So-net無料ブログ作成

カテゴリ:医療スタッフ

リハビリ効果を上げて高齢者のやる気を引き出す

139914b74ad71c7a953fbec2d3204862_s.jpg


◆ 高齢者のやる気を出す方法はとてもシンプル

高齢者がリハビリを嫌がるという記事を書きましたが、今回は「高齢者のやる気を引き出す方法」を書きます。

Google検索で「高齢者 やる気を引き出す」「高齢者 リハビリ やる気」と検索すると多数のサイトがでてきます。上位表示されているサイトの中を読んでみると、要求を満たしてあげるとか目標は低く設定するとか一緒の仲間と運動するのがいいとか家族がサポーターをするとかいろいろ書いてありますが、私の答えはとてもシンプルです。

それは「褒めること」です。

ではその理由を述べます。

◆ 一番効果があるのは「褒める」こと

この効果はやる気を引き出すために、リハビリの効果を上げることです。リハビリ効果が上がると、患者さんのやる気が引き出せます。


医療ジャーナリストの市川衛氏の記事によりますと、

2010年、アメリカや日本など7カ国で国際研究が行われました。

脳卒中の患者さん179人を調べた結果、歩くリハビリをする際に「ほめられた」患者さんは、「ほめられなかった」患者さんより、歩くスピードが大幅に速くなることがわかったのです。 

研究のリーダーで脳卒中リハビリの世界的権威、ブルース・ドブキン教授(UCLA神経リハビリテーション科)に直接伺ったところによると、最新のリハビリ器具や医薬品でも、これほどの効果をあげるのは容易ではないのだそうです。

20161022-00063327-roupeiro-003-21-view.png

ブルース・ドブキン教授(市川衛氏の記事より)

20161022-00063327-roupeiro-004-21-view.jpg

ちょっと見にくいですが、上の表は、リハビリの結果、どれだけ早く歩けるようになったか?を調べたテストの結果です。

ほめられたグループは、10秒間で9.1m歩けるようになった一方で、ほめられなかったグループは7.2mに留まりました。

リハビリ開始前からの改善効果は

およそ1.8倍。

全く同じ内容のリハビリをしたのに、結果には大きな違いがあわらわれたのです。

歩く速度は、生活の質に大きく関係します。例えば横断歩道を信号が変わらないうちに渡れるかどうかによって、外出のハードルは大きく変わりますよね。

どうして「褒める」ことで大きな効果が出たのでしょうか?

ドブキン教授は

「私たちの脳には、「報われる」ことに反応する特別なシステムがあります。

今回の研究で、私たちは「ほめる」というシンプルな方法により、このシステムを刺激することに成功しまた。それにより、大きな改善を得られたと考えています 」

と述べています。

 さらに、

脳はいつも、ほめられたがっています。

これは脳が自らをよりよいものとするために持つ基本的なシステムです。

私たちが調べるかぎり、国籍や人種、文化にかかわらず同じシステムを、私たちの脳は持っています。

だからこそ、周囲の助けが必要です。

その人の成長を見つめ、よりよい方向に行ったときにそれを気づき、ほめてくれる人が、必要なのです。


教授はそう述べて、褒めることの効果を説明しています。

そして私はこれを実践してみると、高齢者の「やる気」も引き出すことができたのです。

嘘のほめるは絶対にダメです。真実を具体的にすさかず褒めることで、やる気も出てきた患者さんが多数いました。やはり脳は褒められたがっているんです。

脳は褒められると快感を感じます。そしてまた同じことをすることで快感を得ようとします。つまり褒められたことをまたしようとする。上手くいったことを褒められるとそれをしようとするのです。これがリハビリ効果をもたらすのと、やる気を引き出すのです。

実際にやってみると効果を感じる事例はたしかにあります。

やってみる価値はあると考えています。


◆ どう褒めたらいいのか?

3つのポイントがあります。


①「具体的」に褒めよ

②「すさかず」褒めよ

③目標は「低く」せよ


①の「具体的」にはたとえば、歩行距離が0.5mのびたら、「昨日に比べて0.5m多く歩けましたよ!」というように褒めるということです。

「いいですよー」「よくできてますよー」という漠然としたほめ方ではなく、具体的に褒めることがミソなのです。

そして何か進歩があったらすさかず褒めること。すぐに褒めるんです。あとになってからとかではいけません。

そして目標はだんだん高くしていくのがいいそうです。

この3つのほめるポイントはしっかりと押さえておきましょう。

科学的に研究されているものです。

リハビリ以外でも、仕事や勉強やスポーツにも応用できそうですね。

◆ 礼儀正しいという香辛料を加えるとさらに効果的

そして私流にさらにアレンジしたことは、「礼儀正しさ」です。

高齢者にはとりわけ「礼儀正しさ」が非常に効きます。

高齢者だからというわけではないのでしょうけど、高齢者に何かと礼儀正しさをアピールした言動は非常に好まれます。

実際に現場で実践すると、

たとえばあえていつもより深くお辞儀をする、労いの言葉をかける、落ち着いた丁寧なことば使いで終始しゃべる、ちょっと大げさなくらいで、且つわざとらしく失礼のないように礼儀正しさを出していきます。

褒めることに礼儀正しさをプラスすることでさらにやる気をだすことが可能になります。

実際にあれこれ試行錯誤を繰り返して私が発見した方法です。

あっ、単発に礼儀正しくしてもダメです。一回、二回くらいでは効果はありません。できるだけ毎日続けることです。褒めると礼儀正しさを。

リハビリの合間には、「さっきのリハビリはどうでしたか?どんなことをしましたか?」と話しかけてみてください。

「平行棒で歩いたんだよ」といわれたら、何往復したかを聞いて褒めてあげるとか、そういうことも含みます。聞いてほしいんですよ。自分のことを。気にかけて欲しいんです。褒めて欲しいんです。


脳は褒められたがっているんです。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。


<スポンサードリンク>

看護師転職のサポート。新規登録無料!⇩⇩



誰にも知られず性病検査ができます。検査キットも多数。結果迅速⇩⇩



誰にも知られず自分で包茎を治せます。効果が出なければ全額返金!

これはやってみる価値があるんじゃない⁈⇩⇩




人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーにクリックをお願いします↓

看護師ランキング


↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

リハビリ開始時間と終了時間、守れていますか?

8de64a66aaf284f551232040faa68fa2_s.jpg


リハビリの開始時間が遅れると、あとあと他のリハビリにも影響がでます。

また、患者さんがリハビリに集中して取り組めるように援助すること

はとても大切です。

私たち回復期病院のスタッフにできることはなんでしょう。


◆リハビリ開始時間と終了時間、守れていますか?



回復期リハビリテーション病棟では1日のリハビリスケジュールが組まれています。

何時からPT甲さん、何時からOT乙さんというように、1日に複数のセラピストが入れ替わりながらリハビリをします。

もし開始時間が遅れたら、次の開始時間に影響します。

早くてもだめ、遅くてもだめ、できるだけ時間厳守ですることでスムーズにいきます。

ただ、時に時間どおりに進まないこともあります。

その場合はどう対処するのか?

患者さんの立場だったらどう思うのか?

ある患者さんの言葉が私の心にすごく響いたので書きたくなりました。


リハビリ開始時間と終了時間、守れていますか?


◆ 「オレは1日3時間しかない。必死やねん」



私が夜勤のとき、50代前半の脳梗塞の男性患者さん(仮にAさんとします)のはなし。Aさんは営業マンで学生のお子さんもいる、働き盛り。

消灯時間のまえに、いつものようにAさんのベッドに行きました。

私)Aさん、今日もリハビリお疲れさまでした。

Aさん)はあー、もう最低です。


Aさんは今日の出来事を語ってくれました。

■リハビリ開始時間が10分遅れた。10分遅れて担当リハスタッフがやってきた。遅れてきて開口一番「歯磨きは終わっていますか?」「トイレは済ませましたか?」だとぉ。

オレは時間どおりに開始できるように車いすに座って準備万端で待っていたんだ。

なのにそれはないだろう。しかも小学生じゃあるまいし。

10分遅れて開始しても、リハビリ終了時間は予定通り。

10分遅れたのなら10分延長しろよ。

■リハビリルームまで行くのに約5分かかる。10分遅れて迎えに来たら、リハビリルームに着くころには15分遅れて着くことになる。そうするとリハビリベッドが他の患者で使われていて場所探しをしないといけない。またまた時間のロスになっている。

■リハビリ開始してまずはマッサージから始まった。マッサージ中に担当セラピストはキョロキョロと周りを見たりする。ずっとオレを見ろとは言わないが、マッサージとはいえもっと目の前の患者に集中しろ。いい加減にされている感じがすごくする。

■リハビリスタッフ間の連携ができていない。一日に何人かのリハビリスタッフが交代で入るが、前のスタッフがどんなリハビリをしたのか把握せずに次のスタッフがリハビリをする。例えば「前のリハビリでは〇〇をしたので、今からはそれに更に〇〇を加えてやってみましょう」というように「繋がっていくリハビリ」をしてほしい。各リハビリスタッフがバラバラな考えでリハビリをしている。もっとリハスタッフが密に連携を取りながら「繋がっていくリハビリ」をしてほしい。

■80代、90代の高齢者のリハビリと40代、50代の働き盛りのリハビリを同じに考えないでほしい。

オレはまだまだ働かないといけないんだ。子どもはまだ高校生なんだ。だからオレは必死なんだよ。

1日3時間しかリハビリ時間がないんだ。1分たりとも無駄にしたくない。


Aさんはこのように言われました。

もっともだなと思いました。

患者さんが必死なら、私たちも必死でやらないといけません。

患者さんがいい加減なら私たちもいい加減でいいということではありませんが、どんな仕事でも熱意を持って取り組まなくてはプロフェッショナルではありません。

熱意のないとか、お客さんを考えていない仕事ぶりは、すぐに見抜かれます。

たとえそのようなつもりではなかったとしても、です。


◆ リハビリがスムーズに開始できるようにできることは?



e4e20bdcd10ff7c8e9a691512972706c_s.jpg


看護師ができることは何でしょう。

私たち看護師がこの件でできることは、リハビリ開始時間までにケアを済ませておくこと。

トイレ介助、オムツ交換、注入食を終わっておく、創部の処置を済ませておく、車いすに座って待機してもらうなど、できることはたくさんあります。

環境調整をしたり、疼痛緩和をしたり、夜に良眠できるように援助したり、

看護師もリハビリに協力できます。

患者さんがリハビリに集中して取り組めるように援助できます。


また上記のように看護師が今日のリハビリについて患者さんに聞くのもありなのです。

リハビリスタッフには言いにくいこともあるでしょう。

看護師とリハビリスタッフとの連携は大切なです。

患者さんが今、何に悩んでいるのか、どうしてほしいと思っているのかを共有することはとても大切です。

医療の中心に患者さんがいて、その周りに医療スタッフがいる。

このことをしっかり胸に刻んでいこうと思います。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。


<スポンサードリンク>

看護師転職なら業界最大手「ナース人材バンク」新規無料登録はこちら⇩⇩



自宅で誰にも知られずに性病検査ができる。キットメニューも豊富⇩⇩



もうコンプレックスとはおさらば。誰にも知られず自分で包茎を治せる⇩





人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーにクリックをお願いします↓

看護師ランキング


↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

患者さんからの暴力 その対応

こんにちは、ピストンです。


患者さんからの暴力についてのお話です。


この記事は医療従事者向けの内容ですが、一部に患者さんやその家族も被害に遭う場合もありますので、参考にしてください。


以前にも書いたことがありますが、今回はどう自分を守るかについてです。


無題3.png



● まずは情報収集



まずはその患者さんについての情報をとりましょう。


急性期病院では誰が入院してくるのか分からない場合が多いですので、来てみてからでないとどんな人か分かりません。それでも付き添いの家族などから情報を聞いて、普段から暴力行為があったかどうか、酒癖や怒りっぽいか、家族に手をあげることがあったか、などは聞き出せます。


あんまり日常的に暴力的な場合は、家族のほうから医療従事者に教えてくれることも多いです。


回復期病院の場合は、前の急性期病院から情報が来ますから、暴力行為があったのかどうか分かりやすい立場にいます。


まあ、暴力行為があった患者さんを受け入れるのはどうかとも思いますが、そういうこともあります。


大抵、ちゃんとリハビリを受けないことが多いので、転院してきてもあまり有効なリハビリが期待できないことがあります。


そりゃそうですよね。怒りっぽかったり、暴れたりする場合ちゃんとリハビリをするほうが珍しいです。


いづれにしても、事前にどういう患者か、過去の行動を知っておくことは大事です。


こちらの心構えや対応に影響しますから。



● 距離をとる



実際にその患者さんと関わるとき、例えば体調を聞く時や会話をするときには一定の距離を保つようにします。


バイタルサインを測る時はどうしても接触しないとできません。


その時は病室ではなくリハビリ室やナースステーションなど周りに多くの人がいる時に測るようにします。


何も絶対ベッドサイドで測らなくてもいいですから。


誰か男性看護師などにお願いしてもいいでしょう。


仕事上、どうしても接近せざるを得ないことがありますから、そもそも受け持ちから女性を外すというのが安全です。


女性医療従事者が殴られた例を見てきましたから、「女を殴るなんて男として最低だ」という発想は殴る患者には通用しません。女であろうと、男であろうと殴ります。


いつ殴りかかってきてもいいように、距離をとり、サッと避けられるように身構えておきましょう。



● 大声を出す



殴られたり、捕まえられたりしたら、大声を出して助けを呼びましょう。


遠慮はいりません。大声を出してください。


あんなにいっぱい人がいるはずの病棟でも、死角はいっぱいあります。


病室で殴られても当事者しか見ていない、知らないということは結構あります。


案外、みんな他人には無関心なところがあります。


大声を出して。叫んでもいいです。


今まさに危険な目に遭っていますということを周りに知らせることです。


早く助けに来てもらわないと、被害は大きくなりかねません。


殴る患者は本気ですから。


結構なパンチが飛んできます。



人によっては恐怖で声が出ないことがあります。近くのナースコールを押すだけでもいいです。



● 一人で対応しない



やはりこれが一番だと思います。


2人以上で対応する。


2人いれば対応しやすいのと、被害が受けにくくなります。


また複数人いることで、数の圧倒性による抑止効果もあります。


ただ精神的に理解力や判断力がない患者の場合は数の抑止力が効かないので、注意が必要です。



夜勤はただでさえ人手が少ないので危険が増します。


女性だけの夜勤を避けるようにしてください。


暴れているときは本当に力が強いので、女性スタッフが複数いても対応できないことがありますから。



● 暴力を受けたらどうするか



助けに来てくれた人が守ってくれます。


上司や同僚に状況を言いましょう。


必要なら診察も受けてください。


あとは病院の対応として、警察に通報するとか家族を呼んで状況説明をすることになります。


多くの場合は強制退院となります。



あと大切なのは、被害を受けた人のサポートです。


傷は治っても、心の傷は深いものです。


対応を間違えるとトラウマになって職場に戻れなくなる場合があります。


難しい問題ですが、周りのサポートは大事です。




日本看護協会では「医療現場の暴力対策」としてHPに載せています。

⇩  ⇩




こうした医療現場の暴力はどこの病院でもあります。クリニックでもあります。


でもニュースではほとんど流れません。


院内感染だけでなく暴力からも自分の身を守らないといけない時代になりました。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。



あなたの休日をもっと豊かに。同じ行くならお得なクーポンを使いませんか。初月無料!













人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーにクリックをお願いします↓

看護師ランキング


↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

日勤あるある その3

こんにちは、ピストンです。


さて、「あるあるシリーズ」です。


さっそく行ってみましょうー!「日勤あるある その3」



● 体温計やボールペンなどが無くなる




忽然と姿を消すピストンのボールペン。

もう、何十本、僕のそばから離れていったことか。


看護師になってからというもの、ボールペンは必須のアイテム(他の仕事でもそうですが汗)。


肩身離さずお前を捕まえていたのに。

どうして・・・・


ナースステーションは不思議の場所。


あれほどの数のボールペンをなくしたのに、どこにも余ってない!!!



あれほどのボールペンなら、そこらへんに置いてあってもよさそうなものなのに、本当にステーションから消えている。

事務机の引き出しにもない、ペン立てにもない、パッと見て他の看護師が持っている・・でもなさそう。



あぁーっ、なぜだぁ!!


しかし、ピストンは経験上、そんなこともあろうかと、3本で100円の激安ボールペンしか買わないのであった。

これなら、まだ、心の傷は小さい。


つらいのは、キャラクターデザインの少し高めのボールペンを持ってきている子。

お気に入りのボールペンとか、思い入れのあるボールペンを持ってきている子。


ダメですよーーー!


なくなったときのショックが大きいから。

絶対どっかにいっちゃうから!


でもそういう子って、ペンにヒモを付けて首から下げているんですよねぇ。

やるなあー。



体温計もどこかに行きます。


でもあとで知らぬ間に元の場所に戻っていることがあります。


誰かが、そっと戻したのでしょう。


たまにケースしかなくて、体温計本体だけが行方不明ってこともあります。


きっと誰かの患者さんの脇に挟んだまま忘れているんでしょう。



● 電話でどこのだれか名乗らない人が多い


病院スタッフって自分のことを名乗らない人が多いんです。

ルルルルー、ガチャ、「はい、、、はい、、、あ、わかりました。ガチャン」


あっ、お名前を!って聞く前にガチャンと切られてしまう。

あなたは誰よー?

知っている人なら声でわかるけど、病院には看護師がいっぱいいるのよ~。



電話がかかってきたときもそう。


ルルルルー、ガチャ「はいピストンです。〇〇ですか?ええ、ありますよ。足りないんでしたら、少しお分けしますよ。で、失礼ですが、どちらの病とぅ・・ガチャン」


消耗物品のおすそ分けをもらいに来るんなら、せめてどこの病棟かくらいは言ってよね。


ナースステーションに張り紙して置いておくことすら、紙にちゃんと書けないでしょ。

「〇〇病棟から取りに来ます」って。


あと医師も結構名乗りません。


僕たちも電話相手の医師の名前を知らなかったりすることがあります。

名前の分かっている個人の医師用のPHSに掛けるのなら、別に医師が自分の名前を言わなくても分かりますが、

問題はパートに来る常勤でない医師に掛ける時です。


当直医師用PHSに電話するときにドキドキします。

「当直用」なので電話番号一覧表を見ても、今日PHSを持っている医師が誰なのか分からないからです。

勤務表を見ていても顔を知らない医師の場合、本当にその人か分かりませんし(まあ、その人なのでしょうけど)。


忙しいときは当直医師の名前を確認していないときもあって、直接PHSにかけるときは、

「〇〇先生、転倒がありまして・・・」と〇〇先生のところが言えなかったりするとちょっと困りますね。僕たちも相手の名前を確認してから掛けないと。


医師から掛かってくる電話は名乗らないことが多いです。


常勤の医師はまだわかりますが、非常勤の医師は初めましての場合が多いので、医師も名前を名乗ってほしいです。



● とりあえず何でも病棟に電話してくる事務



これも結構あって、困るんです。


家族らしき人から病院に電話がかかってきた時、よく確認もせずにとりあえず病棟につなぎの電話をかけてくる事務。


違う病棟の患者さんの家族だったり、そもそも入院していない人の関係者だったりします。


もうー、プライバシーなんてどこ行ったのー!


事務所はめんどくさくて患者のことならナースかな?って感じで取り次いでくるけど、こっちも困りますから!


ていうか、他人だったらどうするの⁈ 

基本的に電話での問い合わせはダメですよ!

なりすましで個人情報を引き出す人だっているんですから。

危ないよお。


というか、事務員こそ、こういう法的なことや倫理的なことを知っておいてほしいなあ。



● 日勤あるある その3は本当か?


本当です。


新人看護師諸君へ。

ボールペンは安物で量を重視して品を選びなさい。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。







人気ブログランキングに参加しています。
下のバナーにクリックをお願いします↓
↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

転倒 予防 いつもリスクと向き合っている

こんにちは、ピストンです。


今日のお話は転倒されたある患者さんについてです。


転倒.jpg



● 転倒を繰り返している


Aさん(男性 70歳代:パーキンソン病)


Aさんは自宅でも転倒を繰り返していました。


今回はパーキンソン病気の増悪で歩行状態が悪くなりリハビリ目的で入院されました。


杖歩行をされていますが、杖は手に持っているだけで全然有効に使えていませんでした。


地面に付いてもいない、ただ持ってるだけ。


フラフラとよろけながら歩かれる姿は、見てて危なっかしい感じでした。


自宅で転倒を繰り返していた・・・このままだと入院中に転倒されるのは想像に難くない。


入院時カンファレンスを開き、理学療法士や主治医、看護師などが意見を言って転倒対策を考えました。


転倒対策として杖の使用方法の指導、付き添い歩きをするためにナースコールの指導をしていくことに。



● 指導してもなかなか上手くできない日々


リハビリで杖を使った歩行練習を開始。


杖だけではなく、歩行状態そのももにアプローチし、歩容を改善していくことにしました。


パーキンソン病は摺り足、無動、突進歩行など、独特の歩き方になってしまいます。


AさんはON・OFF現象がほとんど見られない方でしたので、OFF時のことを考慮しなくてすみました。


足を地面に擦って歩いていたため、ちょっとした段差でも躓いてします危険がありました。



リハビリが進んできて歩行状態が改善してきました。


まずまずの安定感を得られるようになってきました。


必要時にナースコールも押してくれます。


ある夜勤のとき、朝方にAさんが起床し洗面所で洗顔や歯磨きをしていました。


洗面所に椅子を用意し、Aさんは椅子に座って整容をしていました。



Aさんが椅子に座って整容をしているのは見ました。


数分後に前を通った時、椅子にAさんがいませんでした。


洗面所にいません。


「ナースコールせずに一人で部屋に帰ったか・・」


部屋に行くとAさんがベッドで寝ていました。『やはり一人で戻ったんだな・・』と思いました。


顔を手で押さえています。


「!!!、あっ!Aさん、その顔!!」


Aさんの右目の下が大きく腫れて出血しています。


Aさん:「どうもないですよ。どうもない。大丈夫です」



洗面所で椅子に座って整容をしていたとき、少し遠くに置いていた歯ブラシとコップを取ろうとしてAさんは手を伸ばした。おしりを椅子から浮かした。次の瞬間バランスを崩して洗面台に顔を強くぶつけたのです。


レントゲン検査で右頬骨を折る大事故になりました。



● 転倒リスクとどう付き合うか


歩行状態が改善し転倒リスクが減少してきたと安心していた矢先のことでした。


歩いている時ではなかったため、まったく想定外でした。


ちょっと手を伸ばせば届くところのコップを取るために、Aさんはナースコールを押さなかったのです。


「そんなことぐらいでナースコールなんて」


Aさんはそう言いました。



転倒リスクはどこにでもある。そう実感しました。


今回は骨折という大事故になってしました。


たとえ外傷がなくとも転倒は大問題です。


「そんなちょっとしたことでいちいちナースコールを押すなんて・・」

「看護師は忙しいから、わざわざそんなことで呼ぶなんて・・」


と考える方は大勢いらっしゃいます。


実際よくそう言われる患者さんに会います。


そう言われる患者さんの気持ちも分かります。


回復期リハビリテーション病棟ゆえに、できることは自分でやっていただくという基本的な方針もあり、どこまで付き添うかという問題がいつも頭を悩ませます。


安全に入院生活を送れるようにすることは大前提です。


そのために患者さんが不自由を感じたりすることがあるかもしれません。


転倒は絶対防ぎたい。


ガチガチに自由を奪うこともしたくない。



● 患者さんの能力を正確に評価することの大切さと難しさ


身体能力を測定するスケール(ものさし)はいろいろあります。


その中でどのスケールを選ぶか、


また、スケールの評価の結果がやるスタッフによって若干変わってくるものもあります。


患者さんの体調にもよるので、日によっては同じ検査をしても評価が違ってくることもあります。


患者さんの能力を評価して、どこまでスタッフが関与していくのか、


これからも模索して患者さんが安全にリハビリに集中して取り組めるように考えていきたいと思った事例でした。



それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。


[ひらめき] こちらの記事もおススメリンク記事「転倒予防の考え方」





人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーにクリックをお願いします

↓ 看護師ランキング


↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

医療リスクマネジメント

こんにちは、ピストンです。


今日のお話は「医療施設のリスクマネジメント」です。


医療事故1.jpg


● 検査や治療・処置の際に患者が検査台から転落


日本医療機能評価機構は、医療機関での検査や治療・処置の際に患者が検査台から転落したケースの報告が2014年1月から18年6月までに9件あったことを明らかにした。転落によって患者が大腿骨頚部骨折や、くも膜下出血などを起こした事例があったことから、転落の危険性がある検査の場合は患者にそのことを説明した上で、身体をしっかり固定するよう求めている。 (記事:ナースプラス)


回復期リハビリテーション病棟に入院している患者さんも、検査を受けることがあります。

CTやレントゲン、心電図などの検査を受ける際、検査台に寝てもらうことになります。


通常は検査台の周りに誰かしら医療スタッフがいるので、寝ている患者さんに危険なことが起こらないように注意をしています。

このニュースのように検査台から転落するケースは、医療現場で働いている者としては考えられないことです。


でも起きたんですよね。


医療現場は時として予想外の出来事が起こります。


多くの入院患者さんが一つのフロアで寝泊まりしています。個性もそれぞれ。疾患もそれぞれ。


最近は医療の高度化、入院患者の高齢化などの医療環境が変化しているために、患者さんの安全確保が重要なリスクマネジメントになっています。


あっ、危ない!!という場面は確かにあります。



● 【ケース1 頭部MRI検査で検査台から転落】


頭部MRI検査のために看護師と診療放射線技師が患者を検査台へ移動したが、看護師は「患者が認知症」と診療放射線技師に伝えなかった。診療放射線技師はその患者と意思の疎通ができていると思ったため、患者の身体を固定しなかった。

撮影が始まって10分後、診療放射線技師は患者が検査台にいないことに気付き、検査室に入ると、患者が検査台の下の床にうずくまっているのを発見。その後、X線撮影をしたところ、右大腿骨頚部外側骨折を確認した。

(記事:ナースプラス)


頭部MRI検査は所用時間が20分~30分程度かかります。


検査中は「ガーン!ガーン!ガガガガガッ!」と、かなりうるさい音が鳴ります。


MRIやCT検査中は動いてはいけません。動くと画像が乱れてしまいはっきりと写りません。

せっかく撮ったのに画像診断に使えない場合もあります。


検査中に気分が悪くなったりする患者さんがいます。

閉所恐怖症や大音響に耐えられなくなり、途中でリタイアされる方もいます。



そのため絶対患者さんから眼を離してはいけないのです。


途中で何が起こるか分からないから、ガラス越しの操作ルームで放射線技師や付き添いの看護師等が見守っています。


今回の事例は記事を読む限りでは、病院側の過失を問われるケースになると考えます。



 【ケース2 頭部MRI検査で検査台から転落】


心臓カテーテル検査の際に患者は鎮静された状態だった。看護師が物を取りに行くため検査室を出て、戻ってきた時、患者は転落していた。

転落までの間、医師は患者に背中を向けて作業していたほか、臨床工学技士は機器の操作中で、診療放射線技師は画像を確認するなど、誰も患者の様子を見ていなかった。転落後に頭部をCT撮影した結果、患者が外傷性くも膜下出血を発症していることが分かった。

(記事:ナースプラス)


このケースも何だか不可解です。


病院によるのかもしれませんが、カテーテル検査時は結構なスタッフが揃っているのです。

2~3人とかではなく、少なくとも4~5人くらいはいるはずです。


カテーテル検査の場所は透視ができる個室で行います。


放射線を使用する場所なので、通常の壁よりも


特殊にできています。

そのため、遮音性も高い。

僕も部屋に入ったことがありますが、結構静かです。


もし患者さんが検査台から転落したら、その音で瞬時に気付くはず。

外傷性くも膜下出血を起こすほどの衝撃なら絶対何らかの音がしたはず。


もう一つ、放射線技師はガラス越しの操作ルームで操作しているのですが、医師がいる診察台とはマイクで音声が聞こえるようになっています。
音声を拾うだけでなく、カチャカチャと物を触っている処置の音も聞こえてきます。


それなのに「戻ってきた時、患者は転落していた」って、誰も気付かんかったんかーい。



鎮静しても患者さんが動くことってあるんです。


全身麻酔のオペ中でも、時として何らかの動きが出ることがあります。

実際、僕は全身麻酔のオペ中に少し動いた患者さんを見たことがあります。


検査中はそこまで麻酔がかかっているわけではないでしょうが、尚更動く可能性があると考えます。



なぜ誰も転落に気付かなかったのか不思議です。


医療事故2.jpg


● リスクを知ってコントロールする


よく「医療安全」と呼ばれますが、これは日本と少数の国の言い方で世界は違います。


WHOを含めて多くの国では、「患者安全」と言います。


医療安全というと、患者の安全だけでなくすべての医療従事者を含めた広い意味で使われます。



リスクマネジメントは、4段階から成り立ちます。


① リスク識別(リスクを特定する)

業務の中でどのようなリスクがあるか、起こり得るリスクも考えられるだけ挙げます。

過去に起こった事例を含めて挙げます。


② リスク評価 

リスクの発生頻度と重大性を評価します。


③ リスク対応(リスクの発生を減らすかゼロにする)

リスク評価とリスク対応、それぞれのリスクを発生頻度と重大性によって、大きく4つのグループに分けます。


A:リスクを移転する(滅多にないことに対しては、保険の掛け金を払って対応する)

B:リスクを回避する(その業務からの撤退を考える)

C:リスクは保有する(リスクを保有していて、もし発生したらその都度支払いを考える)

D:リスクを最適化する(リスク因子を分けて、保有か移転する)


④ リスク費用算定

4つのグループをまとめて、リスク管理の費用は全部でどのくらいかを全体の活動のバランスを考えて算定する。



いままではリスク管理をするのは地位の高い人がやるものでした。

しかし最近は個人レベルのリスクマネジメントが重要になっています。


企業として責任を負うだけでなく、個人の医師や看護師のリスクマネジメントが問われているのです。

僕も看護師の医療事故の保険に加入しています。

もし、医療事故訴訟になったときの賠償責任金、訴訟費用などに備える看護師対象の保険です。

これは病院に入職した時に病院側から看護師に薦められる保険です。強制ではありませんが、結構多くの医師や看護師が加入しているはずです。


事故を起こそうとして起こしたわけではなくても、患者安全に絶対はない。


職場で誰に相談したらいいのかを明確にし、一人一人がリスクマネジメントを考えて行動していかなくてはいけません。



それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。









人気ブログランキングに参加しています。
下のバナーにクリックをお願いします↓
↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

日勤あるある その2

こんにちは、ピストンです。


恐怖の日勤あるあるシリーズ。


日勤編。それではいってみましょうー。



時間イメージ.jpg


● 朝の勤務前、外部からの電話がかかってくる


これはどういうことかと言いますと、

 

「今日は休みます」とスタッフからの電話がかかってくることがあります。



朝、一通り患者さんの着替えや離床やトイレ誘導やらを終えて、「さあ、もうすぐ朝ごはん。いよいよ夜勤も終わりだあ」と思っている矢先に、魔の電話がかかってきます。


リリリリリリィーーーン!


「!!!!!電話だ!!!!」


「まさか、誰か休むのか⁈」


恐る恐る受話器を取ると、



今日の日勤さんからの電話で「すみません。子どもが熱でして。今日は休みます」


ピストン:「そ、それは大変ですね。お大事に」



受話器を置くと、すぐに今日の役割分担の変更にかかります。


「えーと、この部屋の担当をBさんにして、入院受け係をCさんにやってもらって・・・」


この作業が大変なんです。ただでさえ人手不足なので、一人休むと日勤の負担がすごいことになります。


大抵は朝ごはん前くらいに電話がかかってきます。
その時間には休むことを事前に病棟に知らせないと、その日の役割分担を変更して朝の勤務からスムーズに動くことができないからです。


でも、お子さんが熱で大変なので、それは仕方がないことです。


うちの子もそうなるかもしれませんし、お互い様ですから。


でも、でも、なんで人が少ない日に限ってこうなるのーーー⁈



● 便秘の処理ができないまま日勤が終わろうとしている


お通じが3日以上出ていない便秘の患者さんには、何らかの便秘処理をします。


多くの病院では3日お通じがないと、下剤を飲ませたり、摘便をしたり、浣腸をしたり、座薬を入れたりします。


病院の基準では3日なのです。


健康のためには快便がいいのですが、高齢になると多くの人が便秘になります。


自分の力では便が出せなくなってきます。


そこで、日勤でなんとか便を出すことをするわけです。


どうして日勤で便を出そうとするのかというと、夜勤で便が出てオムツ交換が大変になったり、出過ぎてオムツから漏れてズボンやシーツにまで便まみれという悲惨なことが起こることがあるからです。


日勤でも起こることですが、夜勤は体力的にも人手的にも大変なので、便が出てしますとさらに大変なのです。


患者さんも、便が出そうになったり、漏らしてしますとゆっくり寝ることができませんから。


患者さんの安眠のためにもできるだけ日勤で便がでるほうがいいのです。



ところが、忙しくてつい、便を出すことをしないまま日勤終了の時間がやってきてしまうことがあります。


そうすると夜勤者から「どうして日勤で何もしなかったの?!」とつっこまれ、


慌てて、「すみません。今から浣腸してきます」と言って便処理をする羽目になったりします。



「便秘なのは分かってたんですが、忙しかったんだよーー!すみませんね!」←心の声


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。



人気ブログランキングに参加しています。
下のバナーにクリックをお願いします↓
↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

日勤あるある その1

こんにちは、ピストンです。


「夜勤あるある」シリーズは読者も多くて好評だったので・・・・・

「夜勤あるある」シリーズに引き続き、調子に乗って今度は

「日勤あるある」です。


それではいってみましょう。

4時時計 イメージ.jpg


こんなこと聞いたことはありませんか?



● 日勤終わりに近づくと、急患が来る


日勤者: 「はあー、疲れたあ。もうすぐ日勤も終わりの時間だあ。さっさと夜勤に申し送って、こちらはおさらばとしよう。」


ピーポー、ピーポー、ピーポー、ピッ!


「えっ!! 今、救急車止まった⁈」

「やばい!来るよ!急患だし、きっとそのまま入院じゃあ・・・・」


・・・・・ ーー 病棟のナースステーションの電話が鳴る ーー


!!!!!


「やばいよ、やばいよ」(出川哲郎なみのリアクション)


ガチャ、「はい、ピストンです。。!! に、入院ですか。。はい、わかりました。。。」


トホホホー、こんなギリギリ日勤の時間じゃあ、僕らが入院をとらなきゃいけないじゃん。

せっかく定時で帰れると思っていたのにい。


残業確定。


日勤中の入院は、日勤者がとるというルールがあります。

(病院によっては、違うこともあります) 日勤終わりギリギリでの、滑り込み入院は、日勤者がかなり恐れる事態です。

しかも、あまり忙しくなく、このまま定時で帰れるか⁈ という時に、不思議と急患が来るのです。


はい、残業。


恐るべしジンクス。


 ● 休日明けの出勤日、ナースステーションの中の自分の名前の札に、投薬し忘れた薬が貼ってある


休日はうれしいものです。

でもその嬉しさをひっくり返す恐怖の瞬間が待っていようとは。。。。

休日で充電してきたあとの出勤日。


「おはようございます」


と、いつものようにナースステーションに出勤してくる。

ふと、今日の役割分担を示したホワイトボードに目をやると・・・・


!!!!!!


あれ? 自分の名札に何か貼ってある⁈


ゲゲゲッ!! じぇじぇじぇっ!!!(ちょっと古いか)

「内服薬じゃないかああああ!!!」


自分の名札には、前の勤務の時に患者さんに投与し忘れた内服薬が貼ってあり、ついでに見つけた先輩看護師のコメントを書いた付箋も一緒に貼ってあります。


付箋には、

「ピストンさん、〇〇さんの薬を投薬し忘れていますよ。インシデントレポート書いてください。」


うそーーーー、ちゃんと飲ませたはずだけどなあ。おっかしいなあ。


でも、実際に飲んでいないままの内服薬が残っているわけだし、その日付けの内服薬だし、間違いないですよね。


こうして、朝の出勤早々に、インシデントレポートを書かなくてはいけないはめになり、朝からテンションが激下がりになります。


● なぜ日勤が入院をとるのか?


「日勤終わりに近づくと、急患が来る」でも書きましたが、多くの病院では日勤者が入院をとることになると思います。


それは、日勤中ということもありますが、夜勤はスタッフ数が少なく、人手が少ない分、夜勤のルーティンワークが更にキツイものになってしますからです。


夜勤者はそのことを知っていますので、夜勤者をこれ以上しんどい思いをすることがないように、入院処理をします。


入院処理は、 採血、点滴薬の準備、内服薬の確認や準備、医師の指示確認、ベッド作り、心電図モニターの準備、吸引の準備、暴れそうな患者ならセンサーの準備、部屋やベッドの患者ネームプレートの準備、カルテの準備などまだまだたくさんあります。


電子カルテに移行している病院でも、そこそこ大変な仕事です。


それが入院の裏側なのです。


入院の裏側では、スタッフがバタバタと忙しく動いています。


それですから、日勤が終わりそうなときに緊急入院が来ると、残業になってしまいます。 患者さんは大変な状況ですから、仕方ないです。


僕らはそれが仕事ですから!(と、ちょっと元気を振る舞ってみる)



● なぜ看護師さんは、忘れた内服薬をミスった人の名札に貼り付けるのか?


これは当の本人からすると、本当に嫌なものです。 まっ、患者さんに飲ませ忘れた僕が悪いんですけど。


これは伝統といえるのかもしれません。 業界のしきたりとも言えるのかもしれません。


結構、あちこちの病院でも見かけます。

ナースステーションの目立つところに、ミスったものを貼り付けてあるのは、気分のいいものではありません。

まるで、見世物のようです。


こうなると、多くのスタッフの目に付いているので、隠せません。 いや、隠しちゃだめですよ。ミスですから。


特に新人のことは、自分ではちゃんと仕事をしているつもりでも、ポカミスがあるので、気分が沈んだものです。


(名札に貼り付けなくても、こっそり自分に教えてくれたらいいのに) ← 心の声



● 日勤あるあるは本当か?


本当です。


ほぼすべての看護師さんは経験しているはずです。


誰しも逃れることができない、アリ地獄あるある。


恐ろしや、日勤ジンクス。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。











人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーにクリックをお願いします↓


↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

患者さんから指名される存在を目指して

こんにちは、ピストンです。


今日のお話は、「患者さんへの言葉使い」についてです。


どちらかというと、今回は医療、介護の世界で働いているスタッフ向けの記事です。



● 赤ちゃん言葉は使わない


小馬鹿にする イメージ.jpg


高齢者に対してまるで赤ちゃんと話をしているかのように、


「○○でしゅか?」

「はーい、よく噛み噛みしましょーね」

「もうおいしいでちゅか?」


といったように、赤ちゃんと接しているような声掛けをすることです。


こういう言葉使いは禁止です。


「歳をとると赤ちゃん返りする」とは言いますが、この場合はそういうことではありません。


失礼なのです。


もうあえて書くまでもないことですが、いまだに後を絶ちません。


僕も現場で目撃したことは何度もあります。


人生の先輩に対して失礼であるし、なんだか小馬鹿にしたような感じを受けます。

言っている本人はそのつもりはないかもしれませんが。


看護学校や介護の学校に通ったことがある人は、学校の教育で絶対教わったはずなのです。

そんな言葉使いをしてはいけないって。


そのような学校に通っていなくても、一般常識だと思っています。



● ストレートすぎる質問をする


「〇〇さん、今日便出た?」

「うんこ出た?」

「うわ!すごい臭い!絶対この人出てるわ」

「えっ、この部屋臭くない⁈ 誰よー、もうー」


これもアウト。


「今日便出た?」はもしかしたら、あるかもしれませんが、

せめて他患者がいるところでは聞いてはいけません。

あと「お通じがありましたか?」くらいの表現に変えて聞いてほしいところです。


そのほかの発言は、よく聞く言葉です。

あるんです。よく。


しかも大きな声で。


大抵は寝たきりの患者さんだったりすることが多いのですが、

本人はしゃべられなかったり、意思疎通が難しかったりする患者さんが多い。

でも、自分が言われたら嫌でしょう。

自分の親や子に対して言われたら嫌でしょう。


実際はそうであっても、そこはバーンと口に出してはいけませんよね。


でも看護師さんは多いよ。気を付けないと。



● デリカシーのない質問をする


怒り イメージ.jpg


先の「ストレートすぎる質問をする」と似ているところもあるのですが、そんな言い方しなくても・・・と思う言葉を掛けるスタッフがいます。


例えば、

入院患者さんが外出から病院に帰ってきたとき、「タバコ吸いました?」と聞くスタッフ。

まずは、「おかえりなさい。外出中はお変わりありませんでしたか?」「寒かったでしょう。体調は崩していませんか?」でしょう。


それもなく、外出や外泊から帰ってきていきなり「タバコ吸いましたか?」って。

たしかに普段からこっそり吸っていたことがある患者さんでしたけど。

でもそりゃあないですよね。

実際その患者さんは怒りました。当然です。

「なんじゃあ、その口の聞き方は!!!帰ってきていきなりタバコ吸いましたか?だとお。せめて外出中はどうでしたか?くらいないんかい!!」


大目玉をくらったスタッフにはいい勉強になったかな。社会人として。これも一般常識ですよ。くじけず、成長してくださいね。



● 命令口調で話しかける


これも多いです。


認知症患者さんや高次脳機能障害の患者さんやわがままな患者さんなどに対してよく見られます。


患者さんに振り回されて全然仕事が進まなかったり、ワーワー騒がれたり、忙しい時に手がかかってしまうと、つい

「もー、ちょっと待ってっていってるじゃない!」

「順番!!何度言ったら分かるの!」

「立たないの!一人で立つとこけるでしょ!危ない!」

「ナースコールは⁈ 勝手にベッドから出てきて!こけたらどうするの?ちゃんとコールを押してって言ったでしょ」


など命令口調で患者さんに話しているスタッフがいます。


これも我々は気を付けないといけません。


分かっているんです。病気が原因でそうなっているということを。ちゃんと分かっているんです。

でもイライラが過ぎて言ってしますのでしょう。

イライラも分かりますよ。でも、気を付けないといけません。


これも看護師さんに多い印象です。襟を正していかなければ。



● いづれにしても、失礼な言葉使いをしている職員がいたらどうするか


青空 イメージ.jpg


言った本人に直接告げるのがいいでしょう。

別室にいるときに言うのがいいです。中には他人の前で指摘を受けたことを根に持つ人がいますから。


言いたくなる時があることは、誰にでもある。


言いたくなる根拠があるときもあるでしょう。


分かりますよ。

でも、やはり、他人さま相手の仕事であり、大事なご家族を病院や施設などでお預かりをしているのです。


わがままを言っていても、叫んでいても、その患者さんには患者さんなりの理由があります。

そして、誰かの親であり、誰かの子であり、誰かの兄弟であるのです。


その患者さんには大切なご家族がいるのです。


患者さんの後ろにいる存在をもっと意識しましょう。


医療や介護の世界で働いている人だけでなく、どの業種でも言えることです。


キレイな言葉や立ち振る舞いを身に付けていくように努力が必要です。

言葉使いのキレイな人はそれだけで品格が感じられます。


仕事をするからには、患者さんから、家族さんから用事を指名される存在を目指したいものです。



それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。






結局、病院のクレーム対応は最初の1分で決まる! (New Medical Management)

結局、病院のクレーム対応は最初の1分で決まる! (New Medical Management)

  • 作者: 濱川博招
  • 出版社/メーカー: ぱる出版
  • 発売日: 2016/12/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

人気ブログランキングに参加しています。
下のバナーにクリックをお願いします↓ 
↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

JCSを知らない看護師は看護師にあらず

こんにちは、ピストンです。


今日のお話は、「道で倒れている人を見つけたら」というお話です。


● 事故の瞬間


事故 イメージ.jpg

事故イメージ


昼頃だったと思います。

バス停のあるロータリーに道路からバスが入ろうとしたとき、歩道を歩いている中年女性をバスが跳ねました。


その女性は道路に仰向けに倒れていました。


たまたま近くにいた僕はその女性のところに駆け寄りました。

「大丈夫ですか⁈!」と声をかけると、

女性ははっきりとした声で「当たったあ」と言いました。


バスは女性を跳ねたところで停車しています。うしろは大渋滞です。

しかし、バスの前は跳ねた女性がいますから、前に行くこともできず、後ろは後続車でバックできず、その場に停まったままです。


運転手はすぐに降りてきて女性に駆け寄り、「すみません!大丈夫ですか?」と声をかけて、すぐに電話をかけました。


女性ははっきりした声でこちらの質問に答えることができ、開眼しています。

両手両足を動かすことができて特に痛がる様子もありません。

「大丈夫、大丈夫」と言えています。


僕は内心「これは、きっと大丈夫。おそらく大したことはなさそうだ」と直感しました。


ほどなく救急車がやってきて、女性を搬送していきました。

警察も来ました。

ほぼ同時にバスの職員もやってきて、バスの移動と交通整理に協力していました。


女性が救急車で搬送されていくのを見届けて僕はその場を離れました。



● 事故を目撃したらまずどうするのか


目撃したほうもかなりビックリしますが、まずは被害者に駆け寄り「大丈夫ですか?!」と大声をかけてください。


そこで開眼をせず返答もないようでしたら、かなり危ない状態だと推測してください。


声掛けをして眼を開けるようでしたら、そこまで緊急でもない可能性があるが、病院で検査は必ずしてください。


声掛けをして眼を開けるし、きちんと返答できるようでしたら、とりあえずはただちに命にかかわることはなさそうだと思ってもいいでしょう。ただし、病院受診は必ずしてください。


いずれの場合でも病院受診は必ずしなければいけません。


今のお話は緊急度の話ですので、「あ、これは安心していいから病院へ行かなくてもいいんだ」とは決して思わないようにお願いします。


大声を出して人手を集めます。

AED(除細動器)を持ってきてもらったり、救急車を呼んでもらったりします。

赤の他人であっても、頼むのに遠慮はいりません。

集まった人が年上であろうと遠慮はいりません。

緊急事態なのですから。

あと、人手が集まると被害者を安全な場所へ移動します。よほどのことがない限り、安全な場所へ移動させます。

道路に寝たままだと二次被害が発生するリスクがあるからです。


安全確保をしてからAEDを使用してください。

これは日本ACLS協会のBLS(一次救命処置)のプログラムにもあります。


AEDの使い方はこちらの記事をみてください↓


救急車 いめーじ .jpg

イメージ 写真:レスポンス


● 声掛けをして相手の反応から何が分かるのか?


声掛けをして眼を開けない場合、

もしくは声掛けをしても身体を叩いたり痛みを加えても眼を開けない場合は、

頭の緊急手術をしても予後が悪いことが多いのです。


要は何をしても眼を開けない場合は、緊急手術をしても良くならない可能性が高くなるということです。


事故でよく起こるのが、「急性硬膜下血腫」です。


眼を開けるか開けないかは、「急性硬膜下血腫」の手術をする際の判断材料になるのです。


何をしても眼を開けない場合は、頭に血が出て溜まっている状態を改善しようと、溜まっている血を抜く手術「血種除去術」をしても、良くならない可能性が高いのです。


逆に、声掛けや刺激で眼を開ける場合は、

これは手術をしたら改善できる可能性があるということで、手術適応なのです。



● ジャパン・コーマ・スケール(JCS)というものさし


「ジャパン・コーマ・スケール」は通称「JCS(じぇいしーえす)」と言います。


TVドラマや映画などでよく出てくるフレーズです。


「コードブルー」のドラマでもよく出ていました。


看護師さんなど医療職の間では、JCS(じぇいしーえす)と呼ぶのが一般的です。


さっきの刺激に応じて一時的に開眼することを確認していたのは、

このジャパン・コーマ・スケール(JCS)を使って被害者の状態をみていたのです。


ジャパン・コーマ・スケールのコーマとは、

「昏睡」の意味です。


これは日本が考え出した「昏睡」の状態を測るものさしなのです。


そして、本来、頭部外傷や脳血管障害の急性期=脳ヘルニアの進行の評価に使うものです。

先ほどの「急性硬膜下血腫」の手術適応例であげたように、


「開眼するかしないか」


に重点を置いたものさしなのです。


「コーマ」という「昏睡」の言葉が使われているように、意識レベルがどのレベルなのかを判断するためのもので、先ほども言いましたように、開眼するかしないかに重点を置いたスケールのため、適応として不適切な病気や事例があるのが欠点です。


ちょっと難しい話になりましたが、

JCSは日本の医療現場に広く浸透しているスケールです。

多くの医療ドラマにも出てきますし、一般市民の方でも知っている方が多い。


「これを知らない看護師は看護師にあらず」、

と看護学校の先生から言われて、必死で覚えた記憶があります。


今思えば必死になって覚えるほどのものではなかったと思いますが、ピストンの看護学校時代は必死だったのです。

なんせ中年おっさんで学生をしていましたから。。覚えが悪かったんです。。。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。


看護職従事者必携! 2019年版 ユーキャンのナース実用手帳【JCS・GCS&瞳孔計スケールつき】 (ユーキャンの実用手帳シリーズ)

看護職従事者必携! 2019年版 ユーキャンのナース実用手帳【JCS・GCS&瞳孔計スケールつき】 (ユーキャンの実用手帳シリーズ)

  • 作者: ユーキャン学び出版ナース実用手帳研究会
  • 出版社/メーカー: U-CAN
  • 発売日: 2018/09/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


人気ブログランキングに参加しています。
下のバナーにクリックをお願いします↓
↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

夜勤あるある その2

こんにちは、ピストンです。




「夜勤あるある その2」ということで、またまた恐怖のジンクスがあります。



よくあるのが、



怖い先輩看護師と一緒の夜勤に入った時、普段はやらないような失敗をやらかしてしまうという


これまた、恐怖のあるあるです。


夜勤 イメージ.gif

イメージ


皆さんもよく聞きませんか?



● ジンクス その3 怖い先輩看護師と一緒の夜勤のときに限って何かをやらかしてしまう



シフトを見ているので、前から心づもりをしてその夜勤に臨みます。


「今日は怖い先輩の女王 Aナースと一緒。ヘマをしないように気を付けなくっちゃ!」 と内心ビクビクしながらも、どこか心の中では、「よし!一晩の我慢だ。やりきってみせる!」 と自分で自分を奮い立たせながら臨んだ夜勤。


ところが・・・ 起こるんです。


魔のヘマが。


点滴をしている患者さんがいて、その点滴の更新をするタイミングを間違えてしまって、更新時間になっても前の点滴が終わっていない⁈


しかもかなりの量が残っているぅぅ。


多少の誤差ならまだしも、かなりの量の点滴液が残っていると、もう無理です。明らかに滴下計算ミス。


もしくは、時々点滴の滴下をちゃんと見ていなかったということになります。



自分から気付いて報告したのなら、まだいいのですが、 よりによってこういう時に限って、先輩が先に気づくんですよね。


ごめんなさい。そして患者さんにもね。



● ジンクス その4 患者さんがいつもより不穏になる



認知症の患者さんや高次脳機能障害の患者さん、高齢者であると不穏になる患者さんは増えてきます。


夜間に不穏になりそうな患者さんはスタッフの中では広まっているので、あらかじめ予想して対応したりするのですが、その不穏ぶりが、こういう夜勤のときに激しい。


もう、大声で騒ぐわ、家に帰えろうと出口を探して動きまくるわ、点滴を抜くは、鼻の経鼻経管栄養のチューブを抜くわ、いろいろあります。


患者さんは、その人それぞれに理由があってこうなっているんでしょうけど、対応するスタッフはとても大変になります。


ユマニチュードをしても、傾聴しても、タッチングしても、何しても大騒ぎ。 そうなると一人では対応ができなくなりますから(他のナースコールも鳴りますし)、怖い先輩看護師にヘルプを頼んだり相談したりする必要が出てきます。


対応に慣れていないと怖い先輩看護師からビシッと言われることもあります。


患者さんの安全のためには、キツく言われることは分かるんですが、ヘトヘトになっているところにとどめをさされるように結構こたえるんですよね。


あとで、「私の対応が悪かったのかなあー」って反省することになります。



● 怖い先輩は、なぜ怖いのか



怖い先輩は、その対応、ミス、やり方、将来、の怖さが分かっているのです。


自分も経験してきているんです。


だから後輩には同じ目に遭ってほしくない。 怖いことを知っているので、つい、キツイ言い方になってしまうのでしょう。


本当に理不尽な怖い先輩は論外ですが、 そうではない、ちゃんと理屈の通ったことを言う先輩は、ありがたい存在です。



● 夜勤あるあるのジンクスは本当か



本当です。 「マーフィーの法則」のように起こります。


しかし、 僕の考えでは、結局、後で振り返るといい経験なのです。


難しい対応の患者さんのことを経験できたのです。 そして次に活かせられるのです。



困ったときにちゃんと対応する先輩はかっこいいじゃないですか。


自分が先輩になったとき、後輩が困っているのをスマートに対応できるかっこいい先輩になりたいものですね。


あと、やがて自分の技術が上がってくるにつれて、怖い先輩からガミガミ言われることは少なくなってきます。 怖さで話しかけることを避けているともったいない。


打ち解けてくると、案外かわいい側面が見れることもありますよ。



他にも夜勤ジンクスはあります。


今日はこの辺で。


[ひらめき] こちらの記事もおススメ リンク記事夜勤あるある その1

[ひらめき] こちらの記事もおススメ リンク記事「夜勤入り前のあるある」


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。


まかせて!?夜勤―まんがでリハーサル

まかせて!?夜勤―まんがでリハーサル

  • 作者: 木村 チヅ子
  • 出版社/メーカー: 中山書店
  • 発売日: 2005/04/01
  • メディア: 単行本





人気ブログランキングに参加しています。 下のバナーにクリックをお願いします↓
看護師ランキング ↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓ ↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

夜勤あるある その1

こんにちは、ピストンです。


よくあるのが、


「今日は暇ねー♪ コール少ないねー。このまま終わりたいなあ」 なんて言うと、先輩看護師から 「シーーー

―ッ!余計なことを言うんじゃないよ!」 と怒られる。



夜勤 イメージ.gif

イメージ



皆さんもよく聞きませんか?



● ジンクス① 「今夜はヒマだなあ」と言ってはいけない



これを言ってしまうとヒマが逃げる。。。。 そういう言い伝えがこの業界にあります。


「今夜はヒマだなあ」「コール少ないね」と言ってしまうと、 急にナースコールが鳴り響き、急変やら、転倒やら、なんだかんだと忙しくなる・・・・ なんと恐ろしいジンクスでしょう。


ピストンも経験をしました。


消灯時間を過ぎてしばらくしてから。 それまで全然ナースコールが鳴らなくて、静かな、穏やかな夜勤でした。


僕が悪かったんです。


つい、つい、言ってしまいました。 あの禁断の呪文を。



「いあやーー、今夜は当たりですね。全然コールが鳴らない。このまま朝までいってしまいたいなあ」


呪文が効いて、次の瞬間


「ピンピラポンポーン」(なんちゅうコール音)



キターーーーーー!!!!!


でもこのコールだけで、また静かになるさ、きっと・・・


さらに別の患者さんからもナースコール。



あああーー、ごめんなさい。(一緒に夜勤しているスタッフたちへ)



患者さんの対応をしている最中にまたナースコールが鳴る。




不思議なことに患者さんって、同じ時にナースコーを押すんです。


一人一人の患者さんはそんなこと知らないから、私一人しかナースコールを押していないと思っているから分からないでしょうけど、ナースコールを受け取る側からすると、本当に不思議なのです。



別にナースコールが嫌っていうわけではありませんよ。


重なるコールが不思議って話です。


恐るべしジンクス。



● ジンクス② 普段は静かに座っている患者さんが、なぜか動き出す



日中はナースステーションで車いすに静かに座っている患者さんがいます。


特に勝手に立ち上がって危ないこともなく、歩くのがおぼつかないのに急に立ち上がって歩き出そうとすることもなく、特に注意して目が離せないことはない静かな患者さんがいます。


自分から動こうとされないので特にセンサーなどを付けて安全確保をしていることはない患者さんです。


ところが・・・


夜ベッドで寝ていると思って安心していると、「ガチャン!!」と物音がして急いでベッドにいくと、



て、転倒しているううううーー!



なんで⁈ 普段全然動かない人なのにぃ⁈


夜勤のときに限って不思議と動かれる患者さんがいるのです。


夜勤はスタッフ数が極端に少なくなります。 だからどうしても昼間に比べて手薄になりがちです。


予め危険な行為をするかもしれないと予測される患者さんの場合は、センサーなどを用意して、転倒などを予防する策を施します。


最近はできるだけ抑制はしないでおこうという社会の流れというか、倫理観が広まっていますので、上記の患者さんのように「この患者さんは大丈夫、危なくない」とアセスメントされると抑制されないケースがあります。


でもそういう患者さんに限って、なぜか手薄になりがちな夜勤中にハッスルすることがあるんですよね。



ケガがなかったらまだ良かったです。


それだけ動けるということで、元気な証拠と喜ぶべきなのかもしれませんね。


ちなみに、こういう患者さんはナースコールを押すように指導しても、一人でベッドから出ようとしないように指導しても、まったく聞かないことがほとんどです。


それでも僕たちは粘り強く本人に指導をするのですが、結局ナースコールを押すことを根付かないことがあります。



● 夜勤あるあるのジンクスは本当か



数々の看護師サイトなどで紹介されているこの定番あるある。


その真相は?


僕の答えは、「毎月に数回はある!! ただし、誰の看護師や介護士に当たるかは運しだい」 ということです。


他にも夜勤ジンクスはあります。


今日はこの辺で。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。


[ひらめき] こちらの記事もおススメリンク記事「夜勤あるある その2」

[ひらめき] こちらの記事もおススメリンク記事「夜勤入り前のあるある」


おだん子×エリザベスの急変フィジカル

おだん子×エリザベスの急変フィジカル

  • 作者: 志水 太郎
  • 出版社/メーカー: 医学書院
  • 発売日: 2018/05/28
  • メディア: 単行本








人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーにクリックをお願いします↓


看護師ランキング ↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

失敗してもやらないと上手くなりません

こんにちは、ピストンです。


急性期でも、回復期でも、どこの病棟にも仕事ができる人とできない(と思われてしまっている)人がいます。


今日の話は、病院では仕事ができない、どんくさい、失敗が多いと判断された人はやっていい業務を大幅に減らされてしまうというお話です。




仕事ができる人かできない人かは、なんとなく見た目で分かることがあります。

「あ、この人はバリバリ仕事できるな」とか

「この子はちょっとどんまいだな」とか。


病院で働いていると、いわゆる「仕事ができない」と判断されてしまった人は、仕事をさせない方向で業務を割り振られてしまいます。


つまり他の同期の子に比べて、やってもいい業務が大幅に減らされてしまいます。


どんくさい子ほど仕事をさせません。


下手なことや苦手なことをやらせない方向に持っていきます。



まるでこれが常識のような感覚になっているように思えます。


病院という職場は一般企業と比べて「あれ、変だな」と思うやり方や考え方がたくさんあります。


僕は看護師になる前は多くの一般企業で働いていました。

正社員の営業マンが長かったのですが(いわゆるセールスマン)、飲食業や法務業や運送業や販売業やら数々の職業を経験してきました。 正社員以外のアルバイトも含めると、すごくたくさんの仕事をしてきましたし、現場も体験してきました。


病院の「どんくさいやつは仕事をさせない」「ヘマをすると業務から外す」という思考は、一般企業からするとおかしな思考です。


多少はそういうことも一般企業でもあるかもしれませんが、病院ほど極端に外すということは僕は見たことがありません。


一般企業でもいますよ、そりゃあ、どんくさい人は。仕事ができない人は。


でもさせるんです。怒られながらも、叱られながらも、歯を食いしばって現場に出ます。

上司もよほどのことがない限り仕事をさせます。

アドバイスを与え、コツを教え、時には一緒に同行して、「分からないことは何度でも聞け!」と言ってくれてその場で教えます。


下手だからこそ、上司は本人にもっともっとさせるんです。


知らないことや分からないことはその場で教えるんです。

「分かるまで家に帰るな!」「分かるまで何回でも聞け!」

とは、よく上司に言われたものです。


だって明日もそのお客様に会うんですから。お客さまのところに明日も行くんですから。

今日分かっていないとダメでしょう。

いつやるの?「今でしょ!」


労働.jpg

イメージ


下手やどんくさいなら何度も何度もやるしかない。


イチローだって夜の校庭でバットの素振りをやっていたんです。

エジソンは何百回、何千回も失敗して発明したんです。

ケンタッキー・フライド・チキンの創業者カーネル・サンダースは、自分のチキンのレシピを買ってもらうのに1,000件も企業を回ったそうです。


失敗してもやらないと上手くなりません。


できるようになるには、他の人よりももっとやらないと。


そんなことみんな知っていることでしょう。


だから会社ではできないならできるようになるまで何度でもやらせます。

だってお客さんに迷惑がかかりますから。


でも病院は違うんです。そう思わないのです。


命がかかっているから?


いいえ、タクシー運転手だって、料理人だって、自動車整備者だって、建築関係だって、電気やガスの業者だって人の命がかかってますから!


人命を預かっている仕事なんて病院以外にいくらでもありますよ。


僕の結論は明確です。

できない人はどんどんさせろ、です。

仕事を外すなです。 やらせてもできないのは、まだ回数が少ないのです。不十分だからです。もっとさせるんです。

そしてしっかりと丁寧に根気よく教えることです。


「自分で調べてこい!」はダメ。

その場で教えること。


目の前に患者さんという最高の勉強材料(失礼な言い方ですみません)があるのに、それを使わないなんてもったいない。

しかも家に帰ったら勉強しませんから。


現場で学ぶことが頭に残るんです。


「いってきまーす」と玄関を出た自分よりも、

「ただいまー」って玄関をくぐった自分のほうが賢くなっている。

これがいい労働だと思うのです。

労働するほど、賢くなっていくのです。


一般社会はそうなのです。


一般企業から医療の世界に転職してきた人はみんな思っています。

「病院ておかしい世界だよな」って。


明日も患者さんは病棟にいるのです。明日も安全に療養できるように、今日の内に分からないことは分かるようにしていかないといけません。


まさに、

「いってきまーす」と玄関を出た自分よりも、

「ただいまー」って玄関をくぐった自分のほうが賢くなっている、なのです。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。




人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーにクリックをお願いします↓



↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

なぜ高齢者は夜中に目が覚めるとベッドから出ようとするのか

こんにちは、ピストンです。


高齢患者さんは、なぜ目が覚めるとベッドから出ようとするのか?


夜勤。それは体力と眠気との戦い。それと高齢患者さんや認知症患者さん、高次脳機能患者さん、できるのにやらない患者さん、頻尿の患者さん・・・・・・・との戦い。


戦いというと看護師から絶対怒られると思いますが、現場感覚を持っている人なら分かりますよね。


夜勤の修羅場を。


まるでナイトサファリパーク。


ジュマンジ状態。


真っ暗な病棟の廊下を貞子のように這っている患者さんを見たことは、一度や二度ではありません。


夜の巷を徘徊する テレビ朝日.jpg

~夜の巷を徘徊する~ テレビ朝日


今日のお話は、高齢患者さんは、なぜ目が覚めるとベッドから出ようとするのか?ですので、そのことについて持論を述べたいと思います。



そう、高齢患者さんは目が覚めるとそのまま布団に入ったままモゾモゾしません。出ます!


一度ベッドから出ようとすると、もう止まりません。とにかく出ようとします。

説得しても無駄です。


何度も「誰かー!来てえー!」「柵とってえー」と叫んだりします。


柵を取ろうとガタガタ動かします。


「あ、まだこんな時間か・・・もうちょっと寝とこ」 て思いは皆無です。

「起きなきゃ!」って思うようです。


起きなくていいです!寝ててください!

夜は寝るためにあるんです!



大抵の病院や施設は朝の起床時間は6時なのですが、そのちょっと前に起き始めると看護師さんたちは嫌なのです。


たとえば5時とか5時30分とか、そんな時間は看護師さんたちは朝ごはんタイムなのです。


6時の起床時間から起こる怒涛の激務に備えて、体力や気力をチャージしている時間。


6時からの怒涛の激務に恐怖し怯えている時間。


「あー、もうこのまま帰りたい・・・」と思っている時間。


「患者さんは一人で起きて着替えてくれて、食堂に来て勝手にご飯たべてくれないかなあ・・」と思っている時間。


なのです。


それなのに、それなのに、高齢患者さんてば、目が覚めると最後。ベッドから出ようとしてきます。そういう患者さんに限って目が離せない危険な患者さんなのです。

僕たち看護師が見守りしている必要があるのです。

だから僕たち看護師が起こしに来るまで、ベッドで静かに寝ていてほしいのです。


でも分かってくれません。説得は無意味です。


若い時は途中で目が覚めたりしても、朝早く目が覚めても

「あー、もったいない。もっと寝ていよう。まだ布団から出たくないぃぃー!」ってなるのですがね。


睡眠 イメージ.jpg


自分で自立して何でもできる患者さんならいいですよ。別に起きて朝の身支度していても。


でも転倒しそうな危ない患者さんはとくに寝ててほしいです。


別に目が覚めててもいいから、大人しく布団に入っててほしい。僕らが起こしに来るまで。


夜勤明けの朝の看護師さんたちはこんな思いで仕事をしています。



だって、夜勤はスタッフ数が少ないので手薄になりがち、患者さんの身に危険があってはいけませんから(建前)。


だって、もう夜勤終わりで帰るときに、転倒等のインシデントレポートを書きたくないんですもん(本音)。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。 人気ブログランキングに参加しています。



下のバナーにクリックをお願いします↓


↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

握力のフィジカルアセスメント

こんにちは、ピストンです。


今日は、患者さんの「握力」はどうやって測るのか?についてお話をします。


そんなの握力計を使えばいいじゃんと思うかもしれませんが、握力計を使わずに患者さんの握力が日常生活に困るくらい弱いのか、または困らない程度の握力があるのかを判別するための方法です。



でも握力ってなんだか地味な感じのする能力で、普段はあんまり意識していない能力でしょうか?


たしかに握力計を使えばいいのかもしれませんが、病室で患者さんの握力を診ようとしたらそんなの無いですよね。


いちいち握力計を探して持ってくるのも面倒だし。


そこで、フィジカルアセスメントです。


僕はこの前、あるセミナーに参加して勉強してきました。


名古屋大学大学院医学系研究科 臨床アセスメント看護学分野教授 山内豊明先生の 「フィジカルアセスメント」のセミナーです。


とても興味深く、面白いセミナーでした。


フィジカルアセスメントの第一人者の先生です。

本屋では様々なフィジカルアセスメントの本があり、その中で山内先生の書いた本がたくさんあります。



ではさっそくフィジカルアセスメントというだけあって、

道具や器械を使わずに患者さんの能力をみてみましょう。


写真では僕一人でやっていますが、本当は患者さんと二人でやってくださいね。


まずあなたは人差し指と中指の二本の指をそろえて出してください。


WIN_20181104_22_59_08_Pro.jpg

このように二本指を出して、患者さんに握ってもらいます。


次にこの二本の指を患者さんに握ってもらいます。

WIN_20181104_22_58_59_Pro.jpg

この二本指を離さないように患者さんにしっかり握ってもらいます。


「この二本の指を握ってください。握ったら離さないようにしっかりと持ってください。僕が引っこ抜こうとして指を動かしますけど、離さないでくださいね」

と言ってあなたは自分の指を引っこ抜こうとしてください。


患者さんがあなたの二本指を離さないのであれば日常生活に困らない程度の握力がある。

患者さんがあなたの二本指を離してしまうと日常生活に困るの弱い握力ということになります。


あなたの出す指は、一本なら細すぎ、三本なら太すぎで、二本指が一番しっくりきます。


一度患者さんにやってみてください。


もし二本指を握ってもらい指を引き抜いた時に保持できないようでしたら弱い握力ということになりますから、退院しても不自由なことになります。

場合によっては危ないこともあるかもしれません。

例えば熱いお茶が入ったコップを保持できないとか、ガラスコップや食器を持てずに床に落として割れるとか、危ないこともあるかもしれません。


また仕事などで重いものを持てなかったりして退院後の仕事についてあらかじめ考えることができます。


カンファレンスなどでこうしたことを家族や本人に伝えることも大切です。


弱い握力ならば家に帰ってから不便で危ないだろうし、もう少し期限まで入院してリハビリを頑張りましょうと提案ができます。



家族から「ここの看護師はしっかり観てくれているな、退院後のことをよく考えてくれているな」と思われることでしょう。



フィジカルアセスメントは握力だけに限らず、患者の今の状態をアセスメントするために大切な技術です。また異常の早期発見にもつながります。


看護師としてはしっかり身に付けておきたい分野です。


とくに回復期リハビリテーション病棟では、急性期と違って医療機器が少ないですし、自宅退院に向けて患者さんの力の出力など、フィジカルアセスメントにより患者さんの現状を把握することは大事です。


急性期と違って回復期リハビリテーション病棟は技術が育たないとかよく言われますが、こうしたフィジカルアセスメントの力をしっかり身に付けることで観察力が高まります。やりがいも生まれます。


急性期の看護師に比べてなんら劣らない観察力とアセスメント力を身に付けることは可能です。


回復期リハビリテーション病棟では、実生活のイメージをたくましくして、患者さんの安全と質の高い生活を考えているのです。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。




見る・聴く・触るを極める! 山内先生のフィジカルアセスメント 技術編

見る・聴く・触るを極める! 山内先生のフィジカルアセスメント 技術編

  • 作者: 山内豊明
  • 出版社/メーカー: エス・エム・エス(インプレス)
  • 発売日: 2014/02/27
  • メディア: 新書



人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーにクリックをお願いします↓


↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

給料のお話

こんにちは、ピストンです。


看護師の給料はどれくらいなの?って世間の人は気になっているようで、

ネット上でそういうことを書いているのは多くあります。


そのネットに出ている看護師の給料額を見て

大抵の看護師はこう思うんじゃないですか

「えっ、高!わたしはそんなにもらってない。ていうか、周りの同期の子もわたしと同じくらいだし」


ネットに載っている看護師の給料額って、自分よりも高く載ってますよね。

そんなネットを見る看護師ってたいがい若い看護師で、まだ給料もそんなに高くない人が多いんです。

ネットのは平均額ですから。


前の病院では2交代制で月9回も夜勤をしたことがあって、そのときは、月収30万いきましたね。

手取りで。しかも2年目で。


給料.jpg

イメージ


ではリハビリスタッフの方はどうなんでしょうか。

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の方は、看護師よりも低いことが圧倒的に多いように思います。


いろいろ知人に聞いたりして調査すると。


リハビリスタッフと付き合っている女の子に彼の給料を聞くのが早いので、ときどき聞いたりするのですが、やはり看護師よりは低いです。


残業が少なかったら、1~2年目のリハビリスタッフで、月20万以下じゃないでしょうか。手取りで。

まあ、寮の部屋代とかも引かれている場合がありますが、それだともっと低くなるのです。


そんなことなので、給料に不満をもって病院を辞めていくリハビリスタッフは多いです。

じゃあ次はどこで働くの?というと、老健が多いです。


実は、病院よりも給料が高いとことはありますからね。


えっ、ピストンの給料は?って?


手取で〇〇〇です。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。


人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーにクリックをお願いします↓


↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

患者がリハビリをする機会を逃すな

こんにちは、ピストンです。


今回は、患者さんのリハビリが進んできてそれに伴い移動形態を変えようとするときの病院ルールはどうなっているのかというお話です。


たとえば脳卒中を発症し急性期病院で治療を受けた患者さん。症状が落ち着きリハビリ効果を見込んで次は回復期病院に転院して来られます。

急性期病院でのリハビリ時間は回復期よりもずっと少ないので、まだ身体も麻痺などで動きがとても悪いのが一般的です。


回復期病院に転院して来られた当初は、移動形態を車いすから開始したり、ベッド上から開始したりすることがあります。


この移動形態を車いすから歩行器に、歩行器から杖にといったように独歩に近い形態にアップしていきます。


アップするときに主治医の許可が必要になります。病棟師長の許可が必要になり、受け持ち担当看護師の許可が必要になったりします。さらに担当リハビリスタッフの上司の許可も必要になります。

受け持ち担当看護師というのは患者さんの実質的な担当で、シフトでたまたま部屋を持った看護師ということではありません。


ざっとこれだけの許可を得て、ようやく患者さんは車いすから歩行器歩行が可能になってくるのです。


はっきり言って無駄なルールです。


まったく患者さんのことを考えていません。


このようなルールだとタイムリーに移動形態に変えられないのです。


主治医が休みの土日は変えれず現状のままになります。来週になります。

受け持ち看護師がシフトで休みなら次に出勤してくる日まで話しができないですし、その看護師の出勤日には、今度は受け持ちリハスタッフが休みかもしれません。

早く歩く練習をしたいのに「今日はあの担当が休みだから、また今度いる時に話をしてOKをもらおう」と、また今度今度になります。


担当するスタッフがそろっている日でも金曜日だと「もし土日に何かあったら困るから」と月曜日から新しい形態を開始しようとします。


ずるずると遅れていきます。今の患者さんに合ったリハビリメニューが。


歩行器や杖、独歩といった移動形態だけではなく、食べるリハビリも同じことです。

嚥下障害のある患者さんが、お粥からやわらかい食事へ、または普通の米飯へ。とろみ付きからとろみ無しへ。こうした食事形態の変化も同様にずるずると遅れていきます。


こうしたように、現在の患者さんの能力に応じたリハビリが遅れるどうなるのかと言いますと、

「患者さんが最適なリハビリをする機会を奪われる」ことになるのです。


1日移動形態や食事形態を現状のままにしていたら、その分「できる」リハビリ訓練をする機会が失われてしまう。

歩行器歩行が可能なのに来週からとなると、それまでの歩行器歩行をする機会を失います。 米飯が食べられるのにお粥のままだと、普通飯を食べるという訓練をする機会を失います。


経鼻経管栄養チューブが入っていて注入食の患者さんが、口から食べてみようというときも同じです。1日開始が遅れると、「食べる」というリハビリをする機会を失います。

これは、患者さんにとって大変なデメリットです。失礼なことだと思います。


食べる高齢者ベッド上 イメージ.jpg

イメージ


我々は専門職です。

特にリハビリスタッフはその分野の専門家です。

看護師も患者の能力について評価もできます。観察力もあります。

専門家たちが「よし、大丈夫。この患者さんならできる」「トライしてみる価値がある」と判断したのなら、すぐにやってみるべきです。


僕が職場のスタッフに言いたいのは、あなたたちは一人一人が専門家なのだということです。だったらもっと自分の評価に自信を持ってほしいのです。誰かがいないからとか、今日は休みだからとかではなく、今からでも新しいリハビリメニューをすることが患者さんにとって最適だと判断したのなら、やるべきです。

病院ですから患者さん一人で居るわけでなのです。いつも周りにスタッフがいます。「これは危ないな」と思ったらいつでも中止できるし、変更できます。


ちなみに前に勤めていた病院では、もっとタイムリーにスピーディーに患者さんに合った形態に変えることができていました。


看護師がその日のうちに変更したり、リハスタッフが変更したりしていました。もちろん、変更したことは周知していました。

患者さんの能力に合わせてリハビリをする機会を逃さないようにしていました。

食べられると判断したら食事形態を考えて今から食事を出しました。

とろみが必要と判断したら、とろみを付けました。

逆にムセが酷かったり、覚醒が悪いのが続くと誤嚥予防にその場の判断で経鼻経管チューブを入れました。

そうした現場のすばやい判断と行動で患者さんの現在の能力に合ったケアができていました。

また看護師やリハスタッフも、こういうことをしていると、見る目が養われていきます。

観察力が鍛えられますし、最適に素早く判断するという訓練になり、専門性も上がります。


食べる高齢者 イメージ.png

イメージ


担当医もすべてを見ているわけではありませんし、一人の医師が何人もの患者を担当しています。リハスタッフも医師からリハビリを包括的に依頼されているのですから、細かなことは専門家として判断していくべきです。

看護師も看護は医師の指示なくできるのですから、細かなことは専門家として判断していくべきです。

もちろん医師や他のスタッフと相談するなというわけではありません。相談や意見は大切です。しかし、一番は患者さんのことを考えることですから、患者さんの大切なリハビリ時間を失うことは避けたいです。


もしあなたの大切な家族やあなた自身が患者だったら、 歩けるのに「まだ歩くな」とされると嫌ですし不信感を持つでしょう? 食べられるのに「食べるな」とされるとどうでしょうか。 食べる能力がないのなら、まだ分かりますよ。 でも食べる能力があるのに、ずっと経鼻経管栄養チューブのままだったら・・・


回復期リハビリテーション病棟は急性期と違って月単位で入院していることがありますから、たった1日遅れたくらいと思うかもしれません。

しかし、患者さんにとって1日は大切です。1日食べることを延ばすと、「食べる」というリハビリを1日しないことになります。リハビリをする機会を奪っているのです。


僕たちは一人一人が専門家です。プロフェッショナルとして、誰のためのリハビリなのかを考えていきたいと思います。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。


人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーにクリックをお願いします↓



↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

リハスタッフが痰吸引をするのは、当然必要な業務です

こんにちは、ピストンです。


みなさんの病院では、リハビリスタッフが痰の吸引をしていますか?


僕が前に勤めていた病院ではPT・OT・STさんすべてのリハ職が、吸引をしていました。

これ当然だと思っていましたが、転職したいまの病院では、リハ職は誰も吸引をしないんです。

これはびっくりしました。


周りのリハスタッフにどうして吸引をしないのか聞いてみると、

「リハの部長が吸引の必要性を分かっていない」

「痰吸引の必要とする患者がそんなに多くないから」

「どうしてなんですかね?わからないです」

「えっ、吸引してもいいんですか?」

など、さまざまな答えが返ってきました。


はっきり言ってみんな勉強不足です。勉強不足以外のなにものでもありません。


リハスタッフは吸引していいんです。当然の業務なのです。


平成22年3月の厚生労働省の通達に、「チーム医療の推進について」というのがあります。


その通達の中に、

PTについて「理学療法の手法である「体位排痰法」等を安全かつ適切に実施する上で当然 に必要となる行為である」、

OTについて「食事訓練を実施する際、誤嚥に対応するために喀痰等の 吸引が必要となるケースがあるので、食事訓練を安全かつ適切に実施する上で当然に必要 となる行為である」、

STについて「嚥下訓練を実施する際、誤嚥に対応するために喀痰等の吸引が 必要となるケースがあるので、嚥下訓練を安全かつ適切に実施する上で当然に必要となる 行為である」

と明文化されています。


リハスタッフは吸引が「当然に必要なる行為」なのです。



当然しなくっちゃいけないのです。


痰吸引が必要な患者が一人でもいるならば、吸引をしなくてはいけないのです。


対象患者の数の多少ではないのです。一人でも必要ならばしなくてはならないのです。


STにいたっては、そもそも嚥下障害がある患者を受け入れて訓練しているわけですから、吸引ができないと、STも怖くて踏み込んだリハビリができないじゃないですか。

VF(嚥下造影)のときもSTが吸引できないから、看護師が吸引役でいるんです。


本当におかしなことです。


おかしなことをおかしいと言えない職場はブラックとしかいえません。

悲しいことです。


あれほど患者第一と言っておきながら、まったく患者のことを考えていません。

リハスタッフのことも考えていませんね。リハスタッフとして技術が磨けない。

もし何年かしてリハスタッフが転職したら、転職先の病院から

「あんた〇年も経験あんのに、吸引したことないの?嘘でしょ、どうやって嚥下のリハビリやってたの?」

というように言われるのが目に見えてます。

そのリハスタッフも屈辱ですよ。恥かきますよ。

うちの病院も恥かきますよ。


本当に高度なリハビリテーション病院を目指すのであれば、「当然に必要な」吸引をリハスタッフにさせてあげることです。

そしてリハスタッフももっと自分たちのことを勉強してほしい。

理不尽なことに負けないように。

論破できるように。


すべては患者さんのためです。


上層部がよりよい方向に変わってくれないと、みんなが困ります。

自らの首を絞めることになるでしょう。市民や医療職から選ばれない病院になる前に。



それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。


人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーにクリックをお願いします↓



↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓

↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

カンファレンスでの話し方

こんにちは、ピストンです。

 病院で働いているとカンファレンスの段取りをしたり、出席して患者や家族と現状を説明したりすることがあります。
カンファレンスの段取りや出席は、その患者の担当看護師がおこなうことが一般的だと思います。
急性期病院ではそれほど頻繁にみんなが集まってカンファレンスをすることはないのですが、回復期リハビリテーション病棟では、頻繁にあります。基本は月1回の開催をおこなうのですが、病棟にいる患者が全員が月1回の開催をしていると、毎日誰かがカンファレンスをしているような感じになります。急性期ではそんなにやらなかったし、それでも特に大きな問題はなかったので、回復期でこんなにしょっちゅうカンファレンスをすることに違和感がありました。

 そのカンファレンスですが、医師、看護師、リハビリスタッフ、相談員(社会福祉士)等が本人・家族に対して、入院してからどのような治療や関わりをしているのか、本人の現状はどうか、今後の予定、質問などに答えていくということをします。
医師はメモなどを見ずに患者のことをスラスラと話されます。まあ、主治医ですから当然でしょう。看護師はといえば、多くの看護師はあらかじめ作っておいたメモを読み上げます。リハスタッフはPT・OT・STと分かれて担当しているのを一人のリハスタッフで話しますので、他の担当リハスタッフのメモを読みます。

リハスタッフはこのように職種が分かれているので、メモの用意もわかります。しかし、看護師は担当なわけですから、いちいちメモに用意しなくてもわかるのではないかと思ってしまいます。
自分がその日にどうしても出席できないので、代わりの看護師に出席してもらう場合は致し方ないのかもしれませんが、担当が出席するカンファレンスでは、僕の考えとしてはメモを見ずに患者のことを話してもらいたいなあと思います。
 メモを読むと目線がメモのほうに向いて下にいきますし、患者や家族を見ないし、なにより「本当にうちの家族のことをわかっているの?あなた、担当看護師でしょ。」と家族が、不信感とまではいかなくても、いい感じはしないでしょう。
 メモを用意するのは当日に大事なことを抜けたり、うまく話せなかったりするのを防いだりすることが目的なのでしょうが、自分がしゃべるのはたかが数分です。担当看護師ならばそれくらいのことをメモを用意しなくても、患者のことを話せるようにしておきたいものです。

それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。




人気ブログランキングに参加しています。
下のバナーにクリックをお願いします↓

看護師ランキング

↓この記事が役に立ったという方は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想をお気軽に書き込んでください。↓↓

カテゴリ

タグ

新規登録無料! アンケートに答える!謝礼を選ぶ!簡単ににお小遣い稼ぎ!
自宅で誰にも知られない!保険証不要!受け取り方法を選べる!男女OK
Copyright © 回復期リハビリテーション男性看護師のブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます