アドセンスは合格しません。

ソネットブログは独自ドメインの使用ができません。

これは困った!!という人はいっぱいいるのではないでしょうか。


私はこのブログを始めたときには、すでに独自ドメインしかアドセンスに使えない状態でしたから、ソネットブログでアドセンスは諦めようと思いました。

が、しかし!!

人間追い詰められると、壁をぶち抜けられるものです。

このブログにはグーグルアドセンスの広告が貼ってあります。

お気づきの方も多いでしょう。

では独自ドメインではないのに、どうしてこのソネットブログにアドセンスが貼れるのかというと、別にもう一つブログを運営しているからです。

そのもう一つのブログは「ライブドアブログ」です。このライブドアブログはライブドアが発行するドメインと自分で買った独自ドメインのどちらでも使える非常にありがたいブログです。

で、私は独自ドメインを買ってライブドアブログで使っています。

ライブドアブログでグーグルアドセンスに申請し見事合格しました。


いまのアドセンスはサイトごとに申請をしないといけません。

なのでライブドアブログで合格したら、今度はソネットブログを姉妹ブログとして申請をします。

この姉妹ブログは独自ドメインでなくてもいいんです!!!!!

それでこのブログを姉妹ブログとしてアドセンスに申請し、合格しました。


新しくアドセンスを貼りたいという方はソネットブログは独自ドメインを使えないので、もしかしたら諦めている方がいるかもしれません。

しかし、私のようにやれば、きっとソネットブログでも新たにグーグルアドセンスに合格できるでしょう。


とまあ、この9ヶ月、日勤で超過勤務あり夜勤ありのなか、毎日更新しつつアドセンスやらキーワード選定やらブログのデザインをあれこれ試行錯誤し、ここまで続けてきました。

もう一度言いますと、読者の方がいるからここまで続けて来れました。

まだまだ自分の思い描いているブログへの道は遠いですが、コツコツと続けていくほかはありません。

何事もコツコツです。



それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

<スポンサードリンク>





マイナビ看護師転職のサポート。新規登録無料!⇩⇩




誰にも知られず性病検査ができます。検査キットも多数。結果迅速⇩⇩



カテゴリ

タグ

認知症になっても活躍できる場所がある~人の役に立つということを諦めない~

HIRO1003NIS2018929003_TP_V.jpg


65歳未満で発症する認知症を「若年性認知症」といいます。

いわゆる「認知症」は一番多いのがアルツハイマー型です。ところが「若年性認知症」の場合、一番多いのは脳血管型で約40%、二番目に多いのがアルツハイマー型になります。あとは交通事故などの頭部外傷が続きます。

さて、認知症になればもう役に立つことは難しいと思いますか?

重度に進行すれば嚥下障害や運動障害が出現して、動けなく、話せなく、食べれなくなり、厳しい状態になります。

しかし認知症はガンなどと違い、発症してから15年くらいかけてゆっくり進行していきます(個人差大)。

アルツハイマー型認知症と診断されて5年後のアルツハイマー型認知症による死亡率は0%です。


認知症と診断されたからといって、直ちに何かができなくなるわけではありません。

これをしっかりと理解しておくことで、認知症患者さんに対する見方が変わります。

では実際に認知症患者さんへどのような取り組みがされているのか、見てみましょう。




◆ 若年性認知症の方に「仕事ができる」デイサービスがある。

e71e0a512453e2f5be81b2f765deeb2e_s.jpg


65歳未満で発症する若年性認知症。その発症平均年齢は51歳です。多くの人が「仕事をしたい」「まだまだ私はやれる」という気持ちを持っています。

それを支えるデイサービスがあります。

東京都町田市にある小規模デイサービス「DAYS BLG!」は、若年性認知症の方が「好きな場所に行けるハブ空港のような」場所です。

ここを拠点に、「働くプログラム」によって働きに出かけることができるデイサービスです。

「働くプログラム」で認知症の人の働きたいという希望に応え、労働の対価として謝礼を受け取れる仕組みを作っています。

たとえば、近くのカーディーラーで洗車作業を行い、本人が報酬を得ます(デイサービスは利用料収入を得ます)。

日用品のユニバーサルデザイン商品の開発に協力して報酬を得ます。

認知症の人でも間違えずに使える日用品ならユニバーサルデザインです。

このほかにも多様な仕事があり、デイサービス利用者は自分の仕事を選べます。

デイサービス「DAYS BLG!」の活動報告をみてみますと、結構楽しそうでユニークです(笑)

春に「お花見がしたいなあ」となると、某女子大のなかに樹齢100年を超える桜の木が満開だーってので、女子大に連絡してお花見に行くとか。女子大に堂々と潜入できるチャンスと参加者は全員男性(笑)。

Hondaで洗車の仕事をして作業着を洗濯して干すとか。

楽しそうじゃないですか?

「Honda」と書いてある作業着を着ている人はデイサービスに通っている人、誰が想像します?

役割がある、人の為になっている、これは本人にとってとても有意義なことです。若年性認知症になってもできることはあるんです。お給料ももらえるのです。

なんてすてきなデイサービスでしょう。



◆ 地域に出て貢献するデイサービス「ワーキングデイわかば」

58f8f256a16cb74e5b71d3a042bd036a_s.jpg


神奈川県鎌倉市にある「ワーキングデイわかば」では、高齢の認知症の利用者が地域で活躍できる場をたくさんつくっています。

例えば、地域の講演で清掃作業をすることで筋トレとする。

近くの公園で花を植えるなどの作業をみんなで行い、地域から感謝される仕事。

高齢で庭の草むしりが大変になった人の依頼を受けてみんなで草むしりをして報酬をもらう。


こうした「人から感謝される」ことを筋トレにするとか、なかなか手が回らないことをするとか、認知症になっても高齢者パワーでちゃんとできるんです。

ちはみにこの「ワーキングデイわかば」は厚生労働省の「介護サービス情報公表サービス」にも載っています。





◆ 認知症の本人も「人の役に立ちたい」と思っている。

ad0c434baa99cf6dee461ac4c6840ba1_s.jpg


「認知症になったら介護を受ける人になる」と思っている人は多いのではないでしょうか。

たとえ認知症になっても本人は「人の役に立ちたい」と思っています。人の役に立つことこそが生きがいを生み、人間の尊厳を高めます。

若年でも高齢でも、認知症の人が社会参加をして、日課や役割をもつ取り組みが進んでいます。

昔の「認知症の人に〇〇してあげる」介護から、「認知症の人と〇〇する」介護になり、さらに「認知症の人が〇〇する」本人主体の介護へと進化しています。

これは昔は、危ないからといって何もさせず、訳が分かっていないからとすべてを取り上げる介護からの脱却です。

安心して認知症になれる時代が近づいてきています。

個人の残存能力を引き出して生きがいを創るケア、これが「当たり前」になることでしょう。





◆ 厚生労働省が社会参加活動を後押し!!

デイサービスなどの通所介護保険サービスの利用者が施設の外で活動することは原則禁止でした。

しかし2018年7月に厚生労働省は、広く容認する事務連絡を出しました。

これにより、地域の行事などに参加したり、公園や企業などで有償・無償のボランティア活動が認められました。認知症の人が社会の中で役割をもち、他者に感謝されるような仕組みが徐々に整ってきています。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

<スポンサードリンク>




看護師転職なら業界最大手「ナース人材バンク」新規登録無料!⇩⇩



障がい者専門の転職支援サービス⇩⇩


カテゴリ

タグ

交通安全のために、気を付けるべき10のこと

62a419c75e371edf4435fc32bce825b7_s.jpg


最近とくに高齢者の自動車事故が目に付きます。

昔から高齢者の事故はあったでしょうが、最近は悲惨な事故が続いていることから、国民の関心が高まっているのでしょう。

しかしニュースに流れるから安全運転をするというより、普段から安全運転を心掛けることが大切です。

どうすれば事故を防げるか?

これはなかなか難しい問題で、これっていう魔法はまだないように思います。

いろんな方法を試してみて、複数の施策で「減らす」方向へ向かうようにするしかないのかなと考えます。

そこで、今回は一度初心に帰り、車を運転するにあたり自分なりに考えた安全運転10カ条を提示してみたいと思います。




◆ ①「もしかして」運転に徹する。

運転の経験が長くなると、こうした勘というか、用心というか、そういった考えが頭をよぎりやすくなります。

「もしかして、こっちに曲がってくるんじゃないか」

「もしかして、側道に停まるんじゃないか」

「もしかして、停車中のあの車が動き出すんじゃないか」

もしかして、もしかして・・・・

これが安全に寄与する思考です。

さあ、運転するならいつもこう思いましょう。

「もしかして、もしかして・・・」


◆ ②あわてない、あわてない

あわてると、ろくなことはありません。

車の運転が荒くなりますし、愛車にとってもよくありません。

集中力もなくなります。

普段なら余裕で走れるところも、ブレーキングが遅れてヒヤッとすることも。


慌ててると、前の車にくっつきすぎるようになります。

これがよくない。

また歩行者がいても「もっと早く歩けよ」とイライラすることになり、まあ、何でもあわてるといい事なしです。


◆ ③あわててなくても、集中して運転する。

何か考え事をしていたり、ボーっとしていると、危険を察知するのが遅れることがあります。


あと、信号待ちをしていて、青信号に変ったのにそれに気づかずにずっと止まっている車がいます。

うしろの車から「プップー」とクラクションを鳴らされて、慌てて発進する場面は誰でも経験があると思います。

他のことに気を取られていると、事故の元です。


◆ ④変な思い込みを持たない。

歳を取ってくると、二つの考えに分かれます。

①自分は長年の経験があるし、運転が上手いと思う。

②自分はもう若い頃のように上手くないと思う。

どっちが悪いということではないのですが、安全を考えたら②の謙虚さを持ちたいものです。

これは自分に言い聞かせるべきことですが、私は車が大好きです。

若い頃は兵庫県の六甲山の峠で「頭文字D(イニシャルD)」をやっていました。

ドリフト走行や走り屋をやっていたら、つい自分の運転を過信しがちになります。①の考えを持ちそうです。

これは自分が元走り屋だったから、自戒を込めて言います。


むしろ自動車レースをやっている人のほうが、安全運転です。


◆ ⑤交通ルールを守る。

言われるまでもありませんね。


ただ、炎上覚悟でいいますが、速度制限30kmとか40kmの道があります。

あれは個人的にちょっと遅くに設定しすぎだなあと思います。

40kmって。。。。

ちょっとあんまりです。

市街地だからとか、通学路だからとかあるんでしょけど。


◆ ⑥ちゃんと自分の状況を把握する。

これ!いますよね。

対向車が来ているのに、タイミング悪く右折しようとする車。

こっちが走ってきているのに、本線に合流しようとする車。

走っている車がブレーキを掛けないといけないタイミングで入ってきて、すぐ曲がるのですぐ減速する車。


だいたい、走っている車にブレーキを掛けさせるようなタイミングで入ってくるのはNGです。

待ちましょうよ。

いま入ってくるタイミングではありません。


あと、めっちゃノロノロ運転の車。

それは後ろの車がみんな、イライラします。

バックミラーを見ましょう。あなたの後ろにどれだけ後続車が連なっているか。

前がガラ空きで後ろが連なっていたら、明らかにあなたの運転は遅い。

こういうのもよくありません。

追い越し禁止のところに限って、こういうクルマがいるもんです。

自分の状況をちゃんと把握しましょう。


◆ ⑦服装、特に履物を運転しやすいものに。

サンダルとかはよくないです。ズレる、脱げる、引っかかる。

あと靴を履いているんですが、踵までちゃんと履いていない人。

せっかく靴を履いているのに、もったいないです。それじゃあ、サンダルと同じになってしまいます。


あとはハイヒールなど底が谷になっているものもダメです。ペダルがその谷にはさまってしまう恐れがあるからです。あと踏み位置がズレるとガクッとなり、それも危ないです。


◆ ⑧眠気が出たら、無理せず休もう。

私は仕事がら夜勤がありますから、夜勤明けで運転することがあります。

若い時はそうでもなかったんですが、最近は明けの運転のとき、眠くなることがあります。

これは本当に危ない。


眠気は相当危ないと認識するべきです。

では眠気が出たらどうするか?

もう、寝ましょう。

ちゃんと安全な場所に停まって寝るのが一番です。

そうはいっても寝れないときは、あらかじめ、食べ物や刺激系ガムやらを車の中に準備しておくと、まだマシです。

あとは誰かとハンズフリーで電話しながらとか。

好きな音楽をガンガンに鳴らして一緒に大声で歌うとか。


とにかく眠気を撃退しましょう。本当に危ないです。


◆ ⑨自分は運転が上手いという思い込みを捨てる。

先ほどの話しと被りますが、謙虚さは大事です。

謙虚になり、ゆとりを持って運転しましょう

ゆとりがあれば危険に気付きやすくなります。

ベストなタイミングで運転できます。


横断歩道で渡りたそうな人がいたら、ちゃんと止まってあげるとか、車道に入りたそうな車がいたら止まって入れてあげるとか、そういうやさしい気持ちがほしいですね。


◆ ⑩事故は双方が不幸になると心得る。

事故を起こすと、被害者はもちろんのこと、加害者も不幸です。

その家族も不幸です。

つまり、自分だけでなく周りもみんな不幸になります。



いかがでしたか。

事故を起こしたいなんて思っている人はいないでしょう。

みんなが無事に家に帰りたいのです。


あと、事故は運転手だけが気を付けていたらいいのではありません。

事故は電柱にぶつかるとかあるんでしょけど、相手がいるものです。

だから歩行者も、「私は歩行者。車より優先されるべき存在なのだ」という傲慢な気持ち(失礼)を持つのではなく、譲るとか待つとかしたらいいと思うのです。

歩行者だから何か事故があればこっちが勝つんだ、という優越された考えで歩いているのもよくありません。なぜなら事故はお互い相手がいるものだからです。

事故を予防するのは一人一人の意識の持ちようです。どっちが強い、弱いではないのです(法律論はさておき)。


今日も無事に帰りましょう。





それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

<スポンサードリンク>





看護師転職のサポート。「ナース人材バンク」新規登録無料!⇩⇩




看護グッズ、看護用品は売上ナンバーワン「アンファミエ」⇩⇩




人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーにクリックをお願いします↓

看護師ランキング


↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

言葉に出すと願いが叶いやすくなる⁈話すことで脳は変化する。②

91f57f269b00512ced624a16d4cfbcba_s.jpg


前回では、脳の中にある思いは外に出すことで、脳は変化し、それになろうとして関連する情報に敏感に反応するようになる。客観的にみることで、脳はそれをしない時と明らかに変化するというお話をしました。

今回はミラーニューロンという脳のなかにある、神経細胞のお話です。


あまり聞いたことがない言葉かもしれませんが、タイトルにある「夢を叶える」ことに、この神経細胞は深く関わっていると考えられています。




◆ ミラーニュートンとは?


鏡のお話をしましたが、ここで重要になってくるのが「ミラーニューロン」という脳内の細胞です。

私が手を伸ばして物を取ろうとする。それを見ている他人の神経細胞も、あたかも自分が手を伸ばしたかのように活発化します。

その行動をしているのは見ている他人なのに、見ている人は脳内で、あたかも自分が手を伸ばしているように活性します。

「手を伸ばす」行動をしているのは私なのに、それを見ている人までもが、脳内でその行動をしているように錯覚してしまいます。

こんなことはないでしょうか。

向かい合っている恋人がほほ笑むと、自分も同じようにうれしくなる。

逆に悲しそうな表情をすれば、同じように悲しく感じる。

これらは同じ理由からです。


まるで鏡で映し出されたように、自分の行動と他者の行動が表現される、それが、「ミラーニューロン」。


◆ ミラーニューロンは自己意識に深く関わっている。

cfc7293203a9b677946cca968ca6fee3_s.jpg


この「ミラーニューロン」は自己意識に深く関与しています。

私たちは鏡に映る自分に対して、実は他人として認識します。

鏡を見ることで、鏡に映った自分に対して、他人の行動を目にしたときと同じ「ミラーニューロン」が働きます。

「鏡」自体が他者の役割を果たしてくれます。

私たちは鏡に映しだされた自分の姿を見ながら、「今日の髪型、決まってないなあ」「よし、いい感じに決まった」「疲れた顔しているなあ・・・」と自分の状態をあたかも他者であるかのように、確認したり認識したりするのです。


脳は目で見たものを、自分のことであると認識するとともに、他者としても認識する、なんとも不思議な臓器です。


言葉に出すと願いが叶いやすくなるというのは、願いを書きだされた文字を見ると、脳が現在の自分のこととして認識し、神経の仕組みが変化して、それにまつわる情報を敏感にキャッチするようになるからです。


自分がなりたい夢に近づくように、脳が周りの情報に敏感に反応するようになるということは、実感したことがあるのではないでしょうか。

たとえば、ジョギングを始めた時やハマっている時に、TVから流れるジョギングシューズのCMに反応してしまったり、水分補給にスポーツドリンクのCMに反応したり、そういうことってありますよね。


これは頭のなかでただ思っているよりも、書いてみるとか、誰かに宣言してみるとかして、外に出すことで神経より活性します。

叶えたい夢があるのなら、ぜひ書いてみる、それを目に付くところに貼っておくことをしてみてはいかがでしょうか。


それではではでは最後まで読んでくださってありがとうございました。


<スポンサードリンク>




マイナビ看護師転職のサポート。新規登録無料!⇩⇩



今なら夏までに間に合う!事前予約もここからできます⇩⇩



カテゴリ

タグ

言葉に出すと願いが叶いやすくなる⁈話すことで脳は変化する。①

13cfaabbd296f40434bbe17164747044_s.jpg


脳はまだまだ不思議なことがいっぱいで、人類は完全に理解しているわけではありません。

そこが神秘的で、かけがえのない存在といえます。

脳を解明しようとするのはなにも医学だけではありません。

「脳科学」という学問分野があります。

医学から脳にアプローチをするのは医師ですが、脳科学からアプローチをするのは科学者です。

脳を理解したい、謎を解明したい、と考えるのは医師だけでなく、多くの研究者が思うことです。

では脳科学の視点から、脳をちょっと見てみましょう。




◆ 言葉で脳は変わる。

なぜ言葉を出す(話すだけでなく、書くことも含みます)と、願いが叶いやすくなるのか。

それは言葉を頭の中から出すことで、脳が変化するからです。


たとえば、「将来、僕は弁護士になりたい」と子どもが言ったとします。

そうすると、

ある願いを口にした人の脳は、その言葉を一度も発したことのないころの脳と比べると、明らかに仕組みが変化します。


脳科学者の茂木健一郎さんによると、

願いを口にする前の人間がαだとすると、「僕は弁護士になりたい」と言った人間はα’になる。

同じ人間でも、新しい脳の回路が立ち上がり、「弁護士になるためにはどうしたらいいか」を常に考え、情報収集するようになるそうです。


今までだとTVや雑誌に弁護士に関連することや法律に関することなどが流れていても何気なくスルーするだけだったのが、脳の回路が強化されると、それらの情報を前頭葉がいち早くキャッチしてどんどん脳に送り込むようになります。


頭のなかの言葉を出すことで、脳は変化し活性します。そして自分でその夢に近づこうとする。

こうして夢を手繰り寄せるようになるのです。


◆ 鏡を認識するのは人間だけではない。

先ほどの話しにしても、客観的に自分を見ることは大切です。

言葉を一旦脳から出して、たとえば声なら耳で聞くことで思っていた時と違う刺激で同じ言葉を感じます。

書けば、その文字を目で見ることで、思っていた時と違う刺激を受けます。


皆さんは鏡を見たことがあるでしょう。鏡を見れば客観的に自分の姿を見ることができますよね。

言葉は自分を写しだすもう一つの鏡と言えます。

地球上には鏡を持っている文化圏と持っていない文化圏があります。

一度も鏡を見たことがない人に鏡で自分を姿を見せると、とてもびっくりするそうです。

「鏡のなかに誰か他の人がいる」と思い、そこに写っているのが自分とは分からないからです。


「ミラーテスト」というのをご存知でしょうか?

動物に鏡をみせて、そこに写っているのが自分の姿だと分かるか確認するテストです。

人間であれば、初めて鏡を見る人でも、最初はそこに写っているのが自分だと分からなくても徐々に自分だと気づくようになりますが、動物だと基本的にそれができません。いくら時間が経っても、鏡に写っているのが自分以外の動物だと思って威嚇を続けます。

ところが一部の動物はそこに写っているのが自分自身だと気づきます。

アジアゾウ・オランウータン・シャチ・イルカなどはこの「ミラーテスト」に合格しています

鏡を見せた当初は自分自身の姿と分からずに威嚇をしていますが、徐々に「もしかしたらこれは自分の姿なのかもしれない」と気づき始めます。

鏡の裏側に回ってほかの動物がいないか確認したり、自らさまざまなポーズをとってみたりした結果、

「やはりこれは自分の姿なんだ」

と鏡の中の姿は自分だと確信します。

「鏡の中の姿は自分である」と認識した動物は、飼育員がわざと頭に印をつけておくと、鏡を見てびっくりし、それを取ろうとします。

人間も頭に何か糸くずとかゴミが付いていると鏡を見て取るように、「ミラーテスト」に合格した動物も人間と同じように鏡を見ながらそれを取ろうとします。


f348514e9bb65349e1ce7f152f090fbc_s.jpg192da7fdb385377056b9238d507b5439_s.jpg


「ミラーテスト」に合格した動物は、「他者への共感能力が高い」という共通点があります。

仲間が困っていたりすると助けようとします。他者への思いやりの心があります。もちろん、人間のそれとは程度が低いのですが。


このように客観的に物事を認識できると、していない脳より明らかに変化が生まれます。


では今回はここまでです。

いかがでしたか。

普段あまりこんなことを考えながら生活はしませんから、脳科学者がどんな研究をしているのか、ちょっとだけ見えましたね。

脳は不思議は臓器で、言葉や意識、自覚など説明するのが難しいことをさも簡単にやってのけます。

しかも脳は変化し、学習していく臓器です。

続きは次回で。


それではではでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

<スポンサードリンク>






看護師転職なら業界最大手「ナース人材バンク」新規登録無料!⇩⇩




誰にも知られず性病検査ができます。検査キットも多数。結果迅速⇩⇩



映画、ドラマ、スマホでもTVでもPCでも。Hulu今なら2週間無料⇩⇩





人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーにクリックをお願いします↓

看護師ランキング


↓この記事が役に立ったという方は、niceボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

書くことで脳は活性化する。脳を本気モードにするために思っていることを書いてみよう。

9e3d93851a3070351b62b4e70efb9ea1_s.jpg


脳はとにかく神秘的な臓器です。

他の臓器も神秘的ですが、私は人体のなかでとりわけ脳に魅力を感じ、脳が大好きなちょっとマニアックな看護師です。

今回は脳科学の分野について、脳の仕組みを知ることで、脳を本気モードにしてみようというお話です。

脳が本気モードになれば、やる気になるのと周りに飛び交っている情報を効率よく頭に入れることができます。




◆ 脳が本気モードになるかどうかは前頭葉が決める。

脳が本気を出すためには脳のおでこの所にある「前頭葉」と呼ばれる部位が重要な役割を果たしています。

「富士山登頂をしたい」

「東京大学に合格したい」

と目標を持つとします。

すると前頭葉は蓄積されている今までの記憶の中からもっともそれにふさわしい情報を側頭連合野(そくとうれんごうや)と呼ばれる部位から引っ張り出してきます。

「富士山は高地だし低酸素に気を付けないと。寒さ対策もしないと。たしかAさんは富士山登山の経験があったな。よし彼に聞いてみよう」

「東大合格者の多くは〇〇参考書を使っているという情報がある。これは私も押さえておくか。」

というように、前頭葉が記憶や情報が詰まっている側頭葉から、それについて必要なものを引っ張り出してくれるのです。


でも私たちはいつも本気モードでやる気に溢れているわけではありません。

脳が本気モードになれない、というか阻害しているものは次の三つと言われています。


①コンプレックス

②単調さが続く

③強制や命令を受けている


この三つを取り除けば、脳は本気モードになれる、もしくはなれる体制に入ったということです。


◆ ①コンプレックスはネタにできれば強い

コンプレックスは誰にでもあるものです。

何がコンプレックスかは人それぞれですが、深刻さもひとそれぞれです。


ですが、コンプレックスはひた隠していると、時にいびつな形で表に出ることがあります。

たとえば体形を気にしている人がいて、他人から

「太っているね」

と言われてカチンときて猛烈に怒りだす人。

もしくは必死になって否定する人。

こういう人は間違いなく太っているとこうことにコンプレックスを持っているということになります。


これとは反対に自信のコンプレックスを笑い飛ばしている人もいます。

いわゆる「ネタ」にしている人。こういう人は強いのです。

コンプレックスは否定し続けていると自分がそれに飲み込まれてしまうからです。


自分のコンプレックスを堂々と表に出して笑い飛ばせれるくらいのユーモアのある人のほうが、確実にモテるのです。異性にだけでなく同性にもです。


渡辺直美さんはぽっちゃりを、トレンディエンジェル斎藤さんは薄毛を、明石家さんまさんは出っ歯を。


(まあ、本当に本人がそれをコンプレックスと感じているかはさておき)

世間一般からみてコンプレックスになりうる体形を笑いにして、異性や同性からも支持を得ています。


自分のコンプレックスから解放されて自由になれるからです。


誰しもがネタにできるとは限らないかもしれませんが、ネタにできた時は本当に開放されて自由になれるでしょう。

これはアドラー心理学にも通じます。


◆ ②単調を避けるには目標をわざと作る。

脳の特徴として、単調を嫌うということがあります。

単純作業とか、同じことの繰り返しとか、脳は大嫌いです。

なので、コツコツと継続することは難しいのです。


そこであえて単調さの中でも、目標を作ってしまいましょう。

「あそこまで到達したら、おやつを食べよう」

「何時になればもう解放される」


「定まっていない」ことで脳はやる気がでません。

いつまでやるんだ・・・・

どこへ向かっているんだ・・・・

こういう状態では本気になれと言っても無理というものです。

あえて目標を設定して、ゴールを明確にすると脳も立ち向かいやすくなるのです。


◆ ③強制されているものから、楽しむものへすり替えちゃお。

あと、わざと楽しむということもありです。

先生から

「この分野のことを調べてまとめなさい」

と言われたら、

「そうそう!それやりたかったんだよね。」

とわざと自分の楽しみとしてとらえる。

ゲーム感覚を持って取り組む。

すり替えというやつです。

強制されているものから、楽しむものへすり替えちゃえということです。



脳が本気モードにになるのを阻害している、三つのこと。

これを克服するように日ごろから気を付けていると、脳はますます活性化しやすくなります。


◆ 脳は過去・未来を認識できない。

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s.jpg


タイトルにあるように、書くことで脳は活性化しますし、思っていることを認識しやすくなります。

よくドラマやマンガとかで「東大合格」と書いた紙を部屋に貼り付けてがり勉しているのを見たことがあると思います。

また、「パイロットになりたい」とか「あの〇〇の事故を忘れるな!」と書いたりとします。

パイロットになりたいというのは、将来のこと未来のことですよね。

あの事故のことというのは、過去のことですよね。

でも脳は過去未来が分かりません。

これはどういうことかというと、「パイロットになりたい」と将来のことを書いてても、それを読んでいても、それを認識しているのは現在の自分だろ?

書いたのも読んでいるのも今の自分だろ?

というふうに脳は思うのです。

過去将来の時間の認識ができないのです。

今しか認識できないのです。


脳は過去、未来といった時間軸の感覚はなく、現在しかありません。


したがって、将来「パイロットになる」ということや「東大に合格する」という未来を表す言葉でも脳は、現在のこととして認識するのです。


現在という「今」にいるのに私たちは、自分の未来や過去を具体的に思描くことができます。それは人間は「言葉」を使うからです。

言葉を使うことで過去も未来も表現することができるのです。


脳は過去や現在、未来という時間の変化を認識しません。

過去を表す言葉、未来を表す言葉を使っていても、脳は「今、ここ」で起こっていることとして認識します。


「社長になる」「東大に合格する」という夢を言葉として書いた時に、脳は過去・現在・未来を識別できませんから、未来の夢も現実に実現したこととして認識します。

そうすると、脳から「ドーパミン」が放出されて、脳が本気モードを出します。

本気になった脳は実現するためのアクションを次々と思いつき、それを一つ一つこなしていくことで、さらにドーパミンが放出されて、いつの間にか夢が実現していくことになるのです。


なので、夢を紙に書くということは根拠のある、やり方といえます。

多くの偉人たちが小さい時や若い時に夢や目標を掲げていたのは、そういうことなんですね。


◆ 思っていることを書くことで、脳は客観的にそれを認識できる。

41f8683b3d5efedcf28ffb81ae06af21_s.jpg


こうしてみると、思いをアウトプットすることで、脳はそれを現実のものとして認識し、実現するためのアクションを起こしていこうとします。

これは先ほどの時間軸の話しに加えて、脳は書いたものを客観的に認識するからです。


私たちが思っているよりも脳のなかの情報はぼんやりしている。

「あー、さっき思いついたアイデア何だっけ?」

「あの時はこうしようと思っていたんだけどなあ」

ということってないですか?


それくらい「思う」ことはぼんやりしているのです。

だからメモをとるとか、復習するとかしないと定着しないのです。


たとえば「社長になる」と思っているだけでなくて、ちゃんと書いたとします。

すると「社長になる」という文字を見たことで、脳はこれを客観的に認識します。ただ頭のなかだけにあった言葉が、文字にしてそれを読むという過程を経ることで、あたかも外から眺めるように、客観的に見れるようになるのです。

そうすると脳に定着しやすくなります。


◆ 思いを実現したければ、頭の中のことを外に出してみよう。

f9732b27adf15f3735480666ba346a9e_s.jpg


書いたものを見るたびに「そうそう、私にはこういう目標があったんだ」と脳の記憶をつかさどるところに夢や目標がインプットさて、強い記憶として残ります。

本気になった脳の前頭葉が、側頭葉からその夢を実現するためのさまざまな情報を引き出してくれます。


夢や目標を書いてそれを何度も見ることで記憶が定着し、その記憶が脳の潜在能力に働きかけて夢をかなえる力を引き出してくれます。


ブログやツイッターやフェイスブックなどのインターネットでの書き込みも効果があります。

なにも紙だけにこだわらなくてもいいのです。


ブログを書くことは自分の人生の日記を書いているようなものです。

ブログを読めばその人の考えていることや人物像が見えます。


ただ思っていることや考えているだけでなく、それを頭の外に一旦出してみる。

そうすることで脳は活性化します。


ぜひ、アウトプットすることをおすすめします。


それではではでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

<スポンサードリンク>

看護師転職のサポート。新規登録無料!⇩⇩




笑えぬコンプレックスよ、さらば。今なら夏までに間に合う!⇩⇩



全国120万人の包茎諸君!自分でできる。結果が出ないと全額返金だ!⇩⇩




人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーにクリックをお願いします↓

看護師ランキング


↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

リハビリはオーダーメイドで受けるのが本来のありかた。オーダーメイド・リハビリのすすめ。

b658f8000a60d94a77a492f3863b692f_s.jpg


リハビリはその人に合ったプログラムを作成し実行していきますので、本来一人一人違うものです。

そして、量をこなすことで成果が出やすいので、とにかく繰り返し量をこなすことは大事です。

では質はどうかというと、リハビリ職であるセラピストは患者さんが行っている量を上回る質を追求して指導してくれます。

リハビリは量と質がうまく混ざって相乗効果を発揮するようにもっていくことが大切です。

ではオーダーメイド・リハビリの概念はどういったものでしょうか。




◆ まずは圧倒的な量をこなすことで、基盤の底上げをする。

イチローにしても、羽生結弦選手にしても、プロブロガーのイケダハヤトさんにしても、その道で実績を出している人は他のライバルよりも圧倒的に量をこなしています。

なんでもそうですが、最初は誰でも下手ですし、上手くできません。

うまくなろうと思ったら、他者を圧倒する量をこなすしかありません。

センスの問題があったとしても、圧倒的な量をこなせばそれをカバーできます。


592bdd5680856031a3ff8f9db164f622_s.jpg


リハビリも圧倒的な量をこなせば、実はほとんど方に成果が出ます。

「そりゃあんだけやれば、成果が出るよ」

と言う方がいて、ほんとにその通りです。

自分ではもう十分な量をしているつもりでも、上には上がいるもので、まだまだ絶対的な量が足りないことが多いのです。


imagesAHEEVD0M.jpg


ちょっと厳しいことをいいますが、やはり成果を出そうとしたら、量で補うことが必要です。


あまり自己練習をしないのに成果が出ない出ないと嘆いているのは、当然のこと。

月に1回とか2回しか練習しないで大きな成果を期待していたら、それは無理ということになります。


毎日、コツコツと継続していくと、数年後にはとんでもない高みに到達できるのです。


◆ セラピストとしてはオーダーメイドこそ、真価を発揮できるおすすめプログラムといえる。

そもそもリハビリはその人に合ったプログラムを作成し実行していくものです。

病院でもそうです。

しかし、一旦退院して病院から離れてしまうと、世の中のリハビリは画一的なリハビリがたくさんあって、知らぬ間にそうした画一的なリハビリの中でいることがあります。

退院後通院でリハビリをしている人はまだ少しオリジナリティがあるでしょうが、例えばデイサービスや町のリハビリ教室はほとんどの所が画一的なリハビリで、みんなでやりましょう的なものです。


そうではなくて、本当にその人にとって最善のプログラムを実施できる専門のリハビリ施設でみっちり指導してもらうのがいいと考えます。

保険外の施設ですが、やる価値はあると思います。


最近は保険適用外で、オーダーメイドでプログラムを作成し実施してくれる施設が増えてきました。

最新のリハビリ学からのフィードバックを受けられるのと、病院ではいろいろなしがらみや制約があって、セラピスト自身がやりたいことができないという不満があり、患者さんのリハビリ機会を逃していることが多くあります。

セラピストもそのことを実感していて、病院を飛び出して自由にリハビリができるそうした専門施設への関心が高まっています。


781baf94c6125ddf7b024cb30bb0ccf9_s.jpg


入院期間は限られています。

退院後の生活のほうがはるかに長い。ならば退院後の自主トレーニングの量と質がものをいいます。

以前も言ったように、何年経ってもリハビリの成果は出るのです。


保険適用外のところはやはり金額も張ります。

何十万もすることは普通です。

しかも地方では無いこともあって、通いにくい人もいらっしゃるでしょう。

なので、あんまり強くおすすめをすることはしにくいのですが、オーダーメイドでやってくれるのは魅力的です。


一口にリハビリといっても、患者さんの身体の特徴や性格は千差万別ですから、やはりオーダーメイドのほうが理にかなっています。


私は看護師ですが、セラピストの方の声を代弁しますと、オーダーメイドのリハビリこそ患者とセラピスト双方真価を発揮できるやり方なのです。


◆ すべてはプラスに考える、くらいの前向きさが欲しい。

とはいっても、継続してしんどいことをするのはなかなか難しいものです。

つい怠け心が出現してしまいます。


考え方を、なんでもプラスに考える癖をつけるようにするのが理想です。

リハビリはやってもすぐに成果が実感できないものですから、長い目でみていく必要があります。

上手くいかない時もありますし、上手くできるときもあります。

日によって波があるものです。

そういうもんだと思って、淡々とコツコツと続けていく。


56b5ed34819dab40167bccd1317a7e0c_s.jpg


オーダーメイド・リハビリは高価なので、逆に「ちゃんとしないともったいない」と思ってやるかも知れません。


まるで息を吸うように自然とリハビリをやっている、という状態に持っていきたいですね。


それではでは最後まで読んでくださってありがとうございました。


<スポンサードリンク>

看護師転職なら業界最大手「ナース人材バンク」新規登録無料!⇩⇩




誰にも知られず性病検査ができます。検査キットも多数。結果迅速⇩⇩




看護グッズ、看護用品は売上ナンバーワン「アンファミエ」⇩⇩




カテゴリ

タグ

みんな意外と知らない「5年生存率」の真実

9f69ea47be3440d3dfc66c3b9371b32b_s.jpg


皆さんは「5年生存率」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

よく医師は、がんなど悪性疾患の予後を患者さんに話す時に使われる言葉です。

「5年生存率」の意味は、その文字どおり、5年後に生きている確率です。

しかしこの「5年生存率」はさまざまな要因を解釈する必要があり、一概には言えないコトバなのです。




◆ 年齢や病気の種類によって解釈は変わる。

「5年生存率」は、たいていあまり患者さんの年齢を考えずに話されることが多いことをご存知でしょうか。

仮に90歳の患者さんに、

「あなたのガンは5年生存率40%です」

と言っても、

「もう90歳だし、そもそも90歳の人が95歳まで生きる確率は何%なの?」

ということになります。

もしかしたら40%以下かも知れませんよね。

このように、年齢によってもずいぶん解釈は変ってくるのです。


何らかのガンになって、医師から「5年生存率は40%」と聞いてどう思いますか?

多くの人の場合、死の宣告をされたかのような絶望の気分になってしまうのではないでしょうか。
問題は、これを聞いた時に、どのくらい「生きられる」と感じるかです。

「そうか、あと5年も生きられないのか」

「それで死ぬんだな」

と感じてしまうのではないでしょうか。


でもこの「5年生存率」は、病気の種類によって解釈はかなり違ってきます。

まず一つは、「5年以上生きた人はどうなんだ?」という点です。

ガンの種類によっては「5年以上再発が無ければ、完治と考える」というものがあります。

この場合、5年生存率は。治癒を意味する確率となります。もう治癒したのとイコールだろうというわけです。

「5年生存率は40%=治癒率40%」

といえます。

こうなると感じ方もかなり変わってくるはずです。


◆ 必ず再発するがんの場合、どうとらえるか。

66b888d67734202cacf23b0b93cd3acd_s.jpg


逆に必ず再発してしまうガンの場合はどうでしょう。

これは悪性のグリオーマという病気がありまして、基本的には、残念ながら治療を尽くしても治らない病気です。

この病気の場合、5年生きられる確率が何%であって、実際に5年生きられたとしても、そのあといつまで生きられるかは分かりません。

グリオーマのような悪性の高い腫瘍の場合は、年数が経てばたつほど、どんどん再発率が高くなるので、つらい現実となります。


◆ まとめ。正確に余命を表しているとは言えない。

いづれにしましても、5年生存率という言葉は、いかにもはっきりと人の余命を表しているようにも思えますが、実はそうとも言えないということが分かります。


ガンの性質や年齢、全身状態、などいろいろ加味して考えないと現実的ではないのです。


ここで国立がん研究センターのサイトからの引用です。

5年生存率あるがんと診断された場合に、治療でどのくらい生命を救えるかを示す指標。                           あるがんと診断された人のうち5年後に生存している人の割合が、日本人全体*で5年後に生存している人の割合に比べてどのくらい低いかで表します。                           100%に近いほど治療で生命を救えるがん、0%に近いほど治療で生命を救い難いがんであることを意味します。                                              * 正確には、性別、生まれた年、および年齢の分布を同じくする日本人集団。


患者さんとそのご家族にはとても気になる言葉ではありますが、条件や解釈でとらえかたはずいぶんと変わります。

無視はできませんが、あまり%の数字に引きずられることが無いように考える必要があるのかもしれません。


それではでは最後まで読んでくださってありがとうございました。


<スポンサードリンク>

看護師転職のサポート。新規登録無料!⇩⇩




早期発見で助かる命があります。脳ドッグもあります。全国対応⇩⇩





人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーにクリックをお願いします↓

看護師ランキング


↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

情報は自分から取りに行く - 大量情報社会を有利に便利に暮らすためにやるべきこと。

aa564d79f665f73d08f5cf73fe8b3002_s.jpg


現代の1日の情報量は、江戸時代の1年分といわれています。


毎日多量の情報が世にあふれていて、まさに情報の海の中を泳いでいるかのよう。

私は毎日、雑誌や本やTVやSNS,ブログ、ニュースアプリ等から大量の情報をインプットしています。

看護師だからといって、看護や医療や福祉などの分野にとどまらず、ありとあらゆる分野の情報をインプットするようにしています。

なぜ、このように大量の情報を得るようにしているのかというと、これからの時代は「たくさんの情報を避けれないのと、たくさんの情報を知っていることにアドバンテージがある」からです。

では毎日の大量の情報とどう付き合っていけばいいのでしょうか?




◆ 毎日、大量の情報のシャワーを浴びる。

スマホをお持ちの方は多いと思います。

今はスマホで何でも情報が手に入ります。

情報系のアプリはたくさんあり、大量の情報をカテゴリー別に分けてから送ってくれたり、要約してくれていたり、自分の好みの分野に整理できたりと、ただ情報を流すだけではなくてユーザーにとって非常に便利になっています。


職場のスタッフが比較的若い年代(20代~30代)が多いため、私はよく彼らと話をします。

若い年代の人たちは、私よりももっとスマホやインターネットに慣れ親しんでいる世代です。

ですが、情報量はそんなに多く持っていないように感じます。

「え、そんなの知らない」

「ふーん、そうなんですか」

というように、私が言う新しい言葉が分からなかったり、ニュースでよく流れていることを知らなかったりするのです。

これは一人や二人といった単位ではなく、もっと若者全体に言えることです。

もちろん私の交流範囲の限界もありますから、これをもって若者全体といえませんが、若い人と話すと流行りのことや今までにあったことを意外と知らないことがよくあるのです。


情報をたくさん知っておくことは、将来必ずいろんなことで有利になります。


まるでシャワーを浴びるように、大量の情報を浴びる。

この情報は自分にとって必要か不必要か、意味があるかないのか、興味があるかないのか、そんなことを考えているから情報不足になってしまうのです。

情報の価値が流れてくる段階で分からないのなら、つまり情報の質が分からないのなら「量」を多く取り入れることです。

つまり「質より量」を選ぶのです。


そのためのアプリがあれば、うまく利用するといいです。

「グノシー」・「スマートニュース」・「LINEニュース」まだまだあります。

ちなみに私はこれらをスマホにダウンロードして、毎日見ています。

他にも新聞、TV、Yahoo!ニュース、コメント欄などたくさんのツールから大量の情報を得ています。


こうした大量の情報を浴びていると、自然と取捨選択ができるようになってきます。

今はそれほど重要でないなと思う情報は、流せばいいのです。今は忘れてしまってもかまいません。

でもいずれその情報が必要になったとき、「あ、これはそういえば、あのニュースで言ってたなあ」「あの人の情報で同じことを言っていたなあ」と頭の片隅にポッと浮かんでくる。

そうしたら、検索をすれば元の情報にたどり着きます。


これは大量に情報を浴びているからこそできると思います。


せっかく便利なアプリがたくさんあるのですから、利用しない手はありません。

しかもほとんどが無料です。


ここまでくると、お分かりでしょうが、情報は自分から取りに行くことことが大切です。

今はボーとしていても情報があふれていますが、それでも自分から取りに行こうとしないと、さっきの若者のように自分の周りにある大量の情報に気付かないのです。


◆ インプットとアウトプット、この両方を毎日行う。

大量の情報を浴びるようになれば、次は自分から情報を発信していきましょう。

アウトプットというやつです。

アウトプットをすることで、自分に知識として定着しやすい。

知識の量は情報の量といえるでしょう。

難しいことをとても簡単に分かりやすく他人に教えることができる人は、教えている何十倍もの知識を持っているからこそできるのです。

「あの人の知識は半端ないですねー」

と言われる人は知識がすごいのではなく、インプットされている情報量が半端ないのです。

たとえば家電製品についてめちゃくちゃ知識を持てって詳しい人がいます。

その人はその分野にかけては、人よりも圧倒的に情報を持っています。

これとこれとでは機能がどう違うのか、どこの店が安いのかポイントがお得か、製品の歴史や開発秘話まで知っています。

家電製品のことに関する情報を何でもかんでも大量に浴びているからこそ、圧倒的な知識があると周りが認めるのです。


アウトプットをすると、この知識がより洗練されて再び世に出ることになります。

これは相手にとっても有益なことです。

ぜひ、インプットをしたのなら、アウトプットもするようにしていくといいと思います。


◆ 必要な情報の取捨選択が自然とできるようになれば、未来を掴みやすくなる。

f74d61f5ae2800db8f33d2898a1dcfbe_s.jpg


あることを人よりも自分が先に知ることができたら、それは未来を知っていることになります。


Aということを今、私が知るとします。友人は同じAを一年後に知るとします。

そうすると、私は友人よりも先に未来を知っていたことになります。なぜなら友人は一年前はAを知らないからです。

このことはビジネスにしても、何にしても、先に知るということは有利に働くのです。

ここに気付くのが大切です。


もう一つ例を出すと、

受験制度が変わることを知らないYさんが受験勉強をしています。

Yさんの受験のときから、英語のテストに記述・ヒアリング・に加えて「対話」が加わることになります。

Yさんは情報収集が不十分で、自分の受験時に「対話」があることをつい最近まで知りませんでした。

受験まであと一か月です。

そうなるとYさんの受験は準備不足で非常に不利になります。

気持ちの動揺もあるでしょう。


このように情報を先に知っておくことで、先回りをして対応することが可能になります。

情報を早く知ることは、未来を早く知ることになるのです。


情報通の人に注目してSNSなどの発信を見るのもいいでしょう。

先ほどの「グノシー」や「スマートニュース」等の情報アプリを毎日見るのもいいでしょう。


そうやって周りが知らない情報をいち早く知ることで、未来が分かり、対応することができます。


目まぐるしい情報社会では、こうしたことがしんどいと思う人もいるかと思います。

そこまでしようとは思わないという人もいるでしょう。


それはそれでいいと思いますが、歳をとると情報弱者になる可能性があります。

歳をとれば身体の機能が落ちてくることはみんな平等にやってきます。

このとき、身体の衰えを補う素晴らしいモノや制度があるのなら、知っていた方が老後をストレスなく快適に過ごすことも可能です。

「世の中にはこんな便利なものがある」

ということを知っているか知らないかで、自分の生活スタイルが変わってくる時代なのです。


私は高齢者のケアをしていてこんな高齢者に出会います。

トイレのウオッシュレットを使ったことがないという高齢者です。

だいぶ前からデパートやレストランや駅やホテルやらどこでもトイレにはウオッシュレットが普及しています。無い所もありますが、無いほうが少ないくらいウオッシュレットは普及しています。もちろんご家庭にも。

ウオッシュレットの歴史は50年以上もあるのです。

それなのに、

「そんなもん、使ったことが無いわ」

という高齢者はたくさんいるのです。


歳をとれば、お尻に手が届かなくなったり、上手く立てなかったり、今までちゃんとできていたことができなくなってきます。これは誰でもそうなるのです。

でもウオッシュレットを使えば、苦労をしなくても簡単にしかもキレイにお尻を洗えるのです。

ウオッシュレットの便利な機能を知らないゆえに、しなくていい苦労をしているのです。

今あるものを使って便利に安全に生活ができるのに、知らないというだけで使わずにいる。


情報はなにもニュースだけではありません。

身の周りにあることすべてが情報です。

これらをたくさん知っていることで、生活の質が向上すると思います。


ちょっと疲れるかもしれませんが、やっている人はそのうち情報のシャワーを浴びることが日常的になります。

なんでも貪欲に知ったことは、いづれ役に立つことがあります。


それではでは最後まで読んでくださってありがとうございました。


<スポンサードリンク>








人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーにクリックをお願いします↓

看護師ランキング


↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

認知症高齢者の一人暮らしが不安です。対策は?見守りは?不安解消のアドバイス

a5820b8de273cf1ca0750b645ca09d67_s.jpg


認知症になったら一人暮らしはできないのでしょうか?

いいえ、できます。

できますが、不安を持つのは当然です。

不安解消のためには、どのような関わりや考え方がいいのでしょうか。




◆ 他人が手伝うと、とたんに自分でしなくなる。

認知症になっても一人暮らしはできるのです。
まがりなりにもできるのに、周りが「危ないから」といって子どもの家に同居させたり、施設にいれたりすると、とたんにできることができなくなるものです。
認知症が始まったからといって、たちまち身の回りのことができなくなるわけではありません。

まがりなりにも生活ができているうちは、自分でさせてやるのが一番です。

周りが手を出してやることを奪ってしまうと、たちまち認知症が進みます。


周りのよかれと思っていることが、実はあだになってしまうのです。


ですから、認知症だからといっても、何とか生活できているうちは、そうさせておいたほうがいいのです。


91a785cd4d93cd6420a5f7227eff1e27_s.jpg


私の経験でもそうです。

94歳の女性が一人暮らしをしています。中程度の認知症があります。脱水や誤嚥で入院も何度かしました。一人で歩くことはできません。本の数メートルくらいなら伝え歩きで行けるくらいです。言葉は失礼ですが、もうヨボヨボな感じです。

でも一人暮らしができるんです。

訪問介護も使っていますが、うまく機能しているのでしょう。

社会福祉サービスを利用していいんです。そのための制度ですから。


ちなみにこの94歳の女性の息子さんは、

「ボクが家に行ってあれこれ手伝うと頼ってくるから、あまり家には覗きにいかないようにしています。」

「なるべく自分でさせてあげてください。すぐに人に頼ってできなくなるから。」

「母は自宅で死にたいと言っています。できるだけ自宅生活をさせてあげたい。」

こういうお考えを持っておられます。


で、実際に一人暮らしができているんですね。


認知症になっても、なんとかできる人が結構いるのです。

もちろん、あまりに症状が進行してしますとやはり難しいでしょうが、常に誰かを必要とする状況(行方不明の危険性がある、一人でご飯が食べられない等)でないのなら、なんとかなるものです。


実際に認知症で一人暮らしをしている方は意外といるのです。


まったく放置しておくわけではありませんが、地域のなかでまがりなりにも生きていけるのです。


◆ 一人暮らしは、認知症の方の自立を促せる。

医療者は決まって「認知症があるから一人暮らしは無理です」と言うでしょう。

私は看護師をしていて、病院で勤務をしていますからよく分かります。

多くの医療者は無難な道を選ぶのです。

もし、一人暮らしをしてなにかトラブルが発生したら、「病院が一人暮らしができると言ったじゃないか」と病院側の責任にされるのを恐れるからです。

ちょっと心配だなぁという段階で、もう一人暮らしの可能性を否定してしまいがちです。

認知症の方の自立を諦めるように助言をするのが一般的に多いと思います。


でも前項のような例があるように、一人だとどうしても自分でなんとかしようとして考えるものです。

別の例ですと、今まで一人暮らしをしてきた認知症の患者さんが入院してくると、たちまち自立する力が落ちて退院後は施設入所というのをたくさん見てきました。


たしかに認知症になると今までできていたことが少しずつできなくなります。

でも必要以上に周りが手を出すと、さらにできなくなります。

その人の持っている能力を最大限発揮できるように、いい塩梅のお手伝いをしていくのが大切です。

これはけっこう難しいことですので、ケアマネージャーさんとよく相談したほうがいいでしょう。


◆ 型にはまった生き方をしなくていいんです。

認知症になると今までできていたことが、徐々にできなくなります。

家の中や外が汚くなってきたり、約束事が守れなくなったり、さまざまなことができなくなってきます。

そうすると近所から悪評判が立ちます。

「〇〇さんとこ、最近危ないんじゃない?いつか火事でも起こすよ」

「息子さんはひどいね。こんな状態になっている親の面倒を見ないんだから。はやく施設にいれるとか自分で見るとかしないと大変なことになるよ」


家族はこれに耐え切れずに施設に入れたりしますが、そうすると介護スタッフがいたり、立ち上がると転倒するから勝手に立たないでと言われたり、何をするにもナースコールを押してねと言われ、押さないと怒られ、自分から何もしなくなってしまいます。


これは誰もが望んだ老後ではないはず。


私たちは認知症の一人暮らしの人に、今までの価値観を求めすぎているのです。

認知症になると、当たり前だったことができなくなるんです。

夜は起きてゴソゴソしている、ゴミ出しの日にちゃんとゴミを出さない、畳の上でいつの間にか寝ている日々、ご飯は三食食べない、風呂はめんどくさくて毎日入らない、同じ服ばかり着ている、


こういうことになりがちですが、いいじゃないですか。


これを許せないから、一人暮らしを否定する考えになるのです。


パジャマに着替えなくても寝れるじゃない。

絶対パジャマに着替えないといけないことはないのです。


本人が困っていないのなら、そっと見守るくらいの余裕がほしい。


危ないなら、そっとお手伝い。


あくまで本人に任せる。


どうしても無理ならケアマネージャーさんと相談して、介護サービスを見直すなり対応しましょう。


◆ それでも不安なら、こんなサービスもあります。

それでも不安なら、電気の使用で安否確認ができる民間のサービスがあります。

昔、電気ポットの湯沸かしをしているかどうかで安否確認をするというのがありました。

でも普段の生活は、電気ポットで湯沸かしだけをしているわけではありませんよね。

電気ポットで湯を沸かしたからこれで安心、今日も元気だねっというのは、ちょっと疑問です。


そこで、最近はこんなすごいサービスがあります。

東京電力エナジーパートナー×NNコミュニケーションズが提供する

遠くても安心プラン」



これはカメラを家中に設置して見守るのではなく、


8つの家電を使って電気の使用状況から見守るタイプのサービスです。


普段どおりの生活をしているだけで、そっと見守るサービスです。

index_merit_01_img.png

画像:HPより引用

よく使う家電、8つをそれぞれ電気使用を監視して異常がないか見守ってくれます。


異常な使用状況がないか、または普段の使い方をメールで送信してくれます。

index_summary_01_img.png

画像:HPより引用


異常があれば教えてくれます。

alert_longtime_img.png

画像:HPより引用

たとえば長時間、掃除機がつけっぱなしだと、自動的にメールを送信してくれます。(認知症や転倒して動けないなどの早期発見につながります。)

alert_midnight_img.png

たとえば、昼夜逆転で夜間に起きている場合、

「〇〇さんは、最近深夜時間帯に家電をお使いのようです。

生活リズムが崩れている可能性があります。

なにか変わったことがないか、一度ご連絡をしてみてはいかがでしょう。」

といったメールが届きます。


このメールは最大5人まで送信ができます。

なのでヘルパーさんに登録しておくと、いつも来てくれるヘルパーさんに異常の連絡がいくことも可能です。

また、異常時にはスタッフを自宅まで派遣させることもできます。

電気会社に関係なく、全国どこでも設置できます。


最近はこうした便利で安心なサービスがあり、認知症の方の一人暮らしをサポートしています。

興味がある方はこちらからどうぞ⇩⇩



このように周りのサポートで一人暮らしが可能になるのであれば、無理に施設に入れてしまう必要はありません。

使えるものは何でも使うことが大切です。

本人が困っていないのなら、近所に迷惑がかからないのなら、一人暮らしはまがりなりにも可能になります。

これからは国も在宅医療を推進してくるのは間違いありません。

「何が何でも在宅で」ということではなく、周りが少し寛容になれば認知症の方でもまだまだ一人暮らしができるのです。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。




カテゴリ

タグ

病院のあの独特の匂いが苦手ですか?病院臭の対策を考える。

80bd17027c3aa796f94332aeea6d1f64_s.jpg


病院に入ると、病院特有の匂いが感じられると思います。

あの独特の匂いは一体何なのでしょうか。


ところでアメリカの病院では、日本で感じたあの独特の匂いがしないんです。

全部のアメリカの病院を訪ねたわけではありませんから、ほかの病院がどうかは分かりませんが、とにかく日本と違って独特の匂いがしません。

その代わりおいしそうなコーヒーの香りがエントランスに漂っていたのです。


さて、日本の病院はなぜあの匂いがするのでしょうか?消せないのでしょうか?




◆ 匂いの原因はなにか?

これは主に消毒液の匂いです。

そのほかにもオムツ交換の時のあの匂いや薬品の匂いやソファーや器械に染み付いている匂いなどがあります。

また、どの病院でも入院しているのは高齢患者さんが圧倒的ですので、加齢からくる老人特有の匂いも大きいのです。

病院はたいてい風通しが悪く、窓をあまり開けませんから、どうしても人の匂いも籠りやすいのです。


消毒の匂いが主ですが、これは次亜塩素酸ナトリウムの匂いがあります。

看護師さんもよく使っています。

いわゆるハイターもそうです。


このように匂いが充満しやすい環境が病院といえるでしょう。

換気をするのは大切ですね。

なかなか出来ていないことが多いのですが・・・


◆ 匂いの元を断ち切るように、普段から気を使う

日本の病院はどこも、あの独特の匂いがするわけではありません。

ちゃんと意識して匂いの元を断ち切るように努力している病院は、匂いがしないのです。


たといえば、よみうりランド慶友病院の大塚亘夫医師によると、

『匂いの管理いついては、病院を始めた当初から、とてもこだわってきました』

と著書のなかに書いてあります。

汗をかいたらすぐに着替えるとか、オムツが匂ったらすぐに交換するとか、口臭がでないように歯磨きをしっかりするとか、とにかく匂いの元を絶つようにした結果、病院の中であの匂いがしなくなったそうです。


あと芳香剤は匂いの元がどこか分からなくなるから置かないそうです。


この本は阿川佐和子さんと共著です。主に介護についてのことが書いてあります。

介護で悩んでいる方や介護をしている方にとって参考になることがいっぱい書いてあります。

「好きなものなら、喉を通る」

というくだりは、とても新鮮でなるほどと思いました。

気になる方はどうぞ!⇩

看る力 アガワ流介護入門 (文春新書)

看る力 アガワ流介護入門 (文春新書)

  • 作者: 阿川 佐和子
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2018/06/20
  • メディア: 新書

こうした努力のおかげでいやな匂いはなくなるのですが、ここで問題になるのは、こうしたことを継続していくためにはものすごくスタッフの負担がかかるということ。


やはり人手不足は非常に深刻です。

このブログでも何度も書いているように、本当に人手不足です。

人手不足を理由にするとはけしからん、という声があるかもしれませんが、そんなこと言ってられないほどの人手不足なのです。


なので個人的には、掃除のおばちゃんがいるので、そういう清掃のアウトソーシングを上手く使って環境改善ができればいいかなと考えています。


◆ アメリカでは病院臭がしない?

アメリカでは日本のような匂いがしないことが多いようです。

私の経験でもそうです。

私の行った病院では、玄関に入るとコーヒーのいい香りがしていました。


アメリカの病院では、鉗子類など消毒、滅菌をするための運搬通路と患者、家族が通る通路が別に用意されています。

医療機器や材料を運搬する道が用意されているのです。


このことは、スムーズは運搬が可能になるのと、消毒液の匂いが蔓延しないこと、そして感染物を同じ廊下やエレベーターで運ばないので安全といったメリットがあります。


これは土地が広大であることと予算が桁違いというスケールの大きさがあるからでしょう。

日本だと建築案の段階で上がっても結局「予算オーバー」「そんなことでスペースと予算を使うのはもったいない」「必要なし」と言われて、はいサヨウナラになるでしょうね。


いいアイデアにはちゃんと予算をつぎ込む、いいアイデアは採用する、こうありたいものです。


◆ まとめ

病院の独特の匂いの原因は主に消毒液の匂いです。

あとはオムツや加齢臭やいろいろな匂いが混じっています。

換気がしにくいのも原因の一つですし、従業員の業務用通路と患者通路が同じになっているのも原因の一つです。


しかし、こまめにオムツ交換や更衣や口腔ケアなどをすれば、匂いの元を断ち切ることができ、消毒液を使っている現状でも匂いは気にならなくなるくらいに軽減できます。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。


ここでもう一度ご紹介。

介護のことで悩んでいる人へ。介護の仕事をしている人にも

いいアイデアやアドバイスが詰まっています。⇩

看る力 アガワ流介護入門 (文春新書)

看る力 アガワ流介護入門 (文春新書)

  • 作者: 阿川 佐和子
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2018/06/20
  • メディア: 新書


カテゴリ

タグ

スポンサードリンク?
[晴れ]
[晴れ]
[晴れ]
[晴れ]
[晴れ]
[晴れ]
自宅で誰にも知られない!保険証不要!受け取り方法を選べる!男女OK
Copyright © 回復期リハビリテーション男性看護師のブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます